OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

ホルモン補充療法

  • 暇なときにでも
  • 質問No.228173
  • 閲覧数642
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

20代で卵巣の手術を受け片方を取りました。
もう片方も卵巣嚢腫のため一部摘出手術を受けました。
基礎体温を計り排卵があるかどうかで卵巣が機能しているかを調べています。
もし排卵が無く低温期が続けばホルモン補充療法をするそうですが
術後一ヶ月半基礎体温を計りその間に排卵が無いと一生排卵は無く卵巣が機能しないままなのでしょうか?
ホルモン補充療法を受けるともう排卵する事は出来ないのでしょうか?
子供もつくることは不可能なのでしょうか?
もともとホルモン補充療法とは更年期障害の方などが更年期障害の症状を改善するためのものだと思うのですが、私の場合卵巣の一部がまだ残されているので少しの可能性でも卵巣を機能させ排卵し子供をつくりたいと思っています。
ホルモン補充療法を受けても大丈夫なのでしょうか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 38% (212/555)

更年期におけるホルモン補充療法とは、閉経しているために卵巣の機能が落ち、 正常にホルモンを出さなくなっているためにいろいろな症状が出るので、 ホルモンがきちんとでていたころ(生理がちゃんとあったころ)のような状態にホルモンバランスを持っていくことで、 そのような症状を改善しようというものです。 卵巣を一部摘出されているということですので、 そのために卵巣の機能が落ちていることが考えられます。 ...続きを読む
更年期におけるホルモン補充療法とは、閉経しているために卵巣の機能が落ち、
正常にホルモンを出さなくなっているためにいろいろな症状が出るので、
ホルモンがきちんとでていたころ(生理がちゃんとあったころ)のような状態にホルモンバランスを持っていくことで、
そのような症状を改善しようというものです。

卵巣を一部摘出されているということですので、
そのために卵巣の機能が落ちていることが考えられます。
(ホルモンが足りないなど。全く昨日しないということはないと思います。
卵巣は、二つあってホルモンをきちんと分泌して、正常の体の状態を保っているのが普通です。)
従って、ホルモンを補充することによって、
きちんと排卵されるようにするのだと思います。

私も一度、不正出血のために病院へ行き、
黄体ホルモンの薬をもらったことがありますよ。
ですので、子供が作る可能性を残し、
更にからだが健康にいられるようにホルモンを補充するのであって、
ホルモン補充療法を受けているから子供を作るのが不可能ということはありません。

排卵はけっこうストレスとかでもすぐになくなったりしますしね。
女性の体は繊細だということです。

Yahoo!などで「ホルモン補充療法」と入れて検索すると、
けっこうヒットしますよ。
お礼コメント
noname#4638

アドバイスどうもありがとうございました!
ホルモン補充療法とはそういうものなんですね。
私はてっきり全く機能しない卵巣の場合のみ必要な物だと思っていました。
ホルモン補充療法をしたからといって排卵が出来なくなるなど無いと知りとても
気分が楽になりました。
本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2002-03-03 21:38:52
  • 回答No.2

TOPページで「ホルモン 補充療法」あるいは「ホルモン 補充療法 卵巣」と入れて検索するといくつかHitしますので参考にしてください。 ご参考まで。 ...続きを読む
TOPページで「ホルモン 補充療法」あるいは「ホルモン 補充療法 卵巣」と入れて検索するといくつかHitしますので参考にしてください。

ご参考まで。
お礼コメント
noname#4638

ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-03-03 21:39:48
  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 55% (47/85)

妊娠する為には卵巣の卵とと子宮がひつようです! 卵巣のい働きが落ちると子宮が萎縮して妊娠しにくくなって また流産しやすくなります!働きが悪ければ、卵巣の ホルモンを補助して子宮の大きさを維持させて、妊娠したくなれば、排卵の有無を確認して、もし排卵しなければ排卵誘発剤や 性腺刺激ホルモンを注射となるでしょう! だから、むしろホルモン補充療法を受けましょう! ...続きを読む
妊娠する為には卵巣の卵とと子宮がひつようです!
卵巣のい働きが落ちると子宮が萎縮して妊娠しにくくなって
また流産しやすくなります!働きが悪ければ、卵巣の
ホルモンを補助して子宮の大きさを維持させて、妊娠したくなれば、排卵の有無を確認して、もし排卵しなければ排卵誘発剤や
性腺刺激ホルモンを注射となるでしょう!
だから、むしろホルモン補充療法を受けましょう!
お礼コメント
noname#4638

アドバイスどうもありがとうございました。
一度ホルモン補充療法を始めたら閉経する年齢になるまで続けないといけないのでしょうか?
自分の卵巣でホルモン補充療法をしなくても卵巣が充分機能できるようには
復活する事は無いのでしょうか?
一ヶ月半基礎体温をつけて排卵が無いという事だけで一生ホルモン補充療法を続けると思うと不安になります。
乳がん等の危険性も高くなると聞きました。
もしよろしければアドバイスよろしくお願いします。
投稿日時 - 2002-03-03 21:44:10
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ