OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

sendmail8.12.1の設定について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.215266
  • 閲覧数60
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (1/2)

初めてFreeBSDをセットアップして、sendmailの設定をする者です。
OSはFreeBSD4.2-RELEASEです。
sendmailのバージョンは8.12.1です。サイトからsendmailをダウンロードして、展開したところまではいいんですが、sh Buildを実行するとエラーがでます。
<エラー内容>
 Configuration:pfx=,os=FreeBSD,rel=4.2-RELEASE,
rbase=4,rroot=4.2-RELEASE,arch=i386,sfx=,
variant=optimized
 ERROR:Using M4=usr/bin/m4:This version of m4 is
broken:length problem
m4が何かよくわかりませんでしたが、とりあえずFreeBSDのCD-ROMのpackagesからm4-1.4.tgzというファイルをインストールしなおすと上記エラーはなくなりコンパイル環境が用意されました。たまたま、m4というファイルが壊れていたのかと思っていたんですが、別のPCに別のCD-ROMのFreeBSDをセットアップして、新たに別サイトからダウンロードしたsendmailをインストールすると、やはりsh Buildで上記エラーになりました。
sendmail8.12.1の問題なのでしょうか?sh Buildの前にm4ファイルに何かしなければならないのでしょうか?
FreeBSD、sendmailに詳しい方々の回答よろしくお願い致します。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 44% (13/29)

> FreeBSD4.2及び4.3をインストールした時に
> 自動的にインストールされるm4はsendmail8.12.1
> のBuildスクリプトは問題ありとして
> エラーメッセージを出すという認識

 えーっと,どっちが主語?.私は,Buildスクリプト「が」,インストール済みm4「を」問題ありバージョンと判断してエラーメッセージを出す,と認識しております.まぁ,私はその状況に直面したことがないので,なにぶん断言は出来ませんが.

 私はFreeBSDのバージョン番号のつけ方について詳しい事を知らないので,やはり断言できませんが,同じバージョン(この場合FreeBSD4.2-RELEASE)に付属しているコマンドやツールが,必ず同じバージョンであることが保証されているのであれば,

> この組み合わせでセットアップする場合は、
> 常にm4をインストールし直す作業が必要

 Yesだと思います.

> versionオプションで実行する方法を具体的に

 以下は私の環境で実行時のキャプチャー.

hutia(~) % which m4
/USR/BIN/m4
hutia(~) % m4 --version
GNU m4 1.4
hutia(~) %

 この場合のバージョンは「GNU m4 1.4」.あなたがCD-ROMからインストールしたやつと同じです.
お礼コメント
C_RON

お礼率 50% (1/2)

アドバイスありがとうございました。
参考になりました。
こちらの環境では、教えていただいた方法ではm4のバージョンを調べることはできないようです。(応答しなくなります。)GNUについてもよくわかっていない状態ですので、勉強します。こんな初心者の質問にお答えいただいたことに感謝します。
投稿日時 - 2002-02-14 11:45:19
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 44% (13/29)

 m4というのは,C言語のマクロ処理のようなプリプロセスを行うツールです.プリプロセッサといいます.  さて,そのメッセージから推測される事情は次のような物です.  件のsendmailのBuildスクリプトは,問題のある(バグ?)バージョンのm4がインストールされていた場合,そのバージョンを判断してエラーメッセージを出すように作られているようですね.だから,新しい(?)バージョンのm4を上からイ ...続きを読む
 m4というのは,C言語のマクロ処理のようなプリプロセスを行うツールです.プリプロセッサといいます.

 さて,そのメッセージから推測される事情は次のような物です.
 件のsendmailのBuildスクリプトは,問題のある(バグ?)バージョンのm4がインストールされていた場合,そのバージョンを判断してエラーメッセージを出すように作られているようですね.だから,新しい(?)バージョンのm4を上からインストールするとうまく動いたのです.
 たまたま,もう一つのPCにインストールしたFreeBSDのm4も同じバージョンだったのでしょう.GNUのツールであればほとんどのものは--versionオプションで実行すればバージョンが分りますので,問題のあるバージョンは覚えておいても良いかもしれませんね.

 sendmail自身やFreeBSDとはなんの関係もない問題です.
補足コメント
C_RON

お礼率 50% (1/2)

早速のアドバイスありがとうございます。
実はFreeBSDの方は、4.2-RELEASEをセットアップして、同じsendmail8.12.1をインストールというのもやってみたんですが、結果は同じでした。つまり、FreeBSD4.2及び4.3をインストールした時に自動的にインストールされるm4はsendmail8.12.1のBuildスクリプトは問題ありとしてエラーメッセージを出すという認識でいいでのしょうか?
ということは、FreeBSDのバージョン、sendmailのバージョンをこの組み合わせでセットアップする場合は、常にm4をインストールし直す作業が必要になるんですよね?
サイトなどで公開されているsendmail8.12.1のインストール手順にはそのような記載はなかったので、簡単にBuildが実行できると思っていました。
新規にsendmailをインストールする場合、そのバージョンはもう少し前のものにするべきなのでしょうか?
あと、versionオプションで実行する方法を具体的に教えていただけないでしょうか?よろしくお願い致します。
投稿日時 - 2002-02-11 08:53:11
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ