OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

三菱のコマーシャルで

  • 困ってます
  • 質問No.234028
  • 閲覧数97
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 70% (31/44)

妻を車で迎えに行ったりする内容のCMでかかってる曲なんですけど。
「♪ちゃらららららーんちゃーちゃーちゃーちゃーんちゃーん」
って感じのギターが入ってくる曲みたいなんですけど。
下の方に ♪デレク&ドミノス とか書いてるんですけどね。
おしえてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 69% (966/1391)

kazukidou さん、こんばんは~☆♪

「エアトレック」のCMだと思います。
アーティストは、エリック・クラプトンが、ボビー・ウィットロックらと
結成したグループ「デレク・アンド・ドミノス」で、
タイトルは「いとしのレイラ」です。
CD等の詳細については、下記のURLをご参照くださいませ。

http://www.cdjournal.com/research/backnb/car/2002/0108.html


ではでは☆~☆~☆
お礼コメント
kazukidou

お礼率 70% (31/44)

ありがとうございます、よくわかりました。
投稿日時 - 2002-03-13 22:49:05
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 39% (292/737)

Derek & The Dominos : Layla Layla & Other Assorted Love Songs:70 http://www.cdnow.com/cgi-bin/mserver/SID=1197368447/pagename=/RP/CDN/FIND/album.html/artistid=DEREK+&+THE+DOMINOS/itemid=369 ...続きを読む
お礼コメント
kazukidou

お礼率 70% (31/44)

参考URLをどうもです。ありがとうございます。
投稿日時 - 2002-03-13 22:50:28


  • 回答No.3

既に回答がでているので余談ですが、「Layla」は当時25歳だったエリック・クラプトンが親友のジョージ・ハリスンの妻であったパティー・ボイドへの恋慕を断ちがたく、その思いを曲にしたものです。その後、晴れて彼はパティーと結ばれますが、後に別れています。 そういうエピソードもあって、この曲はロックの名曲として30年以上経った今でも人気のある曲です。 「Layla」は彼と Derek And The Dom ...続きを読む
既に回答がでているので余談ですが、「Layla」は当時25歳だったエリック・クラプトンが親友のジョージ・ハリスンの妻であったパティー・ボイドへの恋慕を断ちがたく、その思いを曲にしたものです。その後、晴れて彼はパティーと結ばれますが、後に別れています。
そういうエピソードもあって、この曲はロックの名曲として30年以上経った今でも人気のある曲です。
「Layla」は彼と Derek And The Dominos のドラマー、ジム・ゴードンの共作ですが、この二人の音楽的方向性の食い違いから喧嘩同様にして2作目のアルバムの制作中にバンドは解散してしまいました。
その後ジム・ゴードンは精神に異常を来たすようになり、実の母親を殺害、現在その罪で服役中ですが、クラプトンがコンサートの度にこの曲を演奏するので、彼の元には毎年多額の印税が入ってきています。

全くの余談でした。
お礼コメント
kazukidou

お礼率 70% (31/44)

へーそうなんですか!?なんかいいのか悪いのかわかりませんね~。
服役してなけりゃパーッと使えるのになー…印税。。
人間悪い事はやるもんじゃありませんね~。
投稿日時 - 2002-03-13 22:52:43
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
アーティストやジャンルについて知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ