OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

童話のタイトル教えてください。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.206877
  • 閲覧数60
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 91% (162/177)

 子どもの頃読んだ童話を探しています。題名がわかりません。内容はこうです。
ある美しい惑星に動物が住んでいます。この動物はオリジナルな動物でネズミみたいなんですが足が細くて長かったような気がします。(アヒルチックな足です)でその動物達は草食で慎ましく牧歌的な暮らしをしているんです。
 でもその内、空から宇宙船に乗った者達が勝手に移住してきます。(姿は人間だったような気がします。)彼らは宇宙船を操るくらいの文明をもっているのでその惑星を開発し始めます。
 当然最初からいた動物達は住処を追われて地下などに逃げていきます。しかし乱開発を連発する移住者達の文明は公害などで破綻してしまいます。惑星自体の空や海なども汚れてしまいニッチもサッチも行かなくなった彼らは結局その惑星を捨て宇宙船で何処かへ行ってしまいます。
 地上が急に静かになったので恐る恐る穴倉から出てきた動物達の眼前には変わり果てた地上があります。でも彼らのそばに何とか残っていた湧水と一本の植物の芽があります。
 というような内容です。長くなってしまってすみません。補足ですが絵のタッチが外国風だった記憶があります。ピンと来た方、題名を教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 46% (22/47)

こんにちは。
お探しの本ですが、

「ワンプのほし」ビル・ピート作 あかね書房

ではないでしょうか?
私も小さい頃読んで、今も手元にある本です。
内容は、ヨゴーレぼしからやってきたヨゴース人たちが、
ワンプのほしをめちゃくちゃに開発・環境破壊をしたあげく、
自分たちの起こした公害(排気ガス・騒音)に
耐えられなくなり、出て行ってしまいます。
その間ワンプたちは地下のどうくつで、
キノコや清水を食料にして
おびえながら隠れ住んでいたのですが
地上があまりに静かになったのに驚いて外に出てみると、
今までとは全く違った世界が広がっていて、
草原も見つけることが出来ず途方に暮れていた時に、
ワンプのほしでただ一ヶ所だけ残っていた
むかしのままの草原をみつける、というものです。
このおはなし、小さい頃はちょっとものがなしい
ワンプのはなしだなあとか単純に思っていたのですが
大きくなってから読み返してみると、
ヨゴース人というのは実に
自分たちの事だったのだと気づいてショックでした(涙)
お礼コメント
kurupin

お礼率 91% (162/177)

お礼が遅くなって申し訳ございません。そうです。まさにその本でス。早速書店に頼みに行きたいと思います。どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2002-02-15 08:11:38
-PR-
-PR-
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ