OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

香典の帰属について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.212293
  • 閲覧数1710
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 44% (149/334)

誰が受取人になるのでしょうか?香典は死者の霊に供するものですが。
常識的にいずれも喪主に帰属すると考えられているようですが…。
法律的に適応されるものがあれば教えてください。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 45% (16/35)

>200万円以上でも法事を営む者が受け取るべきなんでしょうか?
13回忌までにかかる費用もかなりありますし,それ以外にも諸々の費用がかさむものです。新しく墓を建てる場合もあるでしょう。その時の施主というだけでなく法要を営んでいく者は長い間故人を供養するための「経費(よくない言い方ですが)」がかかります。当然,「時間」も「労力」もかかります。ですから,法事を営む者が受け取るべきです。
ただ,その時の使い道としては,故人が働き手で合った場合,残された家族の当座の生活費に回したりするなど,必要なことに使うのは当然のことです。

ご親族の中で不満がでた場合は,「遺産」ではないのでかまわないのですが,例えば「遺産相続を放棄」してもらったなどという事情がある場合は,気持ちとして多少渡してもよいのではないでしょうか。
遺産でもめて,調停となるとやはりしこりが残りますから。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 45% (16/35)

香典は喪主の「一時所得」と見なされます。ただ,葬儀にかかった費用(香典返しも含めて)と相殺するので,一般的には申告は必要としません。 普通はないでしょうが,葬儀費用よりも香典の方がうんと多い場合は,その後の法事を営む者が受け取るべきものです。 ...続きを読む
香典は喪主の「一時所得」と見なされます。ただ,葬儀にかかった費用(香典返しも含めて)と相殺するので,一般的には申告は必要としません。
普通はないでしょうが,葬儀費用よりも香典の方がうんと多い場合は,その後の法事を営む者が受け取るべきものです。
補足コメント
sattinn

お礼率 44% (149/334)

>葬儀費用よりも香典の方がうんと多い場合
 
というのはどれくらいなんでしょう。200万円以上でも法事を営む者が受け取るべきなんでしょうか?
投稿日時 - 2002-02-05 20:47:05
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 法的には、誰に帰属するかの規定はありません。従って、法的には誰が受け取っても問題は無いのです。  しかし、一般的には喪主が葬儀を出すという観点から、喪主及び亡くなった方の親族に帰属すべき主旨のものでしょう。葬儀が終了して、支払いを全て終了した段階で残額があれば、亡くなった方の意思を受け継いでお墓を建立するとかという使い方もあるでしょうし、残った親族の生活費にする場合もあるでしょうし、法定相続人で使 ...続きを読む
 法的には、誰に帰属するかの規定はありません。従って、法的には誰が受け取っても問題は無いのです。

 しかし、一般的には喪主が葬儀を出すという観点から、喪主及び亡くなった方の親族に帰属すべき主旨のものでしょう。葬儀が終了して、支払いを全て終了した段階で残額があれば、亡くなった方の意思を受け継いでお墓を建立するとかという使い方もあるでしょうし、残った親族の生活費にする場合もあるでしょうし、法定相続人で使い道を相談する方法もあるでしょう。残額の多い少ないは、関係がありません。

 帰属先と用途に規定はありませんので、香典の主旨を踏まえて、残額の処理をすれば良いと思います。
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 58% (448/771)

封筒に「香典」と書くのは、「お香のお代」という意味です。 焼香は釈尊在世中から続けられた儀式であり、六波羅蜜の精進にあたり、身を清めて仏を供養し、またその香気によって仏前を清めますが、本来は(正式には)、各人が自分で持参するものなのです。 そして、持参していない人は、香典を支払い、お香を使わせていただくのです。つまり、買っているのです。 これが本来の意味ですので、お香を用意した施主に帰属する事になる ...続きを読む
封筒に「香典」と書くのは、「お香のお代」という意味です。
焼香は釈尊在世中から続けられた儀式であり、六波羅蜜の精進にあたり、身を清めて仏を供養し、またその香気によって仏前を清めますが、本来は(正式には)、各人が自分で持参するものなのです。
そして、持参していない人は、香典を支払い、お香を使わせていただくのです。つまり、買っているのです。
これが本来の意味ですので、お香を用意した施主に帰属する事になるでしょう。
以上 amida3@坊さんでした。
ちょっとピントがずれましたかね(^o^)
(でも「法律」のカテゴリーではなく「冠婚葬祭」ですので)
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ