OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

非線形光学結晶

  • すぐに回答を!
  • 質問No.205360
  • 閲覧数142
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 71% (10/14)

非線形光学結晶の特徴の中でWarkoffが小さいというのがあるのですが、それがどういう特徴なのかがわかりません。それを詳しく説明できるようにしたいので、わかる人がいらしたら詳しく教えてください。よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

複屈折性を持つ結晶の中では、光の波面の進行方向とエネルギーの進行方向は必ずしも一致しません。これは、たとえばそのような結晶に光を入射した場合、偏光方向によって常光と異常光に分離し、異常光は垂直に入射したにも関わらず斜めに進むなどから観測することが出来ます。
さて、walkoff(スペル注意)は、このずれを指します。
この値が大きいと、結晶中で(たとえば簡単には)2つの光を相互作用させようとしても、重なり合う領域が離れてしまうので、十分な効果が得られません。
逆に進行方向をそろえようとすると、位相整合がずれてしまいます。
(一つのビームであっても非線形光学効果は自分の光伝場で物質を変化させて、自分自身が変化するものなので相互作用長がこれにより制限されます。)

上記以上の説明となると専門書をご参照ください。
お礼コメント
greatshinchan

お礼率 71% (10/14)

いつもありがとうございます。
投稿日時 - 2002-01-30 14:12:00
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ