OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

確定申告は必要?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.225321
  • 閲覧数43
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 72% (8/11)

こんにちは。
現在、普通のサラリーマンをしていますが、
仕事が、めちゃめちゃ暇です。そこで、
アルバイトでもしようと思っていますが、
来年の、今ごろに確定申告しなければならないのでしょうか?
バイト代が、年間いくら以下だと
する必要はないとかって、あるのでしょうか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

サラリーマンが、本業の給与所得以外に収入がある場合、その収入が給料で有っても事業などの所得であっても、1月から12月までの1年間の副業の収入合計が20万円以下なら、申告する必要は有りません。

このように、サブの給料が20万円以下なら、申告する必要は有りませんが、サブの給料の場合、「扶養控除等申告書」は一か所して提出できないので、源泉税が高く引かれます。
この場合は、確定申告をすれば、源泉税が戻ってきますから、確定申告をしたほうが所得税は有利です。

#1の
>会社の給料以外の副業で、給与収入がある場合には、副業の給料の額にかかわらず確定申告をする必要があります

これは、間違っています。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 給与収入者が、会社の給料以外の副業で、給与収入がある場合には、副業の給料の額にかかわらず確定申告をする必要があります。又、本業の所得以外の種類の所得がある場合、例えば事業収入等がある場合には、その副業の所得額が20万円までは確定申告をする必要がありません。20万円を超える場合には、確定申告が必要となります。
 給与収入者が、会社の給料以外の副業で、給与収入がある場合には、副業の給料の額にかかわらず確定申告をする必要があります。又、本業の所得以外の種類の所得がある場合、例えば事業収入等がある場合には、その副業の所得額が20万円までは確定申告をする必要がありません。20万円を超える場合には、確定申告が必要となります。
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 No1です。名指しで指摘を受けましたので、確認をした結果先の回答に誤りがありましたので、訂正をさせていただきます。失礼いたしました。  (1)給与を1ヶ所から受けていて、給与所得や退職所得以外の各種副業の所得金額の合計が20万円を超える場合 (2)給与を2ヶ所以上からもらっていて、年末調整がされていない給与の収入金額と、給与所得や退職所得以外の各種所得金額との合計額が、20万円を超える場合 に確定 ...続きを読む
 No1です。名指しで指摘を受けましたので、確認をした結果先の回答に誤りがありましたので、訂正をさせていただきます。失礼いたしました。

 (1)給与を1ヶ所から受けていて、給与所得や退職所得以外の各種副業の所得金額の合計が20万円を超える場合 (2)給与を2ヶ所以上からもらっていて、年末調整がされていない給与の収入金額と、給与所得や退職所得以外の各種所得金額との合計額が、20万円を超える場合 に確定申告が必要になります。

 したがって、本業が給与所得ですので、副業の所得が20万円を超える場合には、確定申告が必要となりますが、所得額が20万円までの場合には、確定申告は必要がありません。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ