OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

作文

  • 困ってます
  • 質問No.234556
  • 閲覧数132
  • ありがとう数29
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 1% (2/118)

私は作文を書くことがかなり苦手で、悩んでいます。
スラスラ書けるようになるにはどうしたらいいですか?
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 23% (120/501)

基礎的なトレーニングとして、とにかく多くの文章を読む。それも出来るだけ論旨がしっかりしてるものを。 実際書く時には、いきなり原稿用紙に書いていくのではなく、 まず、メモ紙か何かに骨子、あらすじを立ててみる。 それに肉付けをしていっておよそ予定の分量にして それから書き出す。
基礎的なトレーニングとして、とにかく多くの文章を読む。それも出来るだけ論旨がしっかりしてるものを。

実際書く時には、いきなり原稿用紙に書いていくのではなく、
まず、メモ紙か何かに骨子、あらすじを立ててみる。
それに肉付けをしていっておよそ予定の分量にして
それから書き出す。


  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 38% (40/103)

 1.自分の文章は下手だ、と思わないこと。  2.上手な文章書くなあ、と思った人の文章をマネして書く。  3.どんどん気取って文語調で書くこと(話し言葉のように書くのではなく    相手に読まれることを意識して書くことです)。   4.スラスラ書こうと思ってはいけません。ところどころでつまづきな    がら書くから味わいがでる、と思ってください。  5.文章の良い悪いは、基本的には読み手の勝手 ...続きを読む
 1.自分の文章は下手だ、と思わないこと。
 2.上手な文章書くなあ、と思った人の文章をマネして書く。
 3.どんどん気取って文語調で書くこと(話し言葉のように書くのではなく
   相手に読まれることを意識して書くことです)。
  4.スラスラ書こうと思ってはいけません。ところどころでつまづきな
   がら書くから味わいがでる、と思ってください。
 5.文章の良い悪いは、基本的には読み手の勝手な判断です。ですから、
   評価は良い、と言う人もいれば悪い、と言う人もいます。自分で自信を
   持って書くことです。
 
 基本的には、そんなところに注意をすれば良いのではないか、と思います。
 下手だ、という意識は、筆を持つ手を縮ませます。音痴の人でも堂々と歌え
 ば、「あれでいいんだ」と思われるように、「これが自分だ!」という文
 章を書いていれば、大丈夫だと思います。

 ただ、文章は、「話し言葉」ではありません。基本的な押さえとして、「話
 すように書く」よりは「聴かれて理解されるのではなくて、読まれて理解
 されるもの」ですから、多少、時間はかかりますが、漢字の意味を調べたり
 して漢字を多用し、それなりに「風格」を出しておくべきです。

 その方が、無意識に「書く訓練ができる」ので、時間がかかるようでも短時
 間で自分の文章に自信がでてくるものです。

 論より証拠で、嫌がらずに、しょっちゅう書いていると、自然に自分の味わ
 いが生まれてくると思います。
 
 まず、下手だ、という先入観をすてて、書いてみてはどうでしょうか。
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 43% (186/425)

(1)まず、良い文章を次々読んでみること。 (2)ここからが肝心。自分でこれはよい文章だともったら、その文章をそのまま 丸写しで原稿用紙にうつして書いてみること(写経みたい)。 例えば、天声人語でも良いです。原稿用紙にそのまま丸写ししてみてください。 それを1週間くらい繰り替えすと、文章ってこういうふうに書くんだということが ある日突然わかります。 そうすると、文章を書きたくて仕方なくなり ...続きを読む
(1)まず、良い文章を次々読んでみること。
(2)ここからが肝心。自分でこれはよい文章だともったら、その文章をそのまま
丸写しで原稿用紙にうつして書いてみること(写経みたい)。

例えば、天声人語でも良いです。原稿用紙にそのまま丸写ししてみてください。
それを1週間くらい繰り替えすと、文章ってこういうふうに書くんだということが
ある日突然わかります。
そうすると、文章を書きたくて仕方なくなります。

また自分の好きなこと、人から強制されないで文章を書いてみることも
大切です。

日記をつけるのもよいですが。。。なかなか長続きしませんね。
  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 18% (108/579)

こんにちは!! うまいひとほど、スラスラ書いてはいないんですよ! ・・・と、私は、思ってます。(^^ゞ 要は、何度、書き直すか、です!! 小説家の推敲などといったら、本当に、凄い回数と濃さで、読み直し、書き直し、しているのではないでしょうか。 たぶん、ここのサイトで文章のお上手な方も、凄く考えて、何度も書き直し・読み直ししていらっしゃるに違いない。と思います。 何度も何度も、「 ...続きを読む
こんにちは!!

うまいひとほど、スラスラ書いてはいないんですよ!
・・・と、私は、思ってます。(^^ゞ

要は、何度、書き直すか、です!!

小説家の推敲などといったら、本当に、凄い回数と濃さで、読み直し、書き直し、しているのではないでしょうか。
たぶん、ここのサイトで文章のお上手な方も、凄く考えて、何度も書き直し・読み直ししていらっしゃるに違いない。と思います。

何度も何度も、「こんなの読んで意味わかるかなー。」
という目で読み直すのです。

読み直し方のポイントとして、

1.言いたいこと、結論、趣旨みたいなものは、明確か?
2.説明の順番を変えたほうが、分かりやすさはアップしないか?
3.主語と述語が一致していないところはないか?
4.一つの文が長すぎて、2つに分けたほうが良い、ような気はしないか?(声に出して読んでみても良いです)

などは、欠かせないと思います。

でも、私が一番重視したいのは、やっぱり
1.言いたいことはちゃんとあるか

です!
つまり、書きたいこと、聞いてほしいこと、自分で見つめたいこと、まとめたいこと等が、
無ければ、
書くこと自体が結構辛いでしょう。

逆に、とにかくなんとなくでも、言いたいこと・聞かせたいことがあって、とにかくなんとか、一生懸命に書き出すうちに、「あ。これ、これが私の意見の中心点だ。これが言いたかったんだ、わたし。」みたいに気がつくことは、よくあります。多々あります。

それを探り当てる目的で、脈絡もなく書きなぐることは、作文の上達には大変有効だと思います。

つまり、
自分の言いたいことが自分でハッキリしてくるまでは、
とにかく、何も気にせずに書きなぐる。

そして、言いたいことが固まってきたら、
では、どういう順番で書いたら読みやすいか、考える。

それから、組み立てて、推敲しながら書く。

そんな手順が一番の近道なのではないかなと、
私は思います。

つまり、「書きたい!」って思いやすい、
「好きなこと・詳しいこと・こだわってること」なんかから、
手始めに、取り組んでみてはいかがでしょうか?

慣れるまでは、誰だって、下手なんですよ(^^)
自信もって。
  • 回答No.5
レベル8

ベストアンサー率 16% (1/6)

まず、原稿用紙はしまっておいてください。メモ用紙に、思いついたことを順不同にどんどん書いてください。たくさん書きためることができたら、それを順に並べ、書き足すことを書き足せばかなりの量になるでしょう。はじめから、まとまったことを書こうとすると筆が止まってしまいます。気軽なメモ書きをたくさんためることが第一でしょう。
まず、原稿用紙はしまっておいてください。メモ用紙に、思いついたことを順不同にどんどん書いてください。たくさん書きためることができたら、それを順に並べ、書き足すことを書き足せばかなりの量になるでしょう。はじめから、まとまったことを書こうとすると筆が止まってしまいます。気軽なメモ書きをたくさんためることが第一でしょう。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ