OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

たいした怪我ではないけれど・・

  • 困ってます
  • 質問No.201120
  • 閲覧数67
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 87% (7/8)

私と女子2名、男子1名で飲み会の帰りに、酔っ払い男性1名にからまれ
女子3名はグーで2発殴られ、男子は目の上を6針縫う怪我をしました。
その日の内に、暴行被害届を提出して、もうじき1ヶ月経とうとしています。
未だ、警察や相手側から連絡がないので、このまま有耶無耶になるのではないかと不安です。
女子は殴られただけで、治療するほどの怪我はしませんでしたが、訴える事はできるのでしょうか?
あと、怪我をした男子の治療代ぐらいは相手から、とりたいと思うのですが、代理で訴える事はできますか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 60% (39/65)

まず,事件の相手方はどこの誰だか判明していますか?被害届を警察に提出する際,犯人も同行しましたか?
>未だ、警察や相手側から連絡がないので
とあるので,おそらくあなたは相手が誰であるかを知っているのでしょうが・・・
この点が不明なので,明確に回答できませんが,警察が犯人が誰であるのかを捜査中という可能性もあります。
もしかすると警察は,犯人を特定してから,改めて被害者であるあなた方から事情を聞こうと思っているのかもしれません。
不安であれば,被害届を提出した警察に問い合わせてみたらいかがでしょうか?警察もすぐに回答してくれるはずですよ。

>女子は殴られただけで、治療するほどの怪我はしませんでしたが、訴える事はできるのでしょうか?
この場合の「訴える」は損害賠償請求という趣旨ですか?仮にそうであれば,民事訴訟を提起し,相手の行為により生じた損害額を立証することで,いくらかの倍賞を受けることは可能です。

男子の治療代を相手からとりたいとのことですが,簡単なのは怪我をした本人が相手に治療費を請求することです。こういっては何ですが,このような法的交渉に素人が介入すると,あとでこじれる可能性が高くなります(特に被害者と代理で交渉する者との間に血縁関係等がないばあい,恐喝だと受け取られる余地が多大にあります)。怪我をした本人から代理権を授与してもらい,委任状でも作成してもらえば,代理で治療費を請求することは可能ですが,仮に治療費の支払い請求を訴訟手続で行うとすると,弁護士に代理を依頼すべきです。
補足コメント
flavono

お礼率 87% (7/8)

説明不足ですみません。
相手は、警察官に取り押さえられて一緒に、同行しています。酔いが完全に醒めてない状態で、警察官に謝罪を促されて、しぶしぶ(という感じを受けました)謝ってはくれました。
酔っていたとはいえ、殴られて「すみませんでした」だけでは納得いかないので、民事訴訟を・・と考えています。
投稿日時 - 2002-01-19 13:31:47
お礼コメント
flavono

お礼率 87% (7/8)

回答ありがとうございます。
早速、警察に電話してみました。「警察庁に事件を報告して、犯人を起訴・不起訴にするかどうかを決めてもらう事になると思いますが、警察庁に送る書類を作成してるかどうかわかりませんので、詳しくはお答えできません。しかし、書類が提出されていて、起訴になった場合は、改めて書類が必要になるので、その時にこちらから、御電話させて頂く事になると思います」と言われました。
不起訴になった場合、彼は何も罰を受けないってことでしょうか?
男子の治療代については、やはり本人が請求するのが本当ですよね。一番怪我をしたので、遠慮もあり、肝心な事を話合えてなかった。ただ、私達の賠償請求が無理でも、彼の賠償請求はできるだろうと思ったので、焦っていました。
説明不足の悩みに、回答下さって本当に感謝いたします。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-01-19 14:08:03
-PR-
-PR-
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ