OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

中性子星はなぜ崩壊しないのですか。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.206523
  • 閲覧数397
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (1/1)

中性子は単独だと、わずか15分で崩壊しますよね。なら、中性子だけの、中性子星って、何で崩壊しないんですか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

いい疑問ですね~
私もかつて不思議に思っていました。
あ・・・自我自賛。

中性子が単独でいると崩壊する理由は、
陽子+電子系のほうが安定=質量が小さい=エネルギーも小さい
からです。
では、強力な重力場中ではどうかというと、重力場のエネルギーをもらえるので、中性子でいるほうが安定なのです。
ついでに言うと、中性子星内部ではもはや中性子でもなく
クオークが溶けてしまっているクオークグルーオンプラズマになっていると考えられているそうな。

そえば、物理夏の学校で「重力場中(正確には等加速度系)で崩壊する陽子」の話題をやっていたのがなつかしく思い出されます。
お礼コメント
bzing

お礼率 100% (1/1)

締め切り、および御礼が遅くなってすみません。β崩壊についての知識が不足してました。おかげですっかり分かりました。ありがとうございます。
投稿日時 - 2002-08-26 22:10:03
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ