OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

為替のことで教えてください。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.236024
  • 閲覧数92
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 2% (32/1172)

TTBとTTSと現在のレートの考え方をおしえていただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 55% (369/665)

http://www.fxlabo.com/content/juku/ttsttb_2.htm

こちらに記載されています。
尚、TTBやTTSは当日10時の相場を基準に決定されており、現在のレートが動いても銀行はこれらのレートを固定して売買しています(為替相場が一定の水準以上変動した場合はこの限りではありません)
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 33% (73/215)

外国為替は金融機関から見ますと、お金という商品なんです。 商品で説明しますと、中古商品を考えてください。 商品には仕入値と売値がありますよね。 中古品の業者の仕入れには2通りありますね。 一般の人からの買取と業者間の仕入れです。 業者(銀行)間の仕入れは、一般のお客様からの仕入れより、コストは高くなります。これを仲値(なかね)「TTM」といいます。 一方、一般のお役様からの買取は、 ...続きを読む
外国為替は金融機関から見ますと、お金という商品なんです。
商品で説明しますと、中古商品を考えてください。

商品には仕入値と売値がありますよね。
中古品の業者の仕入れには2通りありますね。
一般の人からの買取と業者間の仕入れです。

業者(銀行)間の仕入れは、一般のお客様からの仕入れより、コストは高くなります。これを仲値(なかね)「TTM」といいます。

一方、一般のお役様からの買取は、保管コストや保管期間の金利などの負担があり、業者間での仕入れより安くなります。この相場が「TTB」(電信買い相場)といいます。

一方、仕入れた商品を売る場合は、仕入れ値+事務コスト+利益を上乗せします。これがお客様への売値「TTS」(電信売り相場)といいます。

図で説明すると、業者間相場が1米ドル=120円としますと、

- TTS(売値)=121円(お客様からもらう金額)

- TTM(中値)=120円(業者へ支払う金額)

- TTB(買取値)=119円(お客様へ支払う金額)

というような関係になります。


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ