OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

無限遠について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.205351
  • 閲覧数389
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 40% (2/5)

無限遠とはどういう意味ですか?
無限遠の定義を教えてください!
視覚の勉強をしているのですが、正視の人は遠点が無限遠にあると
本に記載されているのですが無限遠の意味がわかりません。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 26% (16/60)

物理学では「無限大とみなせる(近似できる)距離」という意味で使用していると思います。が、詳しく定義を聞いたことがないのであまり自信はないです。高校物理の第2宇宙速度の計算とかで出てきませんでしたかね。
物理学では「無限大とみなせる(近似できる)距離」という意味で使用していると思います。が、詳しく定義を聞いたことがないのであまり自信はないです。高校物理の第2宇宙速度の計算とかで出てきませんでしたかね。


  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 26% (324/1203)

例えば、地球には重力があります。衛星も、地球の重力があるから、ぐるぐると地球の周りを回っているのです。地球から離れれば離れるほど影響を受ける重力の大きさは小さくなり、その重力が0になるところを無限遠とする、というのが物理的な定義です。 しかし、この場合は、物理的な意味とはあまり関係がないように思えるのですが・・・。
例えば、地球には重力があります。衛星も、地球の重力があるから、ぐるぐると地球の周りを回っているのです。地球から離れれば離れるほど影響を受ける重力の大きさは小さくなり、その重力が0になるところを無限遠とする、というのが物理的な定義です。

しかし、この場合は、物理的な意味とはあまり関係がないように思えるのですが・・・。
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 38% (116/304)

視覚の勉強をされていると言う事ですので、以下のような事だと思います。 「ある1点から出た光が、目に平行光として届く距離」 通常、光は四方八方に広がりますから、平行光ではなく、拡散光として目に入るわけです。 しかし、無限遠・・・無限に遠い所の点から出た光は、平行光として「考えることができる」のです。 つまり、正視の人は、平行光線を網膜上に集光できると言う事です。 平行光線を網膜より手前 ...続きを読む
視覚の勉強をされていると言う事ですので、以下のような事だと思います。

「ある1点から出た光が、目に平行光として届く距離」

通常、光は四方八方に広がりますから、平行光ではなく、拡散光として目に入るわけです。
しかし、無限遠・・・無限に遠い所の点から出た光は、平行光として「考えることができる」のです。

つまり、正視の人は、平行光線を網膜上に集光できると言う事です。
平行光線を網膜より手前や奥に集光してしまう人の事を、近視、遠視と言います。

勉強が進めば、いろいろわかってくると思います。
がんばってくださいね。
お礼コメント
hideki32

お礼率 40% (2/5)

ありがとうございます。何となくわかりました。
無限遠というのはとても遠くから光がくることで目に入るとき
あたかも平行に入ってくるくらい遠くのところ?

ということですかね?

無限遠というのは何メートルくらいからとかいうのはあるんでしょうか?

仮に10mでは無限遠と同じくらい眼に平行に入って来るとか。
10mでは無限遠を見るのと同じとかそういう風には言えるのですか?
投稿日時 - 2002-01-27 16:26:00
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ