OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

やむを得ない

  • 暇なときにでも
  • 質問No.233037
  • 閲覧数176
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 68% (58/85)

「やむ」って、なんですか?

まさか、飲茶と関係あるのでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

「止むを得ず」ですね。
昔は橋等が良く大雨や大水などで流されてしまう事が良くありました。
それを見越して、わざと流れやすい板で橋を作り
流れても紐で結んでおいて、元に戻せるようにしていたそうです。
でも、大雨の最中は元に戻せないですから渡れませんよね?
止むを得ず、止むなくとは雨の事ではないでしょうか?
雨が止む事を得られずに橋を渡れようか。
雨が止む(こと)なく。諦める。等
お礼コメント
j_euro

お礼率 68% (58/85)

ご回答ありがとうございます。

きわめて、「らしい」感じがしますね。

>雨が止む(こと)なく。諦める。
雨なら、しょうがないですもんね。

お礼が遅くてスミマセンでした。
投稿日時 - 2002-05-01 14:42:29
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 43% (45/103)

 J_euroさん、こんにちは。  「やむを得ない」の「やむ」は「止(や)む」で、この場合は、「(何かを)しないで済ませること」という意味になります。  つまり、「止む(=何かをしないで済ませること)」+「を(=が)」+「得ない(=出来ない)」で、全体として「(望ましくない何かをする以外に)他にどうすることも出来ない」「(望ましくはないことだが)仕方ない」という意味になるわけです。  以 ...続きを読む
 J_euroさん、こんにちは。

 「やむを得ない」の「やむ」は「止(や)む」で、この場合は、「(何かを)しないで済ませること」という意味になります。

 つまり、「止む(=何かをしないで済ませること)」+「を(=が)」+「得ない(=出来ない)」で、全体として「(望ましくない何かをする以外に)他にどうすることも出来ない」「(望ましくはないことだが)仕方ない」という意味になるわけです。

 以上、御参考になれば幸いです。
お礼コメント
j_euro

お礼率 68% (58/85)

ご回答ありがとうございます。

てことは、
「やむを得ず中止する」
というのは、なんだか回りまわったことになるわけですね。

言葉って面白いと思いました。

ありがとうございました。
#お礼が遅くてスミマセンでした。
投稿日時 - 2002-05-01 14:43:52
  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 31% (21/66)

「已むを得ない」の「已む」は、ほかに「已む無く」「已むに已まれず」といった言い方でも使われます。 (昔はこう書きました。IMEでは変換してくれないな...) ...続きを読む
「已むを得ない」の「已む」は、ほかに「已む無く」「已むに已まれず」といった言い方でも使われます。
(昔はこう書きました。IMEでは変換してくれないな...)
お礼コメント
j_euro

お礼率 68% (58/85)

ご回答ありがとうございます。

「已む」って知りませんでした・・・
勉強になります。
ありがとうございました

お礼が遅くてスミマセンでした。
投稿日時 - 2002-05-01 14:43:42
  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 61% (647/1050)

    「やむ」というのは古語で、「継続を終了する・終わる・終了する・死ぬ」という意味なのです。ここから、「やむを得ない」とか「やむなく」とか「……して、やまむ」とかいう表現になります。     「やむなく」だと、「終わりがなく」で、終了出来ないで「続ける」ので、「しかたなく(続ける)」になるのです。また「やむ得ず」や「やむを得ない」も同じです。終了できないので、「仕方なく継続する」のです。   ...続きを読む
 
  「やむ」というのは古語で、「継続を終了する・終わる・終了する・死ぬ」という意味なのです。ここから、「やむを得ない」とか「やむなく」とか「……して、やまむ」とかいう表現になります。
 
  「やむなく」だと、「終わりがなく」で、終了出来ないで「続ける」ので、「しかたなく(続ける)」になるのです。また「やむ得ず」や「やむを得ない」も同じです。終了できないので、「仕方なく継続する」のです。
 
  「討ちてし、やまむ」とかいう言葉があったような気がします。太平洋戦争中のスローガンだったのか、「敵を倒して後、死のう・本望だ」というような意味でしょうか。「敵を倒さねば、死なない」ということだったのか。これは、神武天皇のエピソードの中で、古代に出て来た言葉だったはずです。
 
  また、「……して、やまむ・やむ」は、「死ぬ」という意味で、「大望を成就して後、やまむ」とは、大望を実現した後、はじめて死に行くことができる、死ぬまでには、大望を果たす、というような言い方に使うのですが、あまり使わなくなっているかも知れません。古めかしい言葉ですから。
 
  「やむを得ない」などの形で、古い言葉の用法が、残っているということです。
 
お礼コメント
j_euro

お礼率 68% (58/85)

ご回答ありがとうございます。

かなり古い言葉なんですね。

>「討ちてし、やまむ」
鬼畜米英ではないですが、勤皇の志士、有馬新七の歌にも見つけました。
http://bakumatu.727.net/shiika/shiika-teradaya.htm

ひとつの言葉で、日本の歴史を感じることができました。
ありがとうございました。
(お礼が遅くなってすみません)
投稿日時 - 2002-05-01 14:52:38
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ