OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

HPLCについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.211358
  • 閲覧数139
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 37% (15/40)

HPLCで固定相をトリメチルアミンを微量加えた場合ベースラインが安定しトリメチルアミンなしの時よりも分離がきれいなのはなぜですか?
また、精製したいものはisoxsuprineという血管拡張剤試薬です。
固定相はchiralpak ADで、正式名称はcellulose tris(3,5dimethylphenylcarbamate) です。その中にトリメチルアミンを微量加えることで分離ラインがはっきりときれいになりました。なぜこのような添加物を加えることによってベースラインが変わるのですか?またこのトリメチルアミンは固定相が何であり一般的に分離ラインをきれいに改善することができるそうです。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

 すみませんが,トリメチルアミンを加える事でテ-リングが防げたんでしょうか?それとも,ベ-スラインが真っ直ぐになったのでしょうか?おそらく前者だと思いますが・・・。

 塩基性化合物を分析している場合,プロトン化が起こると,プロトン化した状態とフリ-の状態の平衡が生じるため,テ-リングが起こります。トリメチルアミン(参考 URL では diethylamine となっていますが)を加えると,この平衡がフリ-の状態に片寄るため,テ-リングが防げます。HPLC の教科書にもこの程度の事は出ていると思いますので,もう一度読み直された方が良いと思います。

 参考 URL にダイセル化学の CHIRAL HPLC のペ-ジをあげておきます。「製品紹介」→「CHIRALPAK AD」と進んで下さい。必要なら E-mail で質問も出来ますよ。
お礼コメント
kurinosuke

お礼率 37% (15/40)

たいへんよくわかりました。ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-02-05 16:16:59
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ