OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

領収印紙について

  • 困ってます
  • 質問No.227396
  • 閲覧数6817
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

領収書金額が3万円を超える時、領収書に
印紙を貼りますが、たとえば5万円のハイ
カを買った場合に2万5千円の領収2枚に
分けてもらとか、印紙をはらなくても良い
ような形にするのは、よいのでしょうか?
よいと思うのですが、確信がないので。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数7
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.7

この問題で、いろいろと意見が出ていますが、結論は、領収書をどの様に分けて発行しても脱税にはならず、問題ありません。
この件については、以前、税務署に問い合わせて、その様な回答を貰っています。

手形発行などの場合、印紙税額が大きいことから、分割発行の効果が大きく、かなりの事業所で実行しています。
お礼コメント
noname#13418

ありがとうございました。
私も税務署の方へ問合せてみましたら、
同様のことを言っていました。
結局、その領収書の金額にかかる印紙なので
その中身が36,000円の売上のうちの
いくらであるかは関係ないのだとか。

勉強になりました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-03-04 17:33:03
-PR-
-PR-

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 48% (23/47)

「収入印紙」のことですね。 契約が成立するかどうか、領収書として有効か、という意味であるのであれば、問題ないと思います。印紙が貼っていない3万円以上の領収書も、領収書としては何ら問題はありません。すなわち、買った方はどちらでも良いと思われます。 しかし、売った方と税務署との関係はどうかな?と思います。 3万円以上の高額の商品が多いのに、領収書(の控え)は3万円未満のものばかりだったりしたら・・・ ...続きを読む
「収入印紙」のことですね。
契約が成立するかどうか、領収書として有効か、という意味であるのであれば、問題ないと思います。印紙が貼っていない3万円以上の領収書も、領収書としては何ら問題はありません。すなわち、買った方はどちらでも良いと思われます。

しかし、売った方と税務署との関係はどうかな?と思います。
3万円以上の高額の商品が多いのに、領収書(の控え)は3万円未満のものばかりだったりしたら・・・・・税務署に目を付けられ、場合によっては、悪質な印紙税の脱税として摘発されかねないような気がするんですが・・・。
補足コメント
noname#13418

そこなんですよね、脱税行為になるのかどうか?
でも、金額は分割して領収書を出してもよいと
いうことなら、OKですよね。
それに、金額せいぜい数千円の話ですし。しかし
確証がもてない。
投稿日時 - 2002-03-01 18:55:36
  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 印紙税を節税するために、ご質問のような形で領収書を分けて発行することは、問題がありません。しかし、領収書を受け取る人が、「一枚で」言った場合には、一枚の領収書に200円の印紙を貼付することになります。 ...続きを読む
 印紙税を節税するために、ご質問のような形で領収書を分けて発行することは、問題がありません。しかし、領収書を受け取る人が、「一枚で」言った場合には、一枚の領収書に200円の印紙を貼付することになります。
お礼コメント
noname#13418

ありがとうございます。
例えば、40,000円の商品を売り上げることが多いという場合に、常に20,000円の領収書を2枚発行していても税法上はOKなのでしょうか?(受取人が総額でほしいといわない限り)
投稿日時 - 2002-03-02 09:20:05
  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 48% (23/47)

私法上は分割して領収書を出しても、契約としては構わないと思うのです。 ただ、税法上はまた別の話だということだと思います。 推測ですが、国税局(税務署)の相談センターに問い合わせたとすれば、相当高い確率で「ダメです」という答えが返ってくるのではないでしょうか? ただ、その場合でも、たかが数百円のものを、一々税務署が摘発するかどうかはわかりませんが。 ...続きを読む
私法上は分割して領収書を出しても、契約としては構わないと思うのです。
ただ、税法上はまた別の話だということだと思います。
推測ですが、国税局(税務署)の相談センターに問い合わせたとすれば、相当高い確率で「ダメです」という答えが返ってくるのではないでしょうか?
ただ、その場合でも、たかが数百円のものを、一々税務署が摘発するかどうかはわかりませんが。
お礼コメント
noname#13418

ありがとうございます。
ちなみに、うちの会社では6,000万の入金があったときなどは、顧客の了解を得て、4,000万と2,000万に領収書を分け印紙税の節約をしたりします。
同日日付だと、見る人が見れば印紙税の節約だってわかると思うのですが、これは税務署側としては目をつぶる範囲ではないのでしょうかね。・・・ん~疑問です。
投稿日時 - 2002-03-02 09:26:41
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 No1です。印紙税法は、作成された文書=領収書 に対して、課税か非課税かの判断がされますので、2万円の領収書には印紙税法では収入印紙が非課税になりますから、脱税行為とはならないと思います。
 No1です。印紙税法は、作成された文書=領収書 に対して、課税か非課税かの判断がされますので、2万円の領収書には印紙税法では収入印紙が非課税になりますから、脱税行為とはならないと思います。
  • 回答No.5
レベル8

ベストアンサー率 48% (23/47)

印紙税法の解釈権限が私にあるわけではないのですが、税務署の怖い慎重派より、もう一度だけ。 印紙税の課税に関する判断が、すべて形式的な領収書の額面によってのみなされるとするならば、手間を惜しまない限り、どんな高額な物品の売買でも、小額の領収書を多量に作成すればいいことになり、実質上、印紙税法自体が意味のないものになってしまいます。 法解釈論上も、徴税実務上も、税務署がそのような事態を完全に許すとは考えに ...続きを読む
印紙税法の解釈権限が私にあるわけではないのですが、税務署の怖い慎重派より、もう一度だけ。
印紙税の課税に関する判断が、すべて形式的な領収書の額面によってのみなされるとするならば、手間を惜しまない限り、どんな高額な物品の売買でも、小額の領収書を多量に作成すればいいことになり、実質上、印紙税法自体が意味のないものになってしまいます。
法解釈論上も、徴税実務上も、税務署がそのような事態を完全に許すとは考えにくく、「実質的な脱税行為」であると税務署に判断される場合がどこかにあるような気がしてなりません。
お礼コメント
noname#13418

貴重な意見をありがとうございます。
結局、税務署へ問合せたのですが、全く
問題がないようです。
実例をあげて2通に分割して領収書を
発行してもよいか?と問い合わせたところ
それは問題ない。脱税にはあたらない。
とのことでした。
投稿日時 - 2002-03-04 17:45:44
  • 回答No.6
レベル11

ベストアンサー率 45% (175/383)

ご質問のケース(ハイカ)のように給付が分割可能であり、矛盾は生じませんので良いのではないかと考えます。 ただ、税務署においては課税文書を審査するに際し「実態重視」を採用しているとのことですから給付が不可分であるものに対する領収書が細かく分割されているというのは脱税に相当するのではないでしょうか。 >うちの会社では6,000万の入金があったときなどは、顧客の了解を得て、4,000万と2,0 ...続きを読む
ご質問のケース(ハイカ)のように給付が分割可能であり、矛盾は生じませんので良いのではないかと考えます。

ただ、税務署においては課税文書を審査するに際し「実態重視」を採用しているとのことですから給付が不可分であるものに対する領収書が細かく分割されているというのは脱税に相当するのではないでしょうか。

>うちの会社では6,000万の入金があったときなどは、顧客の了解を得て、4,000万と2,000万に領収書を分け印紙税の節約をしたりします。

これに関しても同様のことが言えると考えます。
全く別物である4,000万円の給付と2,000万の給付に対する対価を同時期に受け取った場合には領収書の金額はそれに応じた額で分割しても良いと思いますが、6,000万の物品に対する代金を受け取った場合の領収書は分割不可と考えます。

#1の補足の
>40,000円の商品を売り上げることが多いという場合に、常に20,000円の領収書を2枚発行していても税法上はOKなのでしょうか?

違法行為ではないでしょうか。


ちなみに、印紙税法上の不備と文書の法的効力とは全く関わりがありませんので印紙の有無にかかわらず法的効力は有効です。

下記のURLですが、紹介する文書の(印紙税法の)号数は異なりますが参考になるのではないかと考えます。出典もはっきりしていますし。
お礼コメント
noname#13418

そうですよね。違法行為だと思いますよね。
しかし、いいそうです。結局税務署としては、
領収書の金額について印紙がちゃんと貼られて
いるかという点が問題になるようで・・・。
実例を出して、「3万6千円の領収書を発行す
る際に、印紙税がかからないように2万5千円
と1万1千円に領収書を分割してもよいか?」
と聞いたところ「それはよい」との答えが返っ
てきたのです。ん~勉強になりました。
投稿日時 - 2002-03-04 17:42:44
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ