OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

個人事業でも健康食品の受託製造の契約できますか?

  • 困ってます
  • 質問No.225557
  • 閲覧数239
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 44% (4/9)

はじめまして、自分は化粧品販売(1品のみ)の自営をしています。創業2年半で年商1000万円。見込み客5000人、顧客を1000人もっています。リピート率80%ぐらいです。そして、お客様から健康食品も取り扱ってほしいとの要望があり、色々検討しているのですが、これといっていいものがありません。それだったら自社製品をと考えていますが、自営なので、製造会社と取引はどうかと思います。取引するには法人がいいのでしょうか。合資会社などでも大丈夫でしょうか。アドバイスよろしくお願いします。 まとまらない質問ですみません。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 36% (76/208)

 個人事業から法人事業にする意義はいろいろですが、私的には一番のポイントは個人リスクの回避であると思っています。個人で事業活動上の種々の負債を抱えるようになると、個人として事業を辞めたくなっても辞められず、個人としての責任で事業をしていかなければなりません。  しかし、事業をすることがバクチのようなものであれば起業することが躊躇され産業は振興されないこととなり、そのような理由もあって今日の有限責任会社の ...続きを読む
 個人事業から法人事業にする意義はいろいろですが、私的には一番のポイントは個人リスクの回避であると思っています。個人で事業活動上の種々の負債を抱えるようになると、個人として事業を辞めたくなっても辞められず、個人としての責任で事業をしていかなければなりません。
 しかし、事業をすることがバクチのようなものであれば起業することが躊躇され産業は振興されないこととなり、そのような理由もあって今日の有限責任会社の制度は展開しています。
 その意味、ある程度事業が発達していくときには、できるだけ有限会社なり株式会社などの形態をもった会社組織にして、その主体の名のもと全力投球されることがおすすめです。ただし、金融機関融資などでは、会社の負債を個人が連帯保証することが追例になっており、事実上個人リスクに基づいた事業活動は依然として根深いものがあるようです。


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ