OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

gifとjpgについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.231086
  • 閲覧数86
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 5% (17/300)

bmp形式の画像を圧縮するときどのような画像の場合にgifかjpgのどちらの
形式にすればよりサイズを小さく出来るのですか?
それぞれの形式にどのような特徴があるのかも一緒に教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 49% (1127/2292)

GIF…地図やアイコン、ベタ塗りのイラストなど、1色で塗りつぶされている面積が大きく、色境界がはっきりしているもの。
GIFに使われている圧縮技法は「同じ色成分のドットがこの後いくつ出現するか」といったドットごとの単純な比較に拠っているので(実際はもう少し複雑)、同じドットが延々と並ぶ絵には向いていますが、微妙な階調で無段階に変化する絵の圧縮にはまったく向かないのです。

JPEG…主に写真などの圧縮で最大の効果を発揮します。圧縮率だけではなく、圧縮後の見た目の画質もです。
JPEGはドットごとではなく、一定区画の階調の変化を、なめらかな算術曲線に置き換える、というアルゴリズムで非可逆圧縮をかけています。
たとえるなら、小さなでこぼこのある坂道を、舗装してなだらかなスロープにならしてしまうようなもの。
圧縮をかける過程ででこぼこは消えてしまいますから、厳密には圧縮前の画像情報の細部は永遠に失われてしまいます。(非可逆圧縮と言われるゆえん)
しかし普通人間の目にはそういう細かいことは気にならないので、JPEG圧縮した画像でも問題なく見ることができるのです。
(ただし圧縮レシオを極端に上げるとブロックノイズが目立つようになる)
写真以外でも、手書き風味のイラスト、絵をスキャンしたもの、グラデーションの多いレンダリングCGなど、一様のドットが並んでいないあらゆる画像でGIFより高い圧縮率と品質を維持します。

また、GIFは1bit(2色)~8bit(256色)までしか対応していないので、それ以上の色数をGIF化するには減色しなければなりません。
JPEGは24bit(1677万色)のみの対応です。(8bitグレースケールにも対応)

それと、当然のことながら透明色プレーンをサポートしているのはGIFのみです。
透過画像を作りたいと思ったらGIFで作るしかありません。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1

こんばんは♪ BMPとJPEGではJPEGのほうが一桁くらいサイズ小さいです。 GIFよりもJPEGがサイズを小さくできます。 アスキーデジタル用語辞典の検索窓に。 BMP GIF JPEG と入力して調べてみてください。 ...続きを読む
こんばんは♪

BMPとJPEGではJPEGのほうが一桁くらいサイズ小さいです。
GIFよりもJPEGがサイズを小さくできます。

アスキーデジタル用語辞典の検索窓に。 BMP GIF JPEG と入力して調べてみてください。
  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 14% (4/28)

細かい事は前の人が書いてくれてるので 私はちょっとしたアドバイス 色数が多い場合は jpg 色数が少ない場合は gif がいいと思います
細かい事は前の人が書いてくれてるので
私はちょっとしたアドバイス

色数が多い場合は jpg
色数が少ない場合は gif
がいいと思います
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ