OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

硫酸銅の廃液の処理について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.212623
  • 閲覧数4432
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 26% (6/23)

硫酸銅を含む廃液を下水道もしくは河川に流すことが出来るのでしょうか?
何か法的規制がありましたら具体的に教えて頂きたいです。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 39% (18/46)

対象になる法律は、水質汚濁防止法(略して水濁法)か下水道法になります。
放流先が河川や海域などの公共用水域の場合水濁法、終末処理場のある下水道の場合下水道法になります。

下水道の場合は、廃液中の銅の濃度が3mg/lを超える場合は、それ以下にしなければなりません。

水濁法では、まず水濁法の施行令で定めている特定施設を設置しているものが法律の対象になります。その場合、日排水量が50m3以上の場合に銅の排水基準は適用され、その値は3mg/lです。

これらは、国による一律基準です。
自治体ごとに上乗せ基準を設けているところもあります。
まずは、都道府県の担当の課にご確認するのがよいと思います。

以上、大雑把な説明です。硫酸銅の具体的な使用目的や使用量などを教えていただければ、もう少し詳しくご説明できると思います。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (2276/4889)

>硫酸銅を含む廃液を下水道もしくは河川に流すことが出来るのでしょうか? できないと思います。基となる法律は廃棄物処理法ですが詳細については都道府県更に市町村に委任してしてありますので市町村役場でお聞き下さい。条例は各地域で違いますので。
>硫酸銅を含む廃液を下水道もしくは河川に流すことが出来るのでしょうか?

できないと思います。基となる法律は廃棄物処理法ですが詳細については都道府県更に市町村に委任してしてありますので市町村役場でお聞き下さい。条例は各地域で違いますので。
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 56% (398/700)

事業者が河川海洋に直接排出する場合なら水質汚濁防止法 が関係しますし、下水道に放流する場合なら下水道法が関 係してきます。 ただし、先の方が書かれたように、条例等の上乗せ基準 が存在する場合もあるんで、詳しくは問い合わせされな いと危ないですね。 あと、それらの排出濃度を測定して置くことも必要と なるでしょう。
事業者が河川海洋に直接排出する場合なら水質汚濁防止法
が関係しますし、下水道に放流する場合なら下水道法が関
係してきます。

ただし、先の方が書かれたように、条例等の上乗せ基準
が存在する場合もあるんで、詳しくは問い合わせされな
いと危ないですね。

あと、それらの排出濃度を測定して置くことも必要と
なるでしょう。
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

水質汚濁防止法の基準はCuとして1mg/lです。10%硫酸銅水溶液は1リットルあたり40グラムの銅が含まれていますので、4万倍の希釈が必要です。 ...続きを読む
水質汚濁防止法の基準はCuとして1mg/lです。10%硫酸銅水溶液は1リットルあたり40グラムの銅が含まれていますので、4万倍の希釈が必要です。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ