OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

excel エラー値を非表示にしたいのですが

  • すぐに回答を!
  • 質問No.230213
  • 閲覧数240
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 13% (4/29)

こんにちは。アドバイスを宜しくお願いします。

関数を使って数式を入れた表を作成しているのですが
今回は入力しない所が数箇所ありまして入力していない
箇所を参照しているところや関連のシートにまでエラー値が
表示されてしまいます。

こういった、今回に限ってという場合(特定して決めることが出来ないセル)
に表示されるエラー値を非表示にする方法があれば教えていただきたいんです。
実際のところできるのでしょうか?
エラー値は#N/Aです。

どうか宜しくお願い致します。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 68% (791/1163)

失礼しました。説明不足でした。

まず、ツール→マクロ→Visual Basic Editor でVBE画面に移り、
挿入→標準モジュール で標準モジュールを挿入します。
ANo.#3のマクロをコピーして、コードウインドウ(広い部分)に貼り付けます。

コピーするのはANo.#3の『標準モジュールに貼り付けます。』より下の行全てです。

貼り付けが終わったら、シートに戻り、

ツール→マクロ→マクロで
 ErrorHidden を実行するとエラー表示のセルを探して式を変更してエラーを非表示にします。非表示にするのはシート単位としてあります。

ツール→マクロ→マクロで
 FormulasFukugen を実行すると、書き換えた算式を元に戻します。
お礼コメント
ay1212

お礼率 13% (4/29)

ありがとうございました。
本当に助かりました。
投稿日時 - 2002-03-07 15:03:05
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 41% (40/97)

=ISERROR(数式,"",数式) これでエラー値は表示されなくなると思います。 数式は今使っていてエラーの出る数式をそのまま入力してください。
=ISERROR(数式,"",数式)
これでエラー値は表示されなくなると思います。
数式は今使っていてエラーの出る数式をそのまま入力してください。

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 44% (757/1696)

>>(特定して決めることが出来ないセル) ... エラー値を非表示にする方法 は無いと思います。(0 を非表示にするのと同じように、#N/A を非表示に は出来ない。)  全ての、計算結果が表示されるセルに、以下の数式を入れなければなり ません。 =if(A1="","",A1*B1)  A1 が "" ...続きを読む
>>(特定して決めることが出来ないセル) ... エラー値を非表示にする方法

は無いと思います。(0 を非表示にするのと同じように、#N/A を非表示に
は出来ない。)

 全ての、計算結果が表示されるセルに、以下の数式を入れなければなり
ません。


=if(A1="","",A1*B1)

 A1 が ""(ヌル・未入力)の場合は、無表示にし、その他は A1*B1

=if(A1=0,"",B1/A1)
=if(A1<>0,B1/A1,"")

 A1=0 の場合は、""(ヌル)を表示=非表示(0 での除算を回避)

=if(A1="","",(if(A1=0,"",B1/A1)))

 A1 が、

 ・ "" の場合は ""、
 ・ 0 の場合は ""、
 ・ その他の場合は、計算式(B1/A1)を実行


など、if 文と、"" (ヌル)を組み合わせる方法など。
 
  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 68% (791/1163)

全ての算式に、If や isNA や isError を付けるのは大変でしょう。 ErrorHidden を実行すると、エラー表示のセルを探して式を変更してエラーを非表示にします。 FormulasFukugen を実行すると、書き換えた算式を元に戻します。 こういう質問だったのでしょうか? ご参考に。 標準モジュールに貼り付けます。 '****************** ...続きを読む
全ての算式に、If や isNA や isError を付けるのは大変でしょう。

ErrorHidden を実行すると、エラー表示のセルを探して式を変更してエラーを非表示にします。
FormulasFukugen を実行すると、書き換えた算式を元に戻します。
こういう質問だったのでしょうか? ご参考に。

標準モジュールに貼り付けます。

'*************************
'エラーの算式を書き換える
'*************************
Public Sub ErrorHidden()
  Dim rg As Range 'セル
  Dim fm As String '算式

  'エラーのあるセルを選択する
  ActiveSheet.Cells.SpecialCells(xlCellTypeFormulas, xlErrors).Select
  For Each rg In Selection
    fm = rg.Formula
    'エラーを非表示にするユーザー定義関数に書き換える
    '元の算式をユーザー定義関数『fncErrorTrp』の引数にしてしまう
    rg.Formula = "=fncErrorTrp(" & Mid(fm, 2) & ")"
  Next
End Sub

'**************************************
'書き換えたエラーのあった算式を元に戻す
'**************************************
Public Sub FormulasFukugen()
  Dim rg As Range 'セル
  Dim fm As String '算式

  '算式のあるセルを選択する
  ActiveSheet.Cells.SpecialCells(xlCellTypeFormulas).Select
  For Each rg In Selection
    fm = rg.Formula
    'エラーを非表示にするユーザー定義関数が使ってあれば元に戻す
    If InStr(fm, "fncErrorTrp(") > 0 Then
      fm = Application.Substitute(fm, "fncErrorTrp(", "")
      fm = Left(fm, Len(fm) - 1)
      rg.Formula = fm
    End If
  Next
End Sub

'************************************
'エラーを非表示にするユーザー定義関数
'************************************
Public Function fncErrorTrp(fm)
  If IsError(fm) Then
    fncErrorTrp = ""
  Else
    fncErrorTrp = fm
  End If
End Function
補足コメント
ay1212

お礼率 13% (4/29)

参考にしたいのですが、内容が私には高度すぎてわからないのです。
まず標準モジュールというのはどこにあるのでしょうか?
テンプレートとかのことですか?

エラーを非表示にするユーザー定義関数を利用したいと
思っています。できれば作成まで(どこを開いて貼り付けるのか)
を簡単でいいので教えて頂きたいのですが。

大変すみませんが宜しくお願いします。
投稿日時 - 2002-03-06 17:38:21
  • 回答No.5
レベル10

ベストアンサー率 34% (61/176)

結果として必要なのが一枚のシートである場合、 別の個所に結果を移してはいかがでしょう? その際、エラーが出た場合はなにも表示させないようにして…。 =IF(Sheet!A1<>"",Sheet!A1,"") というのをズラーっと必要なところまでコピーする手はいかがでしょう。
結果として必要なのが一枚のシートである場合、
別の個所に結果を移してはいかがでしょう?
その際、エラーが出た場合はなにも表示させないようにして…。

=IF(Sheet!A1<>"",Sheet!A1,"")
というのをズラーっと必要なところまでコピーする手はいかがでしょう。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このやり方知ってる!同じこと困ったことある。経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ