OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

プリザーブドって・・・

  • 困ってます
  • 質問No.224193
  • 閲覧数245
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (1/2)

今流行のプリザーブドのドライフラワーですが、お店の説明等では人体無害なオーガニックを注入とかってありますが、ホントに安全なのでしょうか?
一体何を注入してるんでしょうか、グリセリンと表示しているお店はあったのですが、グリセリンとオーガニックとは違うのでしょうか?
気になってしかたありません。(グリセリンもよく知らない)
ブーケを頼むにあたって悩みの種です。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル5

ベストアンサー率 60% (3/5)

プリザーブドフラワーを扱っている小売店の者です。
私のわかる範囲でお答えさせていただきます。
プリザーブドフラワーは現在フランス産かコロンビア産の輸入品で、日本では私の知る限り製造されていませんので詳しい製造方法まではわからないのですが、「環境に配慮し、オーガニックを使用して人体に害のないように加工されている」のがプリザーブドフラワーの特徴でありウリと言えます。プリザーブ加工する際には生花の段階で色を抜いてしまい、後に着色料を吸い上げさせているようです。もちろん食用ではないので口にしてはいけないでしょうが、今までのところプリザーブドを扱っている業界内では「手に持ってかぶれた」とか「ジンマシンが出た」などの報告は聞いたことはありません。
アレンジメントする際に着色料が手につくことはよくありますが、それで皮膚があれたことなども今までありません。
kentyaさんが気になさっているのは「人体に害のある薬品が使われているのではないか」ということでしょうか?それとも皮膚が弱くてかぶれてしまうのではないかといった心配をされているのでしょうか?
保存加工のための詳しい薬品まではわかりませんが、基本的に有害な化学薬品などは使われていないようですし、ブーケにする場合はステム(手で持つ柄の部分)はワイヤーをリボンで巻いた状態なのでプリザーブドフラワーを直接触って持つことはありません。
プリザーブドはここ数年で注目され出した新しい分野のお花ですので、正直なところまだまだ情報不足な点が多々あります。しかし、ウェディングブーケには最適の花材には違いありませんのでぜひ素敵なブーケを作っていただきたいと思います。
お礼コメント
kentya

お礼率 50% (1/2)

すごーい。こんなに詳しく教えて頂き、ありがとうございます。
アレルギー体質の彼女なので気になっていましたが、これで安心しました。
それにしても人間は、いろいろな物を考えますねー。本物の花って聞いてびっくりでした。
投稿日時 - 2002-02-27 23:45:08
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 35% (455/1268)

オーガニックというのは「生物由来の」という意味だと思います。違いは分かりませんが、グリセリンというのはアルコールの一種で、動植物の体にも糖分として含まれています。人体には害はありません。
オーガニックというのは「生物由来の」という意味だと思います。違いは分かりませんが、グリセリンというのはアルコールの一種で、動植物の体にも糖分として含まれています。人体には害はありません。


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ