OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

現実であることを確かめるには?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.230196
  • 閲覧数93
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数20
  • コメント数0

お礼率 30% (6/20)

今生きてることが夢じゃないと、どうしたら証明できますか?
通報する
  • 回答数20
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全20件)

  • 回答No.6
レベル13

ベストアンサー率 61% (647/1050)

    No.5 の人が、SFによく出てくる面白い例を出してくれましたので、最初予定していた回答よりも、より精密な(複雑な)回答になります。     まず、質問者が使っている「証明できますか?」という言葉は何を意味しているのか、ということを考えねばなりません。「証明」というのを厳密に考えるとのは、論理学と公理論的数学理論です。前者は古くはアリストテレスの体系があり、後者は、エウクレイデスの体系(幾何 ...続きを読む
 
  No.5 の人が、SFによく出てくる面白い例を出してくれましたので、最初予定していた回答よりも、より精密な(複雑な)回答になります。
 
  まず、質問者が使っている「証明できますか?」という言葉は何を意味しているのか、ということを考えねばなりません。「証明」というのを厳密に考えるとのは、論理学と公理論的数学理論です。前者は古くはアリストテレスの体系があり、後者は、エウクレイデスの体系(幾何学原論)があります。スピノーザは、その主著『エティカ』において、数学的に厳密に証明された哲学体系であるとして、エウクレイデスの体系に外形を真似て本を書いています。つまり、「無定義概念(用語)」「公理」「公準」を最初に提示し、それから「定理」の「証明」を次々に提示して行きます。
 
  この場合、「無定義概念」とは何か、「公理」「公準」とは何かを考える必要があるでしょう。エウクレイデスの体系だと、例えば、無定義概念は、「線」です。線とは「何か」、それは万人にとって自明であるとしています。「線」だと思っているものが、本当に「線」であるかどうか、どうすれば証明できるか? という問いは、この公理系では意味がありません。「線」とは何かが自明的に了解できなければ、そもそも話が始まらないのです。また、公理は、これはエクレイデスにあったかどうか知りませんが、「平行でない二直線は、必ず交点を一つ持つ」というようなものが考えられます。この「公理命題」は、どうやって証明できるのか? できないというより、この体系のなかでは、それは、証明されることなく「自明の真理」なのです。従って、公理に疑問を抱いても、意味がないことになります。エウクレイデスの「平行線公理」は、修正されましたが、あの公理は、三次元空間が、第四の次元において、曲がりがない場合は、成立するのです。
 
  と、前置きが長くなりましたが、「証明できますか?」という問いに対しては、それを証明できるほどに、世界や形而上学の理論は公理化されていたかという疑問が起こります。公理化されていないはずですから、そういう意味では、「証明できません」。
 
  しかし、この問いの命題は、無定義概念乃至公理の位置に来る、「自明命題」なのです。どういう意味で、自明命題なのか、「説明」によって、「証明する」ことは可能だと思います。
 
  そこで、「夢」とは何か、「いま生きていること」とは何か、ということを吟味して考えねばなりません。「いま生きていること」の状態は、「夢」と対比的に、「覚醒状態・覚醒意識」と呼びましょう。覚醒状態と夢の状態は違うと云えるか? これは云えます。或る程度「自明的」なことです。覚醒状態での知覚、視覚や聴覚が捉える映像、世界の像を考えてみられることです。それは、「夢の状態で経験する知覚」とは、相当に異質なものであることが、自明的に分かるはずです。
 
  また、「夢」には、浅さと深さがあります。非常に深い夢は、普通、目覚めても思い出すことができません。また、「夢のない熟睡状態」があります。夢は、覚醒状態に近づくことがあり、その反対の場合もあります。「半覚醒夢」というのは、半分ぐらい覚醒していて、夢を見ていると自覚しつつ見る夢です。他方、「白昼夢」というのは、目覚めているはずなのですが、何時の間にか、覚醒水準が低下し、夢のイメージのなかでまどろんでいる状態です。
 
  ここで、「夢」と「覚醒状態」は連続していると言っても、覚醒状態に近づくと、意識は、夢を見ていることに「気づきます」。先に述べた、覚醒状態で経験する知覚や思考は、非常に明晰で、夢のなかの知覚や思考とは明らかに質が異なります。一生、夢を見ている人の場合、夢が夢だと分からない可能性がありますが、覚醒水準を持つ人は、夢と覚醒状態が、自明的に異なる状態だと分かります。
 
  従って、「いま生きていること」は、覚醒状態での存在であり、「夢」の存在とは、自明的に別のものなのです。
 
  しかし、疑問があるでしょう。夢から覚めると、「いまの覚醒状態」になる。すると、「いまの覚醒状態」も実は夢だったのであり、この状態から「覚醒する」ことがあるのではないか、です。これは、ありえることだと思います。仮に、そういう高次の覚醒状態を、「高次覚醒状態」と呼べば、高次覚醒状態の経験がわたしにはありませんが、しかし、自明的に云えることがあります。高次覚醒意識であっても、「覚醒意識と夢の状態」は別であるということは自明的に真である、ということです。
 
  比喩的に、生きてきた一生は夢のようだ、と言います。過去の記憶は、夢に近く感じられることがあります。しかし、現に生きて知覚し、思考している覚醒意識は、夢の状態意識とは異質なものです。
 
  この区別は、高次覚醒状態に仮になってとしても維持されるはずです。チンパンジーもボノボも、同じ「猿」だといえば、そうかも知れませんが、よく見てみると、違う種類の動物です。A氏もB氏も、すけべな中年の人だということでは、同じものだ、と言ってみても、どれだけA氏とB氏が似ていても、二人は「異なる個人」です。高次覚醒状態では、「夢の状態」も「通常覚醒状態」も同じようなものだと言っても、実際には違う状態なのですから、正確には違うということになります。
 
  従って、「いま生きていること」は、自明的に「夢ではない」のです。夢のように思えると、夢だは別です。
 
  あるいは、魂のイデアー世界があり、そこに帰ると、「本来のわたし」が覚醒し、確認され、現実だと思っていた覚醒水準の意識の生活は、実は「幻・幻影」だったということがあるかも知れません。しかし「幻影(仮象)」と「真実在」の違いは、どこにあるのでしょうか。「いま生きていることは、仮象であり、本来の真の存在のモードがあるかも知れない」というのは、妥当だと思います。真実在、カントの言い方だと「もの自体」は我々には認識できないもので、我々が経験している一切は、主観の仮象だとも云えるのです。しかし、このことと、「いま生きていること」は「夢と同じ」は異なります。
 
  「夢」は夢で、いま生きてある覚醒状態意識は、いまの状態であるのです。より高次の覚醒や、リアリティがあるかも知れません。しかし、それがあっても、夢と覚醒状態の区別は残るのです。
 
  言葉の表現の問題でもあると云えるでしょう。この「覚醒現実」も夢と思える、高次覚醒状態がある、または真実在を見ることのできる魂のイデアー境位では、この覚醒現実も、夢の一種に見える。しかし、夢の一種に見えても、夢とは異なるのです。
 
------------------------------------------------------
 
  そこで、No.5 の人の述べている、「擬似現実」「仮想現実」と「現実」の違いはないではないかという問題について考えてみます。
 
  映画を見ていると、映画のなかに引き込まれて、現実意識が失われる場合があります。しかし、これは広い意味の一種の「変成意識」であり、映画のなかで登場人物が負傷しても、痛みが伝わる訳ではありません。何かに夢中になると、通常の意識は失われます。これも広義の変成意識でしょう。意識の状態は色々なヴァリエーションがあり、覚醒意識と連続している場合もあるのですが、しかし、「明晰判断の行える覚醒意識」というのは、こういう状態として存在するのです。
 
  ルネ・デカルトの懐疑を思い浮かべる人がいるでしょう。しかし、デカルトは、「この現実や自己」を幻影だとか、錯覚だと考えたのではありません。デカルトは、自己の哲学を築く時、疑いのない、「公理的事実」を基礎にせねばならないと考えたのです。彼の結論は、Cogito ergo Sum ですが、ここで、このラテン語は、「我は思惟する、故に、思惟する我はある」という意味だと気づかねばなりません。この命題で、デカルトは、「懐疑している・思惟している自己の存在の明晰判明性」を確認し、述べているのであって、「思惟する自己の存在」は明晰確実であるからと言って、その他のことごとが、明晰確実とはなりません。例えば、窓の外を見ると見える風景は、これは、悪魔がわたしに情景を投射して幻影を見せているのではないのか、という懐疑では、明晰判明な、思惟する自己の存在を確認したとしても、問題としてはやはり残るのです。
 
  つまり、デカルトは、自分が見ているものや知覚しているもの、考えていることが、幻影だとか錯覚だとは、考えていなかったはずなのです。そういう次元の「実在」だと考えていたのです。しかし、哲学のシステムで、この懐疑の問題があり、明晰確実性の原理が必要であったので、「思惟するわたしの思惟自己は明晰判明」であるとして、「明晰判明」な事態が世界に存在することを証明して見せたのです。諸々の現象は、実は幻かも知れない……しかし、明晰な判断があり、幻や仮象は、看破される、というのが、デカルトの認識論のはずです。
 
  そこで最初のSFによくある「仮想現実」に戻せば、こういう仮想現実は、「通常の覚醒明晰意識」とは異なるということを述べねばなりません。何故異なるかと言えば、「意識自我の統覚」は、心の様々な複雑な構造の上に成立しているもので、だからこそ、映画を見ていても、後ろから誰かにこづかれると、後ろを振り返り、その時、映画館にいたのだという認識が甦るのです。
 
  「仮想現実」の場合、単に、感覚を投影構成すれば、それでよいという考えがあるようですが、それでは、記憶の一貫性や、心の認識と一致しないのです。感情も操作できますが、そうして造られた「擬似現実」は、あくまで擬似現実であり、覚醒して反省して考えると、どこが違うかが分かります。覚醒する経験までも、擬似現実で構成することもできます。また、生まれた時から、擬似現実の刺激で育つと、擬似現実が、覚醒意識の現実にもなる可能性があります。
 
  人間の心の深遠な構造からすると、仮想現実と、覚醒意識現実のあいだには、明晰な差異が、反省的に考える時、出てくるのですが、仮想現実を現実2と名付け、この覚醒意識の現実を現実1と呼び、両者のあいだを往復していると、段々1と2の違いが分からなくなるということも起こり得ると思えます。仮想現実のなかで、「死」を演出することもできるのです。誰かに銃で胸を撃たれ、激痛と共に意識が薄れ、次に目覚めると、どこかの本で読んだ「霊界」とかによく似た、壮麗で雄大な不思議な世界に自分がいて、前から、不思議な人物が近寄り、「貴方は死んだのです。これから、わたしは、貴方を案内しましょう」と、頭のなかで理解できる不可解なメッセージで呼びかけて来て、その後について、非現実的な、霊界とはこういう世界だと本に書いてあったのと似たような場所を、旅しながら、「ああ、わたしは死んで霊界に来たのか」などと、考えると、「死」も作り出せることになります。
 
  結局、言葉の定義の問題にもなってきます。比喩的な意味でない、睡眠時に見る「夢」とは何かは、覚醒意識で、自明的に把握できる訳です。夢の意識と覚醒意識の連続性を利用して、覚醒と夢の意味に、別の解釈を与える文化伝統もあるでしょう。その場合、覚醒している状態も夢の一種で、夢も覚醒状態の一種で、どちらも「実在」であるということになります。あるいは、どちらも仮象だということになるかも知れません。
 
  つまるところ、「真実在」とは何かという形而上学的問いに収束して行くのですが、これは、あくまで問題を哲学的に考えて行くと、こうなるということです。誰も、世界の存在が存在する根拠を知っている人はいません。根拠が分からないので、この世界・宇宙は、仮象だという人の方が稀でしょう。
 
  >今生きてることが夢じゃないと
 
  今生きていることは、「夢」ではないでしょう。区別が付かないのなら、そもそもこのような問いが出てこないでしょう。より高次の覚醒水準、別の意識のありようがあるかも知れません。しかし、繰り返しになりますが、「覚醒意識経験」と「夢の経験」は、別です。この人生は仮象であったかも知れないでしょう。しかし、仮象は仮象として、これを、わたしたちは、「現実」と呼んでいるのです。
 
  形而上学的問いは、理性での答えがありません。従って、質問に、「真実在」についての問いを含めている場合は、答えのないものに答えを求めていることになります。しかし、それは別個の問題として定立するなら、問いの答えは、おのずと明らかでしょう。
 
お礼コメント
meina

お礼率 30% (6/20)

starfloraさん、ありがとうございます。
我思う、故に我あり。
そうですね。
そうやって私がいますから
投稿日時 - 2002-03-09 12:05:26
  • 回答No.7
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/0)

証明することは不可能だと思います。今生きていることが夢だとしても、自分がそのとき感じている事は事実だと思うのでそれでいいと思います。
証明することは不可能だと思います。今生きていることが夢だとしても、自分がそのとき感じている事は事実だと思うのでそれでいいと思います。
  • 回答No.8
レベル11

ベストアンサー率 26% (80/303)

人生を1冊の本として、それ自体は限られた世界だが、人によりそれその物が違う。 夢はもう1冊の本ではなく、あくまで本の中の文章と言う事。 夢を見ているときはそれが現実。それが全て、妥当だと思いますが。 まぁ夢が都合の良い物とは限りませんから。 つまるところ、現実も夢もなく、それ自体が1つ。 「自意識」があればそれを証明できます、あなたは誰かに動かされている訳ではないでしょう? 自分で行動 ...続きを読む
人生を1冊の本として、それ自体は限られた世界だが、人によりそれその物が違う。
夢はもう1冊の本ではなく、あくまで本の中の文章と言う事。
夢を見ているときはそれが現実。それが全て、妥当だと思いますが。

まぁ夢が都合の良い物とは限りませんから。

つまるところ、現実も夢もなく、それ自体が1つ。
「自意識」があればそれを証明できます、あなたは誰かに動かされている訳ではないでしょう?
自分で行動する全ては「夢」ではありません。
  • 回答No.9
レベル7

ベストアンサー率 43% (7/16)

『ドグラマグラ』という小説をご存知ですか。 たぶんmeinaさんが疑問に思ったことを徹底的にすすめていくと その小説の世界そのものになるかもしれません。 子宮の中で小さな胚から生物の進化の過程をシュミレートしながら人間の 個体になるように、まだ生まれていない幼児は人類の恐るべき 歴史を夢の中ですべて経験して生まれてくるというのです。その おぞましさゆえに、幼児はみな泣きながらうまれてくるのだろ ...続きを読む
『ドグラマグラ』という小説をご存知ですか。
たぶんmeinaさんが疑問に思ったことを徹底的にすすめていくと
その小説の世界そのものになるかもしれません。
子宮の中で小さな胚から生物の進化の過程をシュミレートしながら人間の
個体になるように、まだ生まれていない幼児は人類の恐るべき
歴史を夢の中ですべて経験して生まれてくるというのです。その
おぞましさゆえに、幼児はみな泣きながらうまれてくるのだろうかと作者の
夢野久作も反語的に自問しています。
もしやmeinaさんは生まれてさえいないで、子宮の中で夢をみている
赤ん坊かもしれないのです。人類の歴史を学習中の幼児の脳。

もし夢の中であるなら、あらゆる形而上学的議論をもってしても証明は
できないでしょう。組み立てられたものは夢の内部であり、証明された
ものもすべて夢の領分です。夢の範疇にあります。どこか神の存在証明に
にていますね。
コギトの成り立ちを見ても、それは「夢をみていると、考えている私がいるから
これは夢なのだ」という自意識をもつだけで、「夢ではない」という前提は
くずれます。つまり夢だと信じてしまえば、それは夢になるという
逆説が起きるのです。

では夢であるかどうかは心の状態によるものなのでしょうか。これも
最初に書きましたように「私が気がついているか」「私が気がついていないか」
は問題外です。なぜならこれは全て夢の中であるならという問題設定だから
です。

つまり私たちが夢の中にいることを想定してしまうと、あらゆる証明は
不可能になります。しかし私たちが夢の外部であることを想定したとき
それは吟味も証明もできるのです。つまり証明をしたいと思うことは
夢の外部をめざす意志なのです。meinaさんがこれを証明したいと
考えられた瞬間から、この世界が夢であるか、どうかにかかわらず
夢というものを分化し、夢の外部をつくる働きがうまれます。
つまりmeinaさんの疑問こそが、もし夢をみていたとしても、その
夢を覚ます力になるということです。

夢がさめてしまうとつまらないかどうかは覚めてみないとわからないかも
しれません。あらゆることはすべて夢であるといえるし、あらゆることは
すべて現実的であるといえるのです。そのとき重要なのは夢を
おぼえておくことなのかも知れませんね。夢の世界のリアルさも
現実の世界のリアルさも、私たちには同じように大切で生々しい
リアルさだからです。夢の中でも現実の中でも、このリアルさを
手がかりに生きるより手立てはありません。ご参考になれば幸いです。
  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 49% (138/278)

死んだ。 突然目の前に光が広がり、私は目が醒めた。 「どうでしたか、お客様。20世紀の平凡な日本人の一生は?」 ああ、私はすべて思い出した。 実は私が住んでいるのは30世紀の地球だったのだ。 この時代、脳に直接コントロールされた電気刺激を加えて、 短時間のうちに、プログラムされた「人生」を体験できる方法が開発されたのだ。 私は、実は3日間、ベッドに横たわり、 頭に無数の電極 ...続きを読む
死んだ。

突然目の前に光が広がり、私は目が醒めた。

「どうでしたか、お客様。20世紀の平凡な日本人の一生は?」

ああ、私はすべて思い出した。
実は私が住んでいるのは30世紀の地球だったのだ。
この時代、脳に直接コントロールされた電気刺激を加えて、
短時間のうちに、プログラムされた「人生」を体験できる方法が開発されたのだ。

私は、実は3日間、ベッドに横たわり、
頭に無数の電極のついたヘルメットを付け、点滴を受けながら、
適当に選んだ20世紀のjun1038という日本人の
数十年の一生を体験していたのだ。

休暇の3日間がすべて飛び、費用もそれなりにかかったが、
伝記や小説を読むよりずっとリアルに、もう一つ別の人生が経験できて
やはり良かったと思っている。さまざまな体験ができ、いろいろな教訓を得た。
明日からの仕事にも役立つだろう。

・・・・・

てなことが、全く無いとは限りませんが、
うかつに「この人生は夢だ」と信じ込んでしまって、やる気をなくして、
「実は現実の」人生を棒に振ってしまってもつまらないですよね。

とりあえず、私は、現在の自分の人生が、「夢である」確率よりも、
「現実である」確率の方がすごく高いんじゃないかな、と思っています。

だからまあ、それなりに生きて行くんです。
お礼コメント
meina

お礼率 30% (6/20)

jun1038さん、ありがとうございます。
面白い例ですね。
ありえないとも言い切れない。
確率的にはやっぱり高いんですよね。
投稿日時 - 2002-03-09 12:02:33
  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 46% (376/804)

はて、どうして「夢じゃない」と証明しなければならないのですか? あなたの人生(私の人生でも同じですが)が夢であって何か都合が悪いのですか? もしmeinaさんがそれではならないという理由があるのなら、その時点で既に夢と現実を区別する手段・方法を知っているはずです。理由が判らないのなら、夢だって現実だってどちらでも良いじゃありませんか。ただ、その自分の生を全うすれば良いだけのことです。 要する ...続きを読む
はて、どうして「夢じゃない」と証明しなければならないのですか?
あなたの人生(私の人生でも同じですが)が夢であって何か都合が悪いのですか?

もしmeinaさんがそれではならないという理由があるのなら、その時点で既に夢と現実を区別する手段・方法を知っているはずです。理由が判らないのなら、夢だって現実だってどちらでも良いじゃありませんか。ただ、その自分の生を全うすれば良いだけのことです。

要するに、ある閉じられた世界の中にいる限り、その世界の外のことは判りませんし、わかり得ないことです。
お礼コメント
meina

お礼率 30% (6/20)

aminouchiさん、ありがとうございます。
都合が悪いわけではないです。
だってまだ10代前半だし、それにすごく楽しい人生だと思う。
だだ夢だとしたら覚めたときにむなしいでしょう?
投稿日時 - 2002-03-09 11:59:41
  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 9% (31/325)

苦しみを苦しみと知り、逃げることなく味わい、その苦しみを乗り越える事でしょう。これこそ、生きていればこそ出来る事です。 如何ですか? ...続きを読む
苦しみを苦しみと知り、逃げることなく味わい、その苦しみを乗り越える事でしょう。これこそ、生きていればこそ出来る事です。
如何ですか?
お礼コメント
meina

お礼率 30% (6/20)

odd-artさん、ありがとうございます。
そうですね。たとえ長い夢だったとしても、同じだと思います。
投稿日時 - 2002-03-09 11:41:30
  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 31% (21/66)

「夢」が「夢」である最大の特徴は、「醒める」ことにあると思います。 もし、今私が見たり聴いたり考えたりしているこの状態を「夢」とするならば、 必ず「醒める」ときが来るはずです。 しかし、少なくとも私が今日まで生きてきた中で、この状態が「醒めた」経験はありません。 「醒める」という経験がえられていない以上、この状態を「夢」であるとは云いきれないのではないでしょうか。 では、「夢」であるとは言い ...続きを読む
「夢」が「夢」である最大の特徴は、「醒める」ことにあると思います。
もし、今私が見たり聴いたり考えたりしているこの状態を「夢」とするならば、
必ず「醒める」ときが来るはずです。
しかし、少なくとも私が今日まで生きてきた中で、この状態が「醒めた」経験はありません。
「醒める」という経験がえられていない以上、この状態を「夢」であるとは云いきれないのではないでしょうか。

では、「夢」であるとは言い切れないこの状態のことを何と呼べばいいかと言うと、やはり「現実」と呼ぶ以外、適当な言葉はないでしょう。「夢であってくれ」と思う事は多々ありますが...
お礼コメント
meina

お礼率 30% (6/20)

jayhawksさん、ありがとうございます。
さめることが無ければ良いです。本当に。
投稿日時 - 2002-03-09 11:48:31
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 31% (83/264)

あらゆる科学・哲学をもってしても ぜーったいに証明できませーん! ...続きを読む
あらゆる科学・哲学をもってしても
ぜーったいに証明できませーん!
お礼コメント
meina

お礼率 30% (6/20)

beat118さん、ありがとうございます。
理性以外のものは証明できないと思いますか?
そのような物には定義が無いから、難しいですよね。
投稿日時 - 2002-03-09 11:54:43
  • 回答No.10
レベル11

ベストアンサー率 13% (14/106)

●答えは簡単です。  現実が夢じゃないか検証する行為ができればそれは 現実です。  夢の中では「夢じゃないか検証する行為」すらできません。  なぜなら夢はそれが夢であるという前提で見ているから  検証を必要としませんし 検証するために夢を見ているわけではありません。  普通 夢はうすうす夢とわかりつつみているか  まったく夢とわからず見ている(まじで検証はぜったいしない)かの  どちらかです ...続きを読む
●答えは簡単です。
 現実が夢じゃないか検証する行為ができればそれは 現実です。
 夢の中では「夢じゃないか検証する行為」すらできません。
 なぜなら夢はそれが夢であるという前提で見ているから
 検証を必要としませんし 検証するために夢を見ているわけではありません。
 普通 夢はうすうす夢とわかりつつみているか
 まったく夢とわからず見ている(まじで検証はぜったいしない)かの
 どちらかです。夢のなかでほっぺたをつねることはあっても
 それが現実かどうかを 記憶とてらしながらマジで検証しようとすることは
 絶対ありません。なぜなら潜在意識が夢とわかって夢をみているからです。
●なぜ夢をみるのか?
 それは「意識のメンテナンス」であり「意識のシュミレーション」あり
 現実では不可能な「意識の介護・ヒーリング」なのです。
 だから夢と現実ははっきりと違う意識として分かる物です。
 夢はその目的上潜在意識下においてはっきり夢として夢を見ているのです。
 だから夢と現実ははっきりと違う意識として分かるのです。
●夢と現実が分からない人は 病気です又はそれに近い精神状態です。

 starfloraさんが おっしゃるように高次元の覚醒状態はあるかもしtれません。
 そのことはだれも否定できないでしょう。
 しかし いままでの人類の歴史において だれひとりその高次元の覚醒状態を
 知覚できたひとは存在しません。
20件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ