OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

確定申告と消費税分の納税について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.203972
  • 閲覧数110
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

税金についてわからないので教えてください。
私は会社員ですが、アルバイトをしています。
個人のお客さんのホームページメンテナンスです。
月額40000円で消費税2000円を足して42000円で請求していました。

消費税を請求しているので、消費税分を納税しなければならないと思うのですが、
この場合2000×12ヶ月=24000円が課税対象になるのでしょうか?

また、年間の収入が20万を超えるので確定申告しなくてはならないと思うのですが
先方の滞納のため未だ2か月分の84000円しか支払われていません。つまり2001年度の収入は84000円でした。

この場合、年間の収入とは2001年のこと(2001年1月~12月)をさすのでしょうか?
また、合計が20万以下なので、確定申告はしなくてよいと思うのですが、請求のときに「消費税」という名目で2000円請求していたので去年の消費税分4000円は課税対象となり、納税しなくてはならないのでしょうか?

簡単に言うと、確定申告と消費税分の納税は別と考えなければならないのでしょうか?

教えてください。宜しくお願い致します。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

まず、消費税について。
消費税は、事業者でも年間の売上が3000万円以下の場合は免税業者となりますから、お客から消費税をもらう必要も、税務署に納める必要も有りません。

事業を始めてから1年間(1月1日~12月31日)の課税売上高が3,000万円を超えたときに課税されることになります。

一方、所得税については、副業の収入が、1月から12月までの利益(収入から経費を引いた金額)が20万円以下の場合は、申告をする必要がありません。
従って、13年分については、確定申告の必要がありません。

来年からは、このまま収入が続いた場合は、確定申告をすることになりますから、収入と経費はしっかりと記録しておきましょう。

この場合の経費には、パソコン関係の費用・インターネット関係の費用等を趣味で使う分と、仕事の分と、使う時間などの割合で按分して副業の経費に出来ます。
その他には、家賃・電気料・火災保険料なども、副業に使う割合で按分して経費に出来ます。

新規にパソコン等高額な物を買った場合は、20万円以上なら、一回にその年の経費と出来ず減価償却という方法で、4年間に分けて経費として、10万円以上20万円以下なら3年間で経費とします。

この件の詳細は、来年のことですから、その時期に夏田ら、改めてここで質問してください。
お礼コメント
noname#1517

早速のご回答ととても分りやすいご説明ありがとうございました。
早く疑問が解決してよかったです。
またなにかありましたら、こちらで質問させていただきたいと思います。
本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2002-01-23 15:32:12
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ