-PR-
  • 困ってます
  • 質問No.2172225
締切り
済み

建設業の作業中止基準

  • 閲覧数38323
  • ありがとう数25
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 4% (3/73)

気象条件などによる作業中止基準って、
何かで決められていますか?
通報する
  • 回答数2

回答 (全2件)

  • 回答No.1

こんにちは 雨天等による現場の作業中止という意味での回答ですと (違っていたら、ごめんね) 雨、雪等では道路関連での作業は中止となることはあります。 理由は単純で、雨天の時の掘削=穴掘りでは、雨による地盤悪化、落下の可能性があるため(=危険)。 ただ、これも雨の雨量により、微妙に違います。 又、台風、雪等では工事中の事故が、予想されるため。 上記は一般的なもので、例えば、工期が、遅れ ...続きを読む
こんにちは

雨天等による現場の作業中止という意味での回答ですと
(違っていたら、ごめんね)
雨、雪等では道路関連での作業は中止となることはあります。
理由は単純で、雨天の時の掘削=穴掘りでは、雨による地盤悪化、落下の可能性があるため(=危険)。
ただ、これも雨の雨量により、微妙に違います。
又、台風、雪等では工事中の事故が、予想されるため。

上記は一般的なもので、例えば、工期が、遅れている場合等では、雨天決行という場合もなくもありません。
例えば、過去に大幅に工期が贈れ、台風接近の時も、工事を実行ということもありました。
なお、道路系ではなく、建物、建築現場では、天気の影響は台風直撃??以外は関係なし、雨天でも実行が、ほとんど。
その他の例外としては、めったにないけど近隣からのクレームにより、一時、停止。

こんなものでしょうか。
以上、趣旨と違っていたら、重ねてごめんなさい、です。


  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 31% (40/129)

労働安全衛生法の中で定められている限りでは ・強風(10分間の平均風速が10m/sの風) ・大雨(1回の降雨量が50mm以上の雨) ・大雪(1回の降雪量が25cm以上の雪) 上記の悪天候時に、建設用リフト・足場・作業構台・型枠支保工・鉄骨などの組立等の作業を中止するように定められています。 また、クレーン等作業は強風時のみに中止となっています。 ちょっとわかり易くまとまったサイトが見つかり ...続きを読む
労働安全衛生法の中で定められている限りでは
・強風(10分間の平均風速が10m/sの風)
・大雨(1回の降雨量が50mm以上の雨)
・大雪(1回の降雪量が25cm以上の雪)
上記の悪天候時に、建設用リフト・足場・作業構台・型枠支保工・鉄骨などの組立等の作業を中止するように定められています。
また、クレーン等作業は強風時のみに中止となっています。

ちょっとわかり易くまとまったサイトが見つかりませんでした
お礼コメント
uman

お礼率 4% (3/73)

ありがとうございます。これに伴って、
風と雨には目安(~のときはおよそ何mmみたいな)がありますが、降雪量や視界などといったものには
目安はないでしょうか?
投稿日時 - 2006-05-25 09:49:02
  • 回答数2
このQ&Aで解決しましたか?

関連するQ&A

-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ