OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

尿タンパクの度合いを調べるには・・

  • 暇なときにでも
  • 質問No.235787
  • 閲覧数750
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 44% (179/399)

父が糖尿病でとうとう目に合併症がでてしまいました。
その影響かもしれませんが、今度は尿にタンパクが多くでてる とお医者さまにいわれました。

たんぱくの度合いと、いくつの数値なら危険なのかを教えてくれるような、一般人にも手には入る道具(紙・機械など)ってあるのでしょうか?

またタンパクを減らす食べ物をご存じでしたら教えてくださいませんか?
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 37% (261/700)

主人が糖尿病を長く患っています。

まず目の話から書かせてください。

主人は2年前に心筋梗塞を起こし、危うく一命を取り留めました。
その前から眼底出血を起こしていて、定期的に眼科で検査を受けていましたが、その時一挙に悪化、「いよいよレーザーですね2週間後に予約を入れました。」と眼科医から宣言されてしまいました。
主人の親族は全員糖尿病で、レーザー治療をしてもいずれは失明してしまう可能性が高いことを知っていたので、私としてはなんとしても避けたかったのです。
その日から毎日納豆を食べてもらいました。
山口大学の先生が納豆が眼底出血に効果的だ、と書かれているのを読んだ記憶があったので、何とかなるかもしれない、と淡い希望を持っていたのです。
そして2週間後のレーザー予約の日、先生は「なんだかかなり軽減しているから、今日は止めにしてもう2週間様子を見ますか。」と意ってくださったのです。

納豆は何も入れないままで十分にかき混ぜます。ナットーキナーゼが酸素が好きだからです。なるべく糸引きの強い納豆で大粒の方が効果的です。その後薬味のネギと芥子は必ず加えます。味付けはお好みで。
初めの4週間はかならず毎日食べ、その後は1日おきで大丈夫、と山口大学のレポートにでは書かれていました。
それを忠実に守り、眼科は1年後には「念のため、年に2回くらいは見せてください。」と言われるまで快復しました。

タンパクを減らす食べ物は?です。
何故かというと、入院しているとき解ったのですが、糖尿病は、心臓に出るタイプと腎臓に出るタイプ、体の末端が壊死するタイプに別れるみたいなのです。
反対に言うと血糖値さえ下がっていれば全員どれにもならないのです。
血糖値を最も簡単に下げる方法は、投薬は処方どおり飲み、徹底的なオイルカットです。おそらく病院で糖尿病食の教室に行かされると思いますが、そこで教えてもらう食事からさらに油脂類を取り除き、食後に30分から1時間の間に簡単な体操をすると割合すんなり下がります。
肉類は赤身、魚は脂ののっているものは避けさらに焼き落とす。揚げ物は無し、油揚げや厚揚げ、さつま揚げもだめです。
つらいでしょうが悪化すれば人工透析です、がんばりましょう。
お礼コメント
uomori

お礼率 44% (179/399)

具体的なアドバイスありがとうございます。
がんばります。
投稿日時 - 2002-03-16 18:15:29
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1

尿検査試験紙を薬局で購入することができます。 10枚1000円程度のものが販売されているようです。 紹介HPは下記の通りです。 ...続きを読む
尿検査試験紙を薬局で購入することができます。
10枚1000円程度のものが販売されているようです。

紹介HPは下記の通りです。
お礼コメント
uomori

お礼率 44% (179/399)

さっそく買いに行きます。どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2002-03-16 18:16:24
  • 回答No.3

いくつからが危険と考える前に、糖尿病が網膜症にしても合併症が出てきている状況にあると理解しなければなりません。 尿中に蛋白が現れた・・糖尿病性腎症の存在が疑われるわけで、今必要なのは糖尿病のコントロール、内分泌専門医の指導に『厳格に』従うことです。これ以上、これ以外の方法はありません。 蛋白の漏出に関しては『尿中蛋白定量』という評価を行いますが、数値の評価も検査のタイミングも専門家の仕事です。定性試験 ...続きを読む
いくつからが危険と考える前に、糖尿病が網膜症にしても合併症が出てきている状況にあると理解しなければなりません。
尿中に蛋白が現れた・・糖尿病性腎症の存在が疑われるわけで、今必要なのは糖尿病のコントロール、内分泌専門医の指導に『厳格に』従うことです。これ以上、これ以外の方法はありません。
蛋白の漏出に関しては『尿中蛋白定量』という評価を行いますが、数値の評価も検査のタイミングも専門家の仕事です。定性試験紙は簡単に手に入りますし簡易的な定量だって試験紙でも可能なんですが、それに一喜一憂する意味が無いと思うんです。それよりも糖尿病の管理です。

糖尿病性腎症は糖尿病による腎障害です。尿中タンパクを減らす=腎障害をコントロールする=糖尿病をコントロールするということです。
お礼コメント
uomori

お礼率 44% (179/399)

結局は糖尿病のコントロールなのですね。よくわかりました。
投稿日時 - 2002-03-16 18:14:22
  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 57% (269/468)

糖尿病に伴う腎障害は、初期の場合には糖尿病の治療をきちんと行うことで可逆的にコントロールできますが、進行してくると不可逆的になります。 ただ、初期の腎症を見つけるためには微量なアルブミンの測定が必要になり、一般の尿検査では蛋白は陽性に出ません。 通常の尿検査で蛋白がかなり出ているということは、残念ながら腎症がかなり進行している可能性があります。 まず、蛋白の量と腎障害の程度が必ずしも比例するわけでは ...続きを読む
糖尿病に伴う腎障害は、初期の場合には糖尿病の治療をきちんと行うことで可逆的にコントロールできますが、進行してくると不可逆的になります。
ただ、初期の腎症を見つけるためには微量なアルブミンの測定が必要になり、一般の尿検査では蛋白は陽性に出ません。
通常の尿検査で蛋白がかなり出ているということは、残念ながら腎症がかなり進行している可能性があります。
まず、蛋白の量と腎障害の程度が必ずしも比例するわけではありませんので、いくつの数値なら危険といったことはいえません。
腎機能の程度をクレアチニンクリアランス検査などで、経時的に経過観察して、その機能に応じて必要な食事療法を施行していく必要があります。もちろん、糖尿病のコントロールをきちんと行うことが最低条件です。
ただ、今のコントロールがかなり悪い場合は、急激に血糖を下げると眼の合併症が悪化することがありますので、内科と眼科で十分に連携しながら治療を進めていく必要があると思います。
お礼コメント
uomori

お礼率 44% (179/399)

そうですか・・。かなり進んでいるのですか。ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-03-16 18:12:05
  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 56% (139/248)

現在新しく透析導入になる患者さんで一番多い原因は糖尿病性腎症です。既に蛋白尿が多く出ているとの事は、病気がある程度進行していると考えなければいけません。透析導入にならないようにすることが大変重要です。 糖尿病性腎症の進行にとって重要な因子は、血糖の厳密なコントロールはもちろんですが、血圧のコントロールが大変重要です。 腎症を進行させないためには、外来受診時測定される血圧を130/70mmHg台 ...続きを読む
現在新しく透析導入になる患者さんで一番多い原因は糖尿病性腎症です。既に蛋白尿が多く出ているとの事は、病気がある程度進行していると考えなければいけません。透析導入にならないようにすることが大変重要です。

糖尿病性腎症の進行にとって重要な因子は、血糖の厳密なコントロールはもちろんですが、血圧のコントロールが大変重要です。

腎症を進行させないためには、外来受診時測定される血圧を130/70mmHg台にコントロールする必要があります。自宅血圧ならば更にもう少し厳しい値になると思いますが、この基準はまだ出されていません。

蛋白尿が出現している腎症でもう一つ進行を遅く出来る可能性のある治療は、食事中の蛋白制限です。これまでの糖尿病食に蛋白制限を加える事です。しかし、必ずしも評価が一致していませんので進行抑制の可能性としか言えませんが、一度主治医の先生に相談をしてみてください。

血糖コントロールはblackleonさんが書かれた様に、もし網膜症が増殖性網膜症に至っていた場合には、かなりゆっくりと時間をかけてコントロールが必要です。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ