OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

薬について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.234217
  • 閲覧数248
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 81% (9/11)

「パナルジン」という薬を飲んでいます。
抜歯 何日前に止めれば良いですか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 58% (151/256)

薬理は専門で無いですが職業柄よくパナルジンを処方しておりますので一般人として書き込みします。
パナルジンの血小板凝集抑制作用は非可逆的でありその作用の減弱は純粋に血小板の血中での寿命に依存します。従って作用が無くなるまで約1週間(添付文書では8~10日)かかる事になります。手術などの場合添付文書では安全を考慮して10日~14日の休薬を薦めています。しかし実際医療機関では1週間休薬していれば手術などを行っています。
では抜歯の場合はどうか?というと純粋に出血が嫌ならば1週間は休薬する必要があります。しかし、パナルジンが投与されている理由が心臓のバイパス術後であるためであったり生体弁の入った人工弁置換術の術後であったり脳硬塞の危険が極めて高い方であったり様々でしょうから実際は休薬する事が直接命に関わるような方もいらっしゃいます。また歯科医によってはこの様な抗凝固療法が重要な患者さんに対しては例えワーファリンを飲んでいてもこまめに縫合止血をする事で休薬せずに抜歯を行う事を行っている方もおられます。従って慣れた歯科医の方なら予めパナルジンを服用している事が分かっていれば処方している医師に紹介状を書いて患者さんに持っていってもらい休薬の日数や必要性に付いて聞いてきてもらうようにする事も良くあります。(実際僕もこの手の紹介状に外来で返事を書く事は良くあります)
ですから本来は両方の主治医が話し合ってきめるべき物で抜歯をされる立場のgensyouさんが自分で判断するべき事ではありません。抜歯の予定日までまだ1週間以上ある様でしたら両方の主治医の方と相談して決めて下さい。1週間を切っている場合はパナルジンを処方している医師に抜歯する旨を話して休薬と投薬再開の計画を立ててもらい歯科医に止血を注意するように紹介状を書いてもらっておく事が一番安心できると思います。
御自分で勝手に休薬される場合は何が起こっても自己責任だと考えます。
疑問点の解消の一助になれば幸いです。
お礼コメント
gensyou

お礼率 81% (9/11)

質問に答えていただき ありがとうございます。
初めてなので、お礼のし方が解らず、遅れてしまい
すみませんでした。
とても参考になりました。
投稿日時 - 2002-03-15 19:29:39
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

futukayoiさんが詳しく書かれているので部分追加です。 実際の外科手術の際には作用時間や半減期の短い薬剤への一時的なスイッチを行って抗凝固剤が体内にない期間を極力減らす方法を取る事もあります。 (ワーファリン→バファリンなど) 出血時のトラブルなど考えた場合、麻酔科のある大学病院など大きな施設の方がこうした手法を多くもっていますので対応ができやすいと思いますよ。 ...続きを読む
futukayoiさんが詳しく書かれているので部分追加です。
実際の外科手術の際には作用時間や半減期の短い薬剤への一時的なスイッチを行って抗凝固剤が体内にない期間を極力減らす方法を取る事もあります。
(ワーファリン→バファリンなど)
出血時のトラブルなど考えた場合、麻酔科のある大学病院など大きな施設の方がこうした手法を多くもっていますので対応ができやすいと思いますよ。
お礼コメント
gensyou

お礼率 81% (9/11)

教えていただき ありがとうございました。
お礼のし方が わからず 遅れてしまいました。
すみませんでした。
参考になりました。
投稿日時 - 2002-03-15 19:35:30
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ