OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

‘小雨花’の、読みと意味

  • 困ってます
  • 質問No.227109
  • 閲覧数711
  • ありがとう数20
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 80% (4/5)

「小雨花」の読みが判らず、困っています。
ネットで検索をかけても、見あたりません。
実際に存在する花の名前なのか、
或いは何かの文学的表現なのかも不明です。

教えて頂けると助かります。宜しくお願い致します。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 61% (647/1050)

 
  中国語の詩(漢詩)に色々出てくるということは、そういう言葉・表現が伝統的にあるということです。
 
  漢和辞典をひくことを忘れていました。漢和辞典では、「小雨花」は無論出てきませんが、「雨花」は出てきます。四つほど意味があるようです。
 
  1)雨が降るように、散って行く花
  2)雨のなかの花
  3)雪
  4)南京市南方の地名。雨花台
 
  「小」は何にかかっているかです。「雨」か、「雨花」かで少し意味が違って来ます。4の場合は違うとして、文脈で、1から3のどれかになると思います。また、その意味からの派生的な意味も含意すると思います。
 
  読み方は、漢字で熟語としてありますから、「しょううか」でしょう。(あるいは、個人乃至特定の場面で、「花」の名前として使っている可能性もありますが、「雪花」が、「雪」または「雪のように白い花」であるように、「雨のなかの花」という感じでしょう。……「雪花」は、日本語として、「雪花菜」で、「おから・うのはな」の意味ですが)。
 
お礼コメント
onkel

お礼率 80% (4/5)

 たぶん比喩的に(2)に意味で用いられたのであろう…と理解することにしました。

 漢詩に色々出てくる伝統的な表現であるなど、思いもよらぬことでした。
恥ずかしながら「紫陽花かカスミソウの別名かな…?」程度に考えておりましたから、
当初考えていた以上に深い意味合いを含んだ表現であることに、大変驚いています。
改めて、無知は恥ずべき事…と教えられました。

 二度も回答して下さり、心よりの感謝を申し上げます。
投稿日時 - 2002-03-03 18:25:20
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 50% (5405/10617)

中国語にはあるようです。 意味だけはわかりましたので、お知らせします。 小雨花→Drizzle is coloured →霧雨は着色される でも、直訳ではない意味がありそうです。 『小雨、花冷え』といった感じでもないのでしょうか? ...続きを読む
中国語にはあるようです。

意味だけはわかりましたので、お知らせします。

小雨花→Drizzle is coloured →霧雨は着色される

でも、直訳ではない意味がありそうです。

『小雨、花冷え』といった感じでもないのでしょうか?
お礼コメント
onkel

お礼率 80% (4/5)

花の名前でも、何かの花の文学的表現でも無い、という事ですか....。
中国語....直訳ではない意味....う~ん、ますます脳みその迷宮に。

 早速の回答を下さり、心よりの感謝を申し上げます。
投稿日時 - 2002-03-01 18:48:52
  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 61% (647/1050)

    中国語の詩では、たくさん出てくるのですがページを開くと、違う文字になってしまいます。どうも、文字コードが違うようです。(また、これは、「花」のことではないと思います。「霧雨の花」で、雨の状態というか風情のことだと思います)。     二つの可能性があると思います(もっと可能性がありますが)。     一つは、誰かの造語か、または昔そういう表現があったのかも知れません。その場合、日本語です ...続きを読む
 
  中国語の詩では、たくさん出てくるのですがページを開くと、違う文字になってしまいます。どうも、文字コードが違うようです。(また、これは、「花」のことではないと思います。「霧雨の花」で、雨の状態というか風情のことだと思います)。
 
  二つの可能性があると思います(もっと可能性がありますが)。
 
  一つは、誰かの造語か、または昔そういう表現があったのかも知れません。その場合、日本語です。(あるいは、特殊な植物の別名で、そういう花の名があるのかも知れません)。
  読み方は、この場合、「こさめばな」か、「しょううか」か、そのあたりのはずです。
 
  中国語だとすると、意味がよく分かりません。上に述べたような感じです。他方、「雨花」という地名と思える言葉が南京にあり、「雨花石」「雨花茶」などが名産としてあるようです。参考URLは内容が消える可能性がありますので、大体の説明を写すと、「雨花石」というのは、煙草のことで、軽い感じの吸い心地だそうです。「雨花茶」というのは無論お茶のことで、緑茶だそうです。
  >雑誌 01.04 特集2 南京-2
  >http://www.shwalker.com/database/maga_200104/toku2-2.htm
 
  小雨花は、地名か、お茶の一種か、この場合分かりません。「小雨花」は、多分、北京音だから違っているでしょうが、「シャオ・ユイ・フア」というような発音です(四声は無視して)。霧雨の降る風情も、同じ読み方です。
 
お礼コメント
onkel

お礼率 80% (4/5)

 南京の雨花台と雨花石、雨花茶は、真っ先に調べましたが、関連無さそうでした。
そこで「植物の別名」か「文学的表現」と思い込み、袋小路に迷い込んでしまいました。
「霧雨の降る風情」と、「その情景を引用した日本語表現」の可能性もあるのですね。

 丁寧なお答え、本当にありがとうございます。
投稿日時 - 2002-03-02 03:24:46
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ