OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

医療放射線、集団検診と一般的な検査の被爆量の差

  • 暇なときにでも
  • 質問No.208666
  • 閲覧数176
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

http://www.kenkoigaku.or.jp/html/kensa/kensa30.html
この。HPを見ていて疑問に思ったのですが。
集団検診と普通の検診とに被爆量の差があるのは、なぜでしょう?
おそらく撮影方式だと予想はできるのですが、
それぞれのメリット、デメリット等を教えていただきたいです。
よろしくお願いします。。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 57% (269/468)

集団検診で間接撮影、一般の検診では直接撮影を使用することが多いためという違いによります。

間接撮影法は一度、蛍光板に映した像を撮影する仕組みですが、直接撮影は蛍光体とフィルムが直接接しており、この構造上の相違で間接撮影は1.5~2倍程度の放射線量が必要とされます。

それぞれのメリット、デメリット等については、下記をご覧下さい。
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ