OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ホルモン焼き

  • 暇なときにでも
  • 質問No.223430
  • 閲覧数807
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 82% (32/39)

焼肉の「ホルモン」と「とんちゃん」の違いを教えてください。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 17% (993/5831)

ごきげんいかがですか?neterukunです。
大阪人です。「とんちゃん」という言葉は知りません。
おそらく「ホルモン」焼きと同じものででしょう。

「ホルモン」のごげんは「すてるもの」=「ほる(すてる)もん(もの)
で間違いはありません。
捨てるような内臓を焼くものです。
胃=ミノ、センマイ、腸=テッチャン、アバラ=カルビ、バラ、
肝臓=キモといいます。
内臓ではないですが、肩=ロース、舌=タンなども
最近はホルもんやさんにありますね。
「とんちゃん」は上記ノ「ミノ」や「バラ」とかよばれていますか?
だったとしたら同じではないでしょうか?
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 31% (30/96)

ホルモンは「牛」、とんちゃんは「豚」と言ってる人もいますが、私は同じような(どっちも牛)気がします。
ホルモンは「牛」、とんちゃんは「豚」と言ってる人もいますが、私は同じような(どっちも牛)気がします。


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 50% (5405/10617)

『ホルモン』は関西弁で、捨てるもの(ほる=ほかす・捨てる、もん=もの)という関西弁です。 『とんちゃん』は、語源やいわれはわかりませんが、中部地方で呼ばれていて、「ホルモン」と同じものだと思います。 元々は豚の内臓のことを、『とんちゃん』と呼んだと聞いたこともあります。 『ホルモン』のほうが、一般的に使われるようになっただけで、どちらも牛・豚の内臓のことだと思いますよ。
『ホルモン』は関西弁で、捨てるもの(ほる=ほかす・捨てる、もん=もの)という関西弁です。

『とんちゃん』は、語源やいわれはわかりませんが、中部地方で呼ばれていて、「ホルモン」と同じものだと思います。

元々は豚の内臓のことを、『とんちゃん』と呼んだと聞いたこともあります。

『ホルモン』のほうが、一般的に使われるようになっただけで、どちらも牛・豚の内臓のことだと思いますよ。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ