OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

車、ぶつけられたのですが、自動車保険について教えてください。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.210926
  • 閲覧数19251
  • ありがとう数21
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 35% (56/160)

今日、車ぶつけられてしまいました。10-0で相手が悪いので、全て保険で直してもらえるのですが、推定で10万円位の修理代になりそうです。この見積もり分の代金を保険会社から現金でもらって、それを使って他の車に買い換えることはできないものでしょうか。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6
レベル3

ベストアンサー率 100% (1/1)

損害保険の代理店の経験者として、アドバイスさせていただきます。

結論から言いますと、

 ・物損事故であれば、「事故証明書」がなくても保険会社は、
  保険金請求処理を受け付けてくれる場合もあります。
  ただし、その場合は、事故証明書が入手不能であることの理由書のような
  書類の添付が必要になります。
  入手不能の具体例の例を挙げますと
     人身事故でなく損害額も小さいため
     駐車場内等私有地での事故のため
     届出はしたが事故扱いにならなかったため 等々の項目があります。

  経験上から申しますと、事故当事者が保険加入手続きをした代理店の
  信用度によって多少左右される面もあるようですが、基本的には大丈夫です。
  ただ、保険会社の対応も最近は厳しくなりつつあるようです。

  事故を起こしたら、警察に届けるというのは、事故が起きた事に対する
  客観的な証明を受ける手段として、保険請求の際の必要書類であること等
  ドライバーとしての当然の義務とお考え下さい。

  物損事故で、該当車両が運行可能であれば、事故直後に警察に連絡し、
  後日当事者全員で警察に行って正式に届けることも可能です。

  これも誤解されている方が多いのですが、事故で警察に連絡したからといって
  罰金や減点の対象になることはまずありません。
  スピードを出しすぎていたとか、一時停止しなかったとかでも、基本的には大丈夫です。
  飲酒運転はもちろん例外ですが・・・

 ・車の修理をせずに修理相当額を現金で貰いたいとのことですが、
  これもまず問題ありません。

  今回の場合は相手方の対物保険を使うことを前提に説明します。

  対物物保険の定義は、「自動車事故で他人の財物に損害を与え
  法律上の賠償責任を負担する場合の損害に対して支払う保険」となります。

  保管会社は、損害に対しての保険金を支払うのであって、
  損害額を算定するのに修理費を用いているだけです。
  ですから、損害額が認定されれば、その使途をどうしようが
  保管会社は関与せず、保険金を支払います。

  保険金請求書類には、振込先記入欄があるのが、一般的です。
  修理する場合は、修理工場の振込先を記入すれば、保険会社から
  直接修理工場の口座に振り込まれます。
  修理しない場合は、個人の振込先を記入すればいいわけです。

  ちなみに、代理店にも保険金をいつ、何処の、なんという口座にどのような
  保険種別(対人保険とか対物頬県とか車両保険)で振り込んだか通知されます。

  まずは、相手方の保険代理店に事情を詳しく説明し、相談することです。
 
最後に、アドバイスとして、

 自動車保険に入るのであれば、信頼できる代理店を選ぶことが必要です。
 なにかあったら、すぐに代理店に相談して下さい。
 事故だけでなく、車の買い換え等なんでも、気軽に相談出来る代理店を選ぶことです。

 また、不幸にも事故を起こして、代理店なり保険会社に連絡したあとでも、
 請求放棄といって、保険を使わないこともできますので、まずは連絡・相談が大事です。

 保険を使う場合には、翌年の保険料がどのくらいになるかも、契約者さんには
 気になる点だと思います。
 代理店にいえばすぐに、計算してくれるはずです。
 ただ、次の更改時まで、事故がないという前提でですが・・・

 私の場合は、自動車保険に加入して頂いたら、まず最初に事故時等の連絡先として、
 代理店・担当者、保険会社の事故処理センター、保険会社の24時間事故受付等の電話番号を
 控えてもらっていました。
 今なら、携帯に登録しておけば安心でしょう。
お礼コメント
mura2001

お礼率 35% (56/160)

専門家の貴重なご意見ありがとうございました。
おっしゃる通り、損害額を振り込んでいただけるようです。
でも、事故がないのが一番ですね!
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-02-08 21:10:15
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.2

最終的には保険会社の判断になりますが、現金で受け取ることは出来ないでしょう。厳しいところでは修理工場も認定工場(リストにある)を使うことを求められるかも知れません。買い替え希望があれば加害者と話し合って加害者から現金を貰い保険クレームをしないという手はあります。相手は翌年以降(3年間?)の保険等級が悪くならず喜ぶ場合もあります。自動車保険とは賠償金を分割払いするようなもので、保険会社が負担してくれる制度で ...続きを読む
最終的には保険会社の判断になりますが、現金で受け取ることは出来ないでしょう。厳しいところでは修理工場も認定工場(リストにある)を使うことを求められるかも知れません。買い替え希望があれば加害者と話し合って加害者から現金を貰い保険クレームをしないという手はあります。相手は翌年以降(3年間?)の保険等級が悪くならず喜ぶ場合もあります。自動車保険とは賠償金を分割払いするようなもので、保険会社が負担してくれる制度ではありません。

最後に本当に相手の保険会社が10-0で認めたのでしょうか。加害者が認めても意味がありません。負担比率はあなたの保険会社と加害者の保険会社が基準に基づいて決定します。10-0のケースは法的に認められた駐車場に正しく駐車中に衝突されたときか、信号待ちで正しく停車中に追突されたときぐらいしか思いつきませんが・・・


  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 41% (209/501)

>10-0で相手が悪い… 今日の事故で、もう過失割合がはっきりしたのでしょうか? 通常「車対車」の場合、片方の過失が0(ゼロ)ということは極めて希です。 (当方)停車中以外は、少なからずとも過失が発生しますので、 あまり安直に考えない方が良いかと思います。 基本的に、物損事故の場合は「現状復帰」が原則ですので、 「直さない代わりに現金で…」というのはちょっと難しいと思いますが、 ...続きを読む
>10-0で相手が悪い…

今日の事故で、もう過失割合がはっきりしたのでしょうか?
通常「車対車」の場合、片方の過失が0(ゼロ)ということは極めて希です。
(当方)停車中以外は、少なからずとも過失が発生しますので、
あまり安直に考えない方が良いかと思います。

基本的に、物損事故の場合は「現状復帰」が原則ですので、
「直さない代わりに現金で…」というのはちょっと難しいと思いますが、
交渉次第では出来ないわけではありません。
現実にあった話ですが、マーチを追突され修理費用が60万円ほどかかったときでしたが、
被害者の奥さんが「たまたま後部座席に誰も乗ってなかったから良かったもの、子供でも乗っていたら大変だった」
と、少しノイローゼ気味になり、結局車を買い換えることになりました(三菱デリカ)、
この際に、マーチの修理代金相当額を現金で(振込)支払ったことがあります。
交渉すれば何とかなるかも知れません。

最後に…
当然警察へは『事故の届け出』は済まされていますよね?
「事故の届け出」をしておかないと、あとで『交通事故証明』が出ません、
これがないと何も始まらないので注意して下さい、
事故から24時間以内であれば、届け出は可能です。
補足コメント
mura2001

お礼率 35% (56/160)

回答ありがとうございます。
停車中(駐車していたのにぶつけられた)の事故なので、10-0で間違いないと思います。ただ、相手が知り合いで全部直しますと言ってくれているので、事故の届出はしていないのですが、保険会社とのやりとりの際に事故証明は必ず必要なのでしょうか?あと、保険を使うといっているのですが、保険会社からは修理代金相当額の回収は不能でしょうか。お手数ですが、追加でアドバイスお願い致します。
投稿日時 - 2002-02-03 16:37:04
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 16% (17/106)

結論から言うと、可能だと思います。 私も2回ほどぶつけられています(全て10:0) その時に車屋で聞いた話ですが、お金は損害の分に対して払われるので修理しなくてもお金はもらえるとのことでした。(現に私はもらっています) ただ、車屋で見積もりをとると、見積もり費用が発生するので見積もり総額の5%を車屋に支払いましたが・・・
結論から言うと、可能だと思います。

私も2回ほどぶつけられています(全て10:0)
その時に車屋で聞いた話ですが、お金は損害の分に対して払われるので修理しなくてもお金はもらえるとのことでした。(現に私はもらっています)
ただ、車屋で見積もりをとると、見積もり費用が発生するので見積もり総額の5%を車屋に支払いましたが・・・
  • 回答No.4

No.2の続きです。 予想したとおり10-0は保険会社の決定した率ではありませんね。駐車中にぶっつけられただけでは10-0の保証はありません。問題はどこにどのように駐車していたかです。事故届けもしていないとなるとすんなりと保険金が貰えるとは思えません。間違いのない解決方法は修理費を見積もって貰い(見積もり費用は加害者負担で)、その見積り額を加害者から受け取ることです。しかし、修理をしていない事故車をあな ...続きを読む
No.2の続きです。
予想したとおり10-0は保険会社の決定した率ではありませんね。駐車中にぶっつけられただけでは10-0の保証はありません。問題はどこにどのように駐車していたかです。事故届けもしていないとなるとすんなりと保険金が貰えるとは思えません。間違いのない解決方法は修理費を見積もって貰い(見積もり費用は加害者負担で)、その見積り額を加害者から受け取ることです。しかし、修理をしていない事故車をあなたの期待する価格で引き取ってもらえるかどうか、こちらも心配ですね。
  • 回答No.5
レベル12

ベストアンサー率 41% (209/501)

#1の「補足」に対しての回答(アドバイス)です… >相手が知り合いで全部直しますと言ってくれているので… >事故の届出はしていないのですが… >保険会社とのやりとりの際に事故証明は必ず必要なのでしょうか?… はっきり言って『状況は芳しくありません…』ねぇ… ・その場での「口頭での口約束」は、『保険会社には通用しません』 ・事故の届け出(警察への)がなけれは、『事故 ...続きを読む
#1の「補足」に対しての回答(アドバイス)です…

>相手が知り合いで全部直しますと言ってくれているので…
>事故の届出はしていないのですが…
>保険会社とのやりとりの際に事故証明は必ず必要なのでしょうか?…

はっきり言って『状況は芳しくありません…』ねぇ…

・その場での「口頭での口約束」は、『保険会社には通用しません』
・事故の届け出(警察への)がなけれは、『事故を公的に証明することが出来ません』
・保険会社は『書類が揃わなければ動きようがありません』

つまり…
「事故を装って保険金を詐取する輩」があまりにも多いため、保険会社は慎重にならざるを得なくなります、
以前は、事故の内容が軽微であれば軽微であるほど「すいません…、届け出を忘れました」
で通っていたものが、最近はかなり厳しくなっています。
保険の割引等級が最高(16等級)なら、1回の対物事故でも翌年度の保険料に影響しませんので、
友達から「つい…、頼まれると」事故を装ってしまうケースもありますので…。

相手の方が「保険を使う」とおっしゃっておられるのでしたら、今からでも「事故届け」をしたほうが良いでしょう、
基本的には、事故現場に一番近い交番(もしくは現場から110番)に、双方が出向き、
当時の状況等をくわしく警察官に話さなければなりません。
事故証明さえ取れれば、保険会社は「支払いの拒否」は一切出来なくなりますので、
言い方を変えれば「事故証明はこちらにとって強い武器」になります、

車の買い換えを検討され、出来れば現金で…、との事ですが、
正式に「損害額(支払額)の認定」を待たなければなんとも言えませんが、
先に(#1回答)アドバイスした方法と別の方法もあります、
まず、あなたが「修理予定の工場(出来ればディーラーが好ましい)」に車を入庫させます、
保険会社のアジャスター(査定員)が修理工場に出向くか、ディラーからの見積もりにより損害額が確定します、
あなたは、あらかじめ修理工場(ディーラー)に対し、修理せず新車を購入することを伝えます、
すると、保険会社から振り込まれた保険金は「そのまま新車の購入資金の一部に充当」されることになります。

相手の方の自動車保険の割引等級が最高(16等級)なら、
10万円程度の物損事故では保険を使わない方がいいかも知れません…、
このあたりをもう一度相手に確認された方がいいかも知れませんね、
いずれにしても、保険を使う以上「事故証明」は絶対に必要ですので、
今からでも届け出て下さい。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ