OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

アルミ板

  • 暇なときにでも
  • 質問No.203627
  • 閲覧数1079
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 22% (51/231)

0.5~0.8mmのアルミ板に鉄類を固定させたいのですが、どのような方法がありますか?この鉄類の中でも一番いい素材を教えてください。また固定する方法はなるべくお金がかからない方がいいです。いろいろ言ってすみません、よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

どの程度の大きさの(特に接合面の面積)物でしょう?どの程度の強度が必要なのでしょう?一時的な固定ですか永続的固定するのですか?使用する環境(屋外・屋内・常温・低温・高温などなど)は?情報が無ければお答えのしようがありません。

いちばん簡単なのは両面テープで貼ってしまうことでしょうし穴をあけてボルト締めやリベットでカシメてしまえば強度は大きく取れるでしょうし、接着剤も最近ではいいものがあります。

もう少し詳しく状況を説明していただけないでしょうか?
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 16% (1013/6244)

鉄類と言っても形状が解らないので、板状のモノとして。 1.リベット止め 材料に穴をあけ、表から工具を当ててハンマーでたたいて反対側の頭をつぶして止める。 2.ブラインドリベット止め 材料に穴をあけ、ブランドリベットのピンを抜いて止める。コレには特殊工具が必要であるが、反対側に手が入らなくても止められる。 3.穴をあけてボルト止め。 4.お手軽に両面テープ。 5.接着剤。 ちょっと漠然として ...続きを読む
鉄類と言っても形状が解らないので、板状のモノとして。
1.リベット止め
材料に穴をあけ、表から工具を当ててハンマーでたたいて反対側の頭をつぶして止める。
2.ブラインドリベット止め
材料に穴をあけ、ブランドリベットのピンを抜いて止める。コレには特殊工具が必要であるが、反対側に手が入らなくても止められる。
3.穴をあけてボルト止め。
4.お手軽に両面テープ。
5.接着剤。
ちょっと漠然としているので思いつきで以上。
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 18% (175/970)

私もinaken11さんとほぼ同じです。サイズや形が解らないので、 他には、100円ショップで 1.相手が鉄と言うことで、ゴム磁石(両面テープ付)を貼付 (初心者マークのようなヤツ・簡単にはずせる) 2.両面テープ付のマジックテープを買ってきてそれで固定(1.より重い物を留められる) どちらも、固定すると言うより、簡単に動かないと言う目的で使用しています。 →モデムやUSBハブをラ ...続きを読む
私もinaken11さんとほぼ同じです。サイズや形が解らないので、
他には、100円ショップで

1.相手が鉄と言うことで、ゴム磁石(両面テープ付)を貼付
(初心者マークのようなヤツ・簡単にはずせる)

2.両面テープ付のマジックテープを買ってきてそれで固定(1.より重い物を留められる)

どちらも、固定すると言うより、簡単に動かないと言う目的で使用しています。
→モデムやUSBハブをラックに留めています。(ぶら下げている)
  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 43% (535/1229)

目的、大きさ、形状、接触面積などにより変ります。 基本的に、接着:目的により接着材を選定します。両面テープもあり。 ネジ止め:ナット止め、タップ、各種あり リベット:鉄板も薄い場合 鉄類の中でいい素材とは、何にいい素材でしょうか。
目的、大きさ、形状、接触面積などにより変ります。
基本的に、接着:目的により接着材を選定します。両面テープもあり。
ネジ止め:ナット止め、タップ、各種あり
リベット:鉄板も薄い場合
鉄類の中でいい素材とは、何にいい素材でしょうか。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ