-PR-
mikamelon

次のような実験を行いました。
1.塩化ナトリウム標準液を用いて、モール法で硝酸銀標準液の濃度を  標定する。
2.1で標定した硝酸銀標準液を用いて、ファヤンス法で水道水中の塩  化物イオン濃度を標定する。
そこでいくつか疑問の思ったことがあります。
(1)硝酸銀標準液は、なぜ濃度標定する必要があるのか。ラベルに書いて 濃度を用いてはいけないのか。
(2)ファヤンス法で、強い酸性溶液を用いた場合、どのような影響がある のか。
(3)この実験で、塩化銀と硝酸銀の溶解度は求めることは可能か。可能な らば、どのようにすれば求められるのか。
色々質問してすみませんが、回答待っています。
  • 回答数1
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全1件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2006-06-16 21:13:44
    • 回答No.1
     レポート課題では、という疑問が消えないので、ヒントだけ。特に、困り度3ということだと、その匂いが強くしますので。

    (1) 標定する試薬は、放置していると、その力が落ちるからです。落ちる理由は、水酸化ナトリウム水溶液なら、空気中のCO2と反応して中和されるからです。この場合は、中和反応ではなく、・・・
    (2) 生成した沈殿は、強い酸と反応して・・・
    (3) 溶解度は、粉末を実際に溶かさないと計算できません。この場合、全て水溶液なので。
     溶解度ではなく、溶解度積でしょうか。
    お礼コメント
    ありがとうございます。いや、疑ってしまうような質問ですみません。
    投稿日時 - 2006-06-16 22:27:59
    • ありがとう数0
    • 回答数1
    • 気になる数0
    • ありがとう数1
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ