OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

新しいアイデアの保護方法について

  • 困ってます
  • 質問No.207908
  • 閲覧数45
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 87% (491/560)

しばしば、おもしろいアイデアを思いつくのですが、特許を取ることが出来るほど新規性もないが、しかし他の人にまねをされるのもしゃくに障ると言う場合が在ります。このような場合自分のアイデアを守る方法が在るでしょうか。少しひねれば思いつくようなアイデアというのが実際ビジネスの世界などでは有効ですが、さりとて試行錯誤をすれば概ね同じような結論に達するようなアイデアは保護の対象で無いと言うことなのでしょうか。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 30% (243/786)


実用新案や意匠権は如何ですか。

実用新案:既に有るものを組み合わせて便利な形態にする。物品の形状、構造又は組み合わせにかかるものに限定。
意 匠 権:美的外観を対象

此処で事前に調べておくと無駄になり難いです。
http://www2.ipdl.jpo.go.jp/BE0/index.html
お礼コメント
cincinnati

お礼率 87% (491/560)

fukunokami様有り難うございました。
投稿日時 - 2002-01-30 09:24:26
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 37% (163/434)

cincinnatiさん、こんばんは。 特許庁のホームページを紹介します。 http://www.jpo.go.jp/indexj.htm 条文などが掲載されたページも紹介します。 http://www.ipdl.jpo.go.jp/PDF/Sonota/hobin/index.html 単なるアイデアだけでは特許されないということは、このサイトの過去ログでも何回も説明されていますの ...続きを読む
cincinnatiさん、こんばんは。

特許庁のホームページを紹介します。
http://www.jpo.go.jp/indexj.htm

条文などが掲載されたページも紹介します。
http://www.ipdl.jpo.go.jp/PDF/Sonota/hobin/index.html

単なるアイデアだけでは特許されないということは、このサイトの過去ログでも何回も説明されていますので、そちらもご参照下さいね。

その上で何かわからないことがおありでしたら、補足をお願いします。
お礼コメント
cincinnati

お礼率 87% (491/560)

お時間を頂き有り難うございました。
投稿日時 - 2002-01-30 09:25:26


  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 37% (163/434)

締切り後の追加回答をさせて頂きます。 > 実用新案:既に有るものを組み合わせて便利な形態にする。 違います。 「実用新案法第2条(定義)  1 この法律で「考案」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作をいう。」 自然法則を利用していないものは考案とは見なされません。 単なるアイデアだけでは実用新案登録出願をしても無駄です。 そのアイデアを実現するための技術 ...続きを読む
締切り後の追加回答をさせて頂きます。

> 実用新案:既に有るものを組み合わせて便利な形態にする。

違います。

「実用新案法第2条(定義)
 1 この法律で「考案」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作をいう。」

自然法則を利用していないものは考案とは見なされません。
単なるアイデアだけでは実用新案登録出願をしても無駄です。
そのアイデアを実現するための技術的手段というものが必要です。
実体審査がないので登録はされるものの、権利としては意味がありません。
出願・登録費用を支払った分、損するだけです。

詳しくは下記URLをご参照下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=155222

意匠は全く見当外れです。特許・実用新案としてのアイデアとは結びつかないでしょう。

「意匠法第2条(定義)
 1 この法律で「意匠」とは、物品(・・・)の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であつて、視覚を通じて美感を起こさせるものをいう。」

物品とは、有体物である動産を指します。アイデアを有体物にすることができなければ対象外ということになりますね。

cincinnatiさんからもう少し具体的な話が聞ければもっといいアドバイスができると思うのですが、ネット上で詳しく説明してしまうとその時点で新規性が失われることになりますので、本当に権利を取りたいとお考えであれば、特許事務所なりなんなりに相談に行かれることをお勧めします。

なお、このサイトには工業所有権に関する専門家がおりますので、今後は一晩ぐらいで締め切らずに2~3日は受付中にしておいて下さいね。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ