OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

本当に効き目があるのでしょうか?

  • 困ってます
  • 質問No.211174
  • 閲覧数159
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 75% (9/12)

私は昨年「開腹手術」を受けた20代の未婚の女性です。
開腹手術をしたので、傷口が気になって仕方がありませんが、先日とある雑誌で「傷口が寝ている間になめらかになる」というキャッチフレーズの広告をみました。
実際に本当に効果があるのか、またこの商品で傷口が薄くなったとしても使用しなければ元通りになるのか気になります。どなたかご使用した方やこの製品等に詳しい方のお話を伺いたいです。
商品名が「クリニセル」静電気と圧力を与えて肌の修復を促し、盛り上がった傷口を目立たなくするもので、毎日8時間以上使うと効果的だそうです。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

a-mi さん こんにちは 「クリニセル」なるものを存じませんが、多分ステロイド剤などが含有されていると勝手に想像しております。薬局若しくは、通販で市販されている医薬品またその類、機器などは医療用の医薬品(病院でもらう薬)と比べ、誰でも購入できるということからその作用はマイルドです。 傷跡がケロイド状になっているのでしょうか?もしそうであれば形成外科なりに行き適切な処置をされたほうが確実ですし ...続きを読む
a-mi さん こんにちは

「クリニセル」なるものを存じませんが、多分ステロイド剤などが含有されていると勝手に想像しております。薬局若しくは、通販で市販されている医薬品またその類、機器などは医療用の医薬品(病院でもらう薬)と比べ、誰でも購入できるということからその作用はマイルドです。

傷跡がケロイド状になっているのでしょうか?もしそうであれば形成外科なりに行き適切な処置をされたほうが確実ですし、安全です。誰でも簡単に買えるそのお薬で治るのであれば病院では簡単に治るはずです。

貴方がお聞きしたい商品の回答でなくごめんなさいね。

それでは byクアアイナ
お礼コメント
a-mi

お礼率 75% (9/12)

kuaainaさんどうもありがとうございました。
傷跡はケロイド状かな(傷口を縫った後の抜糸が怖かったので、抜糸をしないように溶ける糸で縫ってもらった為)
仕事が忙しいので、病院にも通わずに手軽にできることがあればそれをしようと思っていますし「形成外科」ってあんまり良いイメージがないので・・・
投稿日時 - 2002-02-04 22:04:40
  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 0% (0/4)

はじめまして、私はクリニセルではなく姉妹品のトリポロンというのを使用しています。4月くらいに購入して毎晩寝る時につけて8時間以上は使っています。付けはじめの頃よりは明らかに傷もなめらかになっているような気はしていますが、もうちょっと時間を置いた方がいいのかな?とも思いながらも、ずっと使用しています。クリニセルもそれなりに効果はあるのではないでしょうか?回答になってないですが、すいません。もしよろしければ下 ...続きを読む
はじめまして、私はクリニセルではなく姉妹品のトリポロンというのを使用しています。4月くらいに購入して毎晩寝る時につけて8時間以上は使っています。付けはじめの頃よりは明らかに傷もなめらかになっているような気はしていますが、もうちょっと時間を置いた方がいいのかな?とも思いながらも、ずっと使用しています。クリニセルもそれなりに効果はあるのではないでしょうか?回答になってないですが、すいません。もしよろしければ下記サイトをご参照ください。(写真があって恐いかもしれませんが)
お礼コメント
a-mi

お礼率 75% (9/12)

aiko_1122さん、ありがとうございました。
まだ、クリニセルを使用していません。
もうちょっと様子を見てみたい・・・気がします
投稿日時 - 2002-07-17 19:59:09
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ