総ありがとう数 累計4,284万(2014年10月24日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
ka-bu-

DSC測定において、1st heating時の結晶の融点が2nd cooling以降の等方性液体→液晶への転移点の温度より低くなる可能性はあるのでしょうか?また、どうしてそのようなことが起こるのか教えていただきたいです。

液晶性物質の結晶のm.p.は90℃なのにI→SmAは150℃なんです・・・。
  • 回答数1
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全1件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2006-07-18 23:08:42
  • 回答No.1
そのような観察をする場合、固体が溶けて液体にならないとダメですよね・・・。
偏光で見た場合、勝手に想像する昇温過程は、結晶のアップ→溶けはじめ→真っ暗な液体(等方相)→→液晶→→真っ暗な液体
といったとこだと思います。
融点と一致してるのでしょうか?
確かものによっては降温過程でしか液晶がでないものもあった気がします。
(液晶便覧というのにいろいろのってます)
液晶の発現温度にどれくらい幅があるのか昇温速度を
変えて観察してみては?
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数1
  • 気になる数0
  • ありがとう数1
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

  • easy daisy部屋探し・家選びのヒントがいっぱい!

-PR-
ページ先頭へ