解決済みの質問

質問No.2179225
暇なときにでも
暇なときにでも
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数2
閲覧数979
親指ミュートが出来ないのはカッティングで致命的?
ギターでカッティングの練習をしています。
「全部の弦を鳴らすが、鳴らしたくない弦はミュートしろ」と教則本にあり、「低音弦は親指でミュート」とも書いてあったのですが、僕の場合問題がありました。

教則本によれば親指の腹で6弦と5弦をミュートするらしいのですが、僕の親指は間接があまり曲がらないために6弦のミュートが精一杯で、5弦のミュートが出来ないんです。これはカッティング奏法において結構痛い問題なのでしょうか?あるいはなにか他の解決策はありますでしょうか?

皆様の知恵をお貸しください、よろしくお願いします。
投稿日時 - 2006-05-27 22:53:04

質問者が選んだベストアンサー

回答No.1
何の問題もないです。
解決策はまず、5,6弦のほうを弾かないようにすることです。
もうひとつは、親指で6弦をミュート、4弦を押さえている指先を5弦に触れてミュート。
4弦を押さえてない場合(Dなど)は、余っている指を伸ばして5弦をミュート、で問題ないと思いますが・・・
投稿日時 - 2006-05-28 00:35:40
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)

ベストアンサー以外の回答 (1)

回答No.2
カッティングのスタイルにはいろいろなものがあります。 軽いノリを作りたい場合などは、低音弦側を鳴らさないようにして、高音弦側だけでカッティングを行うこともよくあります。 その場合、敢えて低音弦をピッキングしないようにするケースも多いでしょう。 総てのケースで、総ての弦をピッキングする必要はないといえます。
鳴らしたくない弦をミュートすることは大切なことではあると思いますが、余計な弦はピッキングしないようにピックをコントロールするとか、別の方法でミュートをかけるなど、親指でカバーできないことについては、工夫をして対処するのが良いでしょう。

親指で5弦までミュートをかけられることは、その分ミュートする方法の選択肢が多くなるのも事実ですが、それができないからと言って致命的な問題とはいえないでしょう。 一つ選択肢が狭くなるくらいと意識しておけばよいと思います。 またそれについては、工夫次第で別の方法を使って十分補えるとも思います。

参考まで。
投稿日時 - 2006-05-28 03:57:06
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
この質問は役に立ちましたか?
2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
楽器・演奏
-PR-
-PR-
-PR-

特集

試写会に30組60名様をご招待!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

親同士が気軽に情報交換できるコミュニティです。

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
楽器・演奏
-PR-

ピックアップ

-PR-