-PR-
  • すぐに回答を!
  • 質問No.2284219
解決
済み

液晶のDSC測定

  • 閲覧数974
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 25% (3/12)

DSC測定において、1st heating時の結晶の融点が2nd cooling以降の等方性液体→液晶への転移点の温度より低くなる可能性はあるのでしょうか?また、どうしてそのようなことが起こるのか教えていただきたいです。

液晶性物質の結晶のm.p.は90℃なのにI→SmAは150℃なんです・・・。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 37% (3/8)

そのような観察をする場合、固体が溶けて液体にならないとダメですよね・・・。
偏光で見た場合、勝手に想像する昇温過程は、結晶のアップ→溶けはじめ→真っ暗な液体(等方相)→→液晶→→真っ暗な液体
といったとこだと思います。
融点と一致してるのでしょうか?
確かものによっては降温過程でしか液晶がでないものもあった気がします。
(液晶便覧というのにいろいろのってます)
液晶の発現温度にどれくらい幅があるのか昇温速度を
変えて観察してみては?
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ