OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

社会年金・保険の免除について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.207541
  • 閲覧数102
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 92% (25/27)

年金と保険の免除または減額について教えて下さい。
お互い学生の時に結婚をし、学生の間は年金の免除を受けていました。
卒業後主人が数年間正社員で働き、その間は社会保険と年金に加入して
支払っていましたが、退職後は国民保険だけを(収入が少なく減額で)支
払い、年金は2人とも10年以上免除申請等もする事なく全く払ってい
ない状態です。
昨年から主人が3年期限の臨時職員をやる事になり社会保険に加入しま
したが、滞納している時にこれで払わないと年金を支給しない旨の通知も
あったように思います。
滞納分支払う事も無理ですし、自分勝手な考えですが、将来もらおうとも思
っていませんし、実際就職してもする前も住民税も免除で子供の学校費や
給食費も援助がある程収入も少ないので国民年金・保険のように会社で引
かれる保険にも免除制度があれば教えて下さい。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

人それぞれの事情がありますから、ここで年金の重要性は敢えて言いません。


国保・国民年金などは、収入がないか、少ないということで免除制度がありますが、会社で加入する社会保険(健康保険・厚生年金)では、保険料の免除という制度は有りません。
それは、働いていて収入があり、保険料が収入に応じて負担することになっているからです。
又、会社でも、約半分を負担しています。
お礼コメント
mizuhooo

お礼率 92% (25/27)

自分勝手な質問にお答えくださって、どうもありがとうございます。
給料の1割以上引かれていて、以前よりも高く感じていたのですが、
収入に応じた金額でみなさんもっと引かれていたんですね・・・
投稿日時 - 2002-01-29 11:27:51
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 日本の社会保障制度の一つとして、年金制度があります。この制度は、老後の生活安定のための社会保障制度で、加入する人によって国民年金と厚生年金に分かれています。実際、平均寿命まで生きた場合には、納めた保険料以上の額が、年金として受給できるようになっています。  ご質問の内容はわかりますが、現行の日本の制度として、国民年金は自分で収める方法になっていますし、厚生年金は会社の給料から差し引く制度になってい ...続きを読む
 日本の社会保障制度の一つとして、年金制度があります。この制度は、老後の生活安定のための社会保障制度で、加入する人によって国民年金と厚生年金に分かれています。実際、平均寿命まで生きた場合には、納めた保険料以上の額が、年金として受給できるようになっています。

 ご質問の内容はわかりますが、現行の日本の制度として、国民年金は自分で収める方法になっていますし、厚生年金は会社の給料から差し引く制度になっていますので、社会保険に加入している場合には本人の加入の意思に関わらず、社会保険や厚生年金に加入することになります。又、加入していない職員がいる場合には、会社は社会保険事務所から指導を受けることにもなります。

 したがって、ご質問のような社会保険の免除制度は、現行制度の下ではありません。
お礼コメント
mizuhooo

お礼率 92% (25/27)

失礼な質問にお答えくださり、ありがとうございます。
改正で、減額制度ができるとどこかで見たのですが、回答を読ま
せていただくとあっても国民年金だけの話しみたいですね。
詳しい説明どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2002-01-29 11:35:40


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ