OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

植物体中のフェノール類について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.222324
  • 閲覧数809
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 14% (8/54)

 植物体(できれば樹木の樹皮や根皮)中のフェノール類について知りたいのです。具体的にいうと、1)どのような種類のものがあるのか? 2)それらはどのような部分に分布しているのか?(細胞レベルでも組織レベルでも。) 3)それらはどのような性質か?(特に水に対して易溶性か難溶性か?)
 というようなことです。なかなかこれといった文献に行き着きません。情報お待ちしています。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 31% (27/86)

木材化学や樹木生理学は専門じゃないので、以下の解答はあまりお役に立てないかもしれません。

リグニンについては、樹幹を横断面で見る時に周辺部の淡色の層にあたる辺材(sap wood)よりも、中心部の着色している層にあたる心材(heart wood)に多く含まれています。リグニンは水に対して難溶性(不溶性?)なので、木材からセルロース(正確にはホロセルロース)を取り出すときには、リグニンを塩素化(確か亜塩素酸塩法を用いる)して、リグニンをバラバラにしてセルロースを取り出します。
リグニンを植物体にあるがままの状態(プロトリグニン:protolignin)で単離するのは不可能と言われています。リグニンの抽出には、セルロース分解酵素リグニン(CEL:cellulotic enzyme lignin)や磨砕リグニン(MWL:milled wood lignin)が用いられているようです。

なおリグニンは一部のヘミセルロースと結合(LCC:lignin carbohydrate complexes→リグニン炭水化物複合体)していて、以上の方法での抽出にも限界があるみたいです。

針葉樹材の仮道管の細胞壁は、I,P,S1,S2,S3の各層で構成されていて、この内のI層とP層(複合細胞間層:compound middle lamella)は二次壁に比べて2.5~3.5倍のリグニンを含んでいます。

リグニンはグアイアシルリグニン・シリンギルリグニン・p-ヒドロキシフェニルリグニンの3種から成り立っていると言われています。グアイアシルリグニンはコニフェリルアルコールの脱水素重合体、シリンギルリグニンはシナピルアルコールの脱水素重合体、p-ヒドロキシフェニルリグニンはp-クマールアルコールの脱水素重合体です。

【以下は、私の勝手な考えです。】
樹皮におけるリグニンの存在の有無は分りませんが、樹皮も心材と同じで死細胞であるから、木化(lignification)してリグニンが多量に存在しているとも考えられます。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1

どのような観点からの質問でしょうか・・・? ポリフェノール・リグニン・生薬・・・・? それともレポートでしょうか・・・??? 補足お願いします。 ...続きを読む
どのような観点からの質問でしょうか・・・?
ポリフェノール・リグニン・生薬・・・・?
それともレポートでしょうか・・・???

補足お願いします。
補足コメント
kbm

お礼率 14% (8/54)

主にポリフェノールの観点からです。植物体から何種類かの溶媒(水やアルカリ)で抽出を行い、スペクトルを測定しているところなのですが、スペクトルがそれぞれ異なるのには、どんな物質が関与しているのかを検討しているところです。これで、補足になっていますでしょうか?
投稿日時 - 2002-02-22 13:46:27


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

MiJun さんもお書きですが,目的は何でしょうか?  ご質問内容にまともに答えると,ここには書ききれません(多分)。取り敢えず図書館に行って,「天然物化学」,「植物化学」,「植物生理学」,「植物病理学」等の成書をご覧になって下さい。一通りの事はのっていると思います。
MiJun さんもお書きですが,目的は何でしょうか?

 ご質問内容にまともに答えると,ここには書ききれません(多分)。取り敢えず図書館に行って,「天然物化学」,「植物化学」,「植物生理学」,「植物病理学」等の成書をご覧になって下さい。一通りの事はのっていると思います。
  • 回答No.3

MiJunです。 何か特殊な樹木なのでしょうか? 以下の成書には記載があるでしょうか・・・(内容未確認!)? ============================== Flavonoids and other polyphenols/Academic Press/2001  Plant polyphenols :/Plenum Press/1992  =================== ...続きを読む
MiJunです。
何か特殊な樹木なのでしょうか?
以下の成書には記載があるでしょうか・・・(内容未確認!)?
==============================
Flavonoids and other polyphenols/Academic Press/2001 
Plant polyphenols :/Plenum Press/1992 
==============================
木材学会誌等のバックナンバーは調べられたのでしょうか・・・?

特定の樹木であれば、文献検索された方が速いいのではないでしょうか・・・?

樹木等を明らかに出来るのであれば、補足お願いします。
  • 回答No.4

MiJunです。 以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか? 「森林総研:樹皮タンニンの多彩な機能と用途開発」 補足お願いします。 ...続きを読む
MiJunです。
以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「森林総研:樹皮タンニンの多彩な機能と用途開発」

補足お願いします。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ