OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

脂肪が燃えるってどういうこと?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.236582
  • 閲覧数319
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 69% (273/391)

お腹の周りが気になりだしてジムに通って半年になります。自転車こぎなどしていると身体が熱くなってきて、「うおー、脂肪が燃えているぜ!!」などと独り言を言いながら気合いを入れてますが、ところで
1.脂肪が燃えるって、生物学的、化学的にはどのようなことを言うのでしょうか?自分では脂肪が分解して、そのときにエネルギーを放出するんだと勝手に理解しているんですが、生物や化学の知識が無いのでよくわかりません。
2.分解された物(C,H,O?)は汗や呼吸を通して体外へ放出されるんでしょうか?だとしたら運動しているときの汗と暑かったりサウナに入っているときに出る汗と成分は違うものなんでしょうか?
3.1時間ぐらいジムで運動するとだいたい1kgぐらい運動前より軽くなりますが、これはほとんど汗の重みでしょうか?それとも脂肪が分解されて放出された分も結構あるものなのでしょうか?
4.脂肪がエネルギーに変わるっていうけど、「エネルギー」という言い方は極めて抽象的だと思うのですが、どういう物質で、どのように筋肉に供給され、どのように消費されるものなんでしょうか?
 よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 53% (33/62)

#1の方は部分的に勘違いをなさっているようです。

1.脂肪細胞中や血中の中性脂肪は、(運動などにより)交感神経が働き、脂肪酸に分解され、血中に放たれます。筋肉で、脂肪酸は脂肪アセチルCoAに分解され、クエン酸回路に入り、アセチルCoAのアセチル基の部分が最終的に二酸化炭素と水になって脂肪酸酸化が終了します。
簡単に言うと、脂肪を酸素が、水と二酸化炭素に分解されるときにエネルギーが発生され、これを筋肉が利用しているのです。

2.脂肪が分解されて生成された水と二酸化炭素は、汗や尿、呼吸で排出されます。しかし、このことと汗や呼吸の「量や性質」は関係ありません。汗がいっぱい出てるからといって、脂肪がたくさん分解されているわけではありません。

3.ジムの運動でのエネルギー消費量は、だいたい0.15Kcal/kg/min 程度です。
60kgの体重の人が60分間運動したとして
0.15×6060=540 kcal
消費されます。これを脂肪に換算すると77gですが、筋肉は脂肪のほかに糖もエネルギー源として使用するので、1時間の運動によってあなたの燃えた体脂肪は、多くて数10gです。ですから、それ以外で減ったぶんは、体の水分です。

4.筋肉は化学エネルギーを利用して収縮します。例えば、脂肪のもつエネルギーは、1で書いたように化学変化によって化学エネルギーとして放出されます。これを筋肉が利用しているのです。筋肉が化学エネルギーを利用するシステムは大きく分けて次の3つに分けられます。
・ATP-CP系
・乳酸系
・有酸素系
この3つは、エネルギー源、持続性、最大パワーなど全て違います。人はこの3つを運動強度に応じて使い分けているのです。
お礼コメント
tomochan25

お礼率 69% (273/391)

どうもありがとうございました。ちょっと難しいけど良くわかりました。
しかし、気合い入れて運動してもたった77gのダイエットですか?先が長いなあ・・・・
投稿日時 - 2002-03-19 06:22:52
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 43% (186/425)

1.脂肪が分解して糖分(ブドウ糖など)になり、血液中に出ていって体内をまわり、筋肉等を動かすのにつかいます。これが脂肪が燃えているといわれる現象です。ただし、有酸素運動を15分くらいしないと、この脂肪の分解は始まりません。それまでは、血中のブドウ糖を消費します。 2.汗、呼吸、尿などによって排出されます。運動しているときと、していないときでは成分の種類は同じようなものでしょうが、その成分の量の割合が ...続きを読む
1.脂肪が分解して糖分(ブドウ糖など)になり、血液中に出ていって体内をまわり、筋肉等を動かすのにつかいます。これが脂肪が燃えているといわれる現象です。ただし、有酸素運動を15分くらいしないと、この脂肪の分解は始まりません。それまでは、血中のブドウ糖を消費します。

2.汗、呼吸、尿などによって排出されます。運動しているときと、していないときでは成分の種類は同じようなものでしょうが、その成分の量の割合が違っていると思います。それから、額にかく汗と脇にかく汗とでは成分が違います。むしろ、体の場所による成分の違いのほうが大きいです。脇にかく汗は、たんぱく質が多く含まれています。そのたんぱく質が菌によって分解されて、脇の汗の臭いになります。

3.放出された水分、すなわち汗がほとんどでしょう。

4.消費される物質はブドウ糖です。その反応は複雑ですが、ブドウ糖(グルコース)が分解されて、アデノシン3リン酸(ATP)になり、ATPが分解されるときにエネルギーが出て、そのエネルギーで筋肉は収縮します。ちょっと複雑ですので参考になりそうなページを書いておきます。
http://www03.u-page.so-net.ne.jp/jc4/yosaki/saisei2/ss4.html
お礼コメント
tomochan25

お礼率 69% (273/391)

どうもありがとうございました。良くわかりました。
投稿日時 - 2002-03-19 06:24:25


  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 43% (186/425)

snuffyさんがご指摘の勘違いごもっともです。 1.について、脂肪がブドウ糖(グルコース)に分解されるというのは誤りです。 お詫びして訂正致します。
snuffyさんがご指摘の勘違いごもっともです。
1.について、脂肪がブドウ糖(グルコース)に分解されるというのは誤りです。
お詫びして訂正致します。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ