OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

賃貸マンショントラブル・・・2

  • 暇なときにでも
  • 質問No.227784
  • 閲覧数222
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 57% (8/14)

給水ポンプが壊れお風呂にも入れなかった事。〔これは仕方ないと思いました。〕
そして今回 階下の部屋が水浸したらしく、私の部屋からではないのですが、
お宅の部屋の床をはがすから、今日の11時に居てくれ、不在にするなら勝手に入りますよ。と言われたので、私も我慢できず居ないのに勝手に入られるのは困ります!
と言ったら、じゃあ 11時は必ず帰ってきてください。の返事。
その間 水を止められてトイレもいけない状態
なぜ?うちの床剥ぐの? 下の部屋の天井剥げばいいのに?
もう精神的に限界きてます。引越しできるなら今すぐしたい。このようなトラブル続きの家なので、出るとき敷金全額戻してほしい
どなたか詳しい法律やアドバイス宜しくお願いします。

関連URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=227783
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

まず、この件に関しては、個人的に、大家さんの言動が、この文章どうりだったらあきれるばかりです。
ただ、はじめに、駐車場も込みでの賃貸という事であれば、契約の読みあわせや重要事項の確認の時点で契約のないように盛り込まれているかどうか確認はされなかったのでしょうか?もし、盛り込まれていなかった場合、仲介会社(仲介会社を当されていれば)に
そのことを話されたでしょうか?
それと、大家さんが、勤め先までやってくるというのは、よほどのことだと思います。
この件によってご主人のお勤め先での信用問題等に支障が出ているというのであれば、(実際にそれを証明できるのであれば)民法上でも問題になるはずです。
個人的なアドバイスとしては、まだ、そのマンションに住むつもりなら、今後、何か不都合があった場合には、まず、仲介会社(仲介会社を利用していれば)→
管理会社→大家さんという順序で連絡をして、対応の内容を記録(メール、テープ、MD等)をしておくことがよいと思います。
また、敷金というものは、転居されたあと、部屋のリフォーム等の費用に当てられるので全額は戻ってこないほうが多いです。(私の場合、まず借りた当時の入居前の状況を写真撮影しておきます。これによって最初からの傷等を日時入りで記録できますから。また、
仲介の会社に写真撮影の時点で立ち会っていただき記録をとりまして、大家さん、私、仲介会社で保管していただきます。)
只この方のケースの場合今のお住まいに住んでいること事態が苦痛だと思いますので、個人的には、移られたほうがよいのではないかと思います。
学校の関係や諸事情でお引越しが不可能な場合、都庁
(東京都ではない場合県庁)の住宅局に相談にあがるのが、よいのではないかと思います。
(住んでいて苦痛の住まいに帰るには、ご主人も、日中いらしゃる奥様、お子さんの環境にもよくないと思いますので・・・・)
この方の苦痛がなくなればよいなと思います。
お礼コメント
berurunn

お礼率 57% (8/14)

ありがとうございます。
本当に私も世の中に、こんな人がいるのかと思うほどあきれるばかりです。

今回の水漏れはお風呂の水道管のつなぎめからの原因でした。〔パイプとパイプがつながっていないのに、テープで巻いていた。水道業者のミス〕
そのために、床したが現在水浸し状態〔天井から水漏れしているので、水がきれるまで、クロス張り替えられない〕階下の方は住めない状態で、引越しするみたいです。 水浸し状態?カビ発生!健康に悪影響?
こんなに問題ある大家・マンションです。
投稿日時 - 2002-03-03 09:43:35
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 36% (76/208)

(1)部屋への立入について…火事の場合などのように、緊急的でやむを得ない場合を除き、貴方の部屋には貴方や家族などの許可した人以外立ち入ることはできませんが、その点、相手方の趣意は「勝手に入ってもいいか?」というもので、「ダメだ」と応答して終わっているので、必ずしも不当な言動とは言い難いと思います。となると、建物管理に対して協力すべきかどうかという次のような点が問題になると思います。 (2)なせウチの床剥 ...続きを読む
(1)部屋への立入について…火事の場合などのように、緊急的でやむを得ない場合を除き、貴方の部屋には貴方や家族などの許可した人以外立ち入ることはできませんが、その点、相手方の趣意は「勝手に入ってもいいか?」というもので、「ダメだ」と応答して終わっているので、必ずしも不当な言動とは言い難いと思います。となると、建物管理に対して協力すべきかどうかという次のような点が問題になると思います。
(2)なせウチの床剥ぐの?について…階下の漏水なので、雨漏りというより貴方の生活排水などのリークが考えられるという経緯が拝察されます。この場合、ある程度の協力はやむを得ないと思いますが、先に天井を剥いだのかどうかを確認し、その上で貴方の床を剥ぐ合理的な理由の説明を求め、必要と認められればある程度の範囲で協力するようにすれば貴方自身も納得できるのではないですか? なぜなら、ご自身のところに同様の被害が起きて、またはご自身が管理者であった場合には同じ行動をすると考えられるからです。
 以上の件は、どちらかというと法律を言動の規準とする以前の問題のような気がします。ひとつひとつ、筋を通し通してもらい、自分でも納得しながら解決していけば物事精神的に限界にくることはないと思います。このような問題は共同住宅に住む上である意味必然といわなければならないかも知れず、その意味では引越しをしても同じようなことは起きてしまう可能性大です。とくに、敷金返還は別の問題なので、筋を通す意味では、貴方自身が今回の問題にこれを絡めてはいけないと思いますが、いかがでしょう。 


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 36% (76/208)

 駐車場が借りられなかったことと、大家との犬猿の仲は、別の問題ですね? そして、管理者が大家かどうかわかりませんが、ガスの問題もその意味別の問題のような気がしますので、感情的にならず、ひとつひとつ分けて処理をしていったほうがいいと思います。  最終的には、契約自由の原則に基づき、そのマンションを離れていくようにしたほうが健康的なような気がします。 ...続きを読む
 駐車場が借りられなかったことと、大家との犬猿の仲は、別の問題ですね? そして、管理者が大家かどうかわかりませんが、ガスの問題もその意味別の問題のような気がしますので、感情的にならず、ひとつひとつ分けて処理をしていったほうがいいと思います。
 最終的には、契約自由の原則に基づき、そのマンションを離れていくようにしたほうが健康的なような気がします。
お礼コメント
berurunn

お礼率 57% (8/14)

ありがとうございます。犬猿の仲になる気はないのです。
ただ あまりにも嫌がらせとしか取れない行動なので、
>契約自由の原則に基づき、そのマンションを離れていく
一つの提案として考えてみます。

アドバイスありがとうございました。
投稿日時 - 2002-03-02 11:48:31
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 31% (49/155)

マンション等の共同住宅は構造上の点から、自分に責任がない場合でも床をはがしたりして内部の点検の協力する必要が生じます。これは致し方ないことと思います。ただこちらの意向も聞かずに勝手に時間を指定するのは常識外の行動と思います、それが特別な事情でその時間しか点検すること(例えばその時間しか不都合な状態が現れたりすること)できない場合以外は問題にしても良いと思います。 時間を指定してきたのは?工事業者ではない ...続きを読む
マンション等の共同住宅は構造上の点から、自分に責任がない場合でも床をはがしたりして内部の点検の協力する必要が生じます。これは致し方ないことと思います。ただこちらの意向も聞かずに勝手に時間を指定するのは常識外の行動と思います、それが特別な事情でその時間しか点検すること(例えばその時間しか不都合な状態が現れたりすること)できない場合以外は問題にしても良いと思います。
時間を指定してきたのは?工事業者ではないのですか?
工事業者であれば管理会社に、また管理会社であればオーナーに苦情をいうべきです。
迷惑を蒙ったのであれば、損害金を請求しては如何ですか?

ただ敷金はその性格上、預かり金ですのでその理由の為に全額返還してもらうのは無理と思います。
契約書におそらくその旨記載されていると思いますので。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
家選びの決め手、契約時に気をつけたこと。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ