OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

大学院希望の場合の就職活動

  • すぐに回答を!
  • 質問No.200483
  • 閲覧数70
  • ありがとう数13
  • 気になる数0
  • 回答数8
  • コメント数0

お礼率 47% (259/540)

自分は大学院を希望しています。
現在3年で応用化学科です。

大学院に進む場合、それを決めた時点で就職活動はしないものでしょうか?
たとえば、就職活動をすれば、企業のこと・自分の本当にやりたいこととか色々見えてくるからエントリーをしている友人もいます(その友人も院行くと言っていますが)。

自分の考えは、4月から研究室での生活が始まると中途半端な気持ちで就職活動はできないと思うし、中途半端な気持ちで就職活動したくない、できない(時間的に)と思っています。
でも、じゃあ本当に働くことってどうゆうことか分かっているの、希望業界(食品・化粧品)のこととか分かっているの、と自問自答してみると、・・・・です。

ありきたりですが、今は将来研究職につきたいと思っているので、まずは今興味の持てる研究テーマの研究室を選んで3年間(修士まで)頑張ってみようかなと思っています。

でも就職活動することで、院行く意味とかより深く考えられたり、色々な会社のことを知ったりとかできると思うのです。

研究職につきたいから、とにかく修士まで行こうという考え方は悪くはないと思うのですが、なんかそれだけだと、「自分の意思・考え甘いんじゃないの」とか思うのです。
考えすぎですかね?

なんか書いていて、まとまりのない文章になってしまいしましたが、就職活動を経験した方、研究職の方など、体験談・アドバイスをいただけたらうれしいです。
通報する
  • 回答数8
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5

就職活動の必要はないと思います。
…というか、できないと思いますよ。(^_^;)

私自身、化学系の修士を取った後に食品業界に研究者として勤務していますので、自分の経験を踏まえてちょっとお話させていただきます。

まず、4年次に就職活動をする場合、研究なんてやってられません。
4卒で就職活動した友人は、夏が終わるまでは研究室にすらこれない状況でした。
また、私自身が院生だった頃は、下の4年生は学校にいませんでした。(^_^;)
卒論の実験は院生が代打でやっているようなモノでしたね。
私は他大学の院に進学したのですが、卒業した大学も、進学した大学も、両方とも似たような状況でした。

院に進学する場合、↑のような状況は非常に好ましくないです。
教授によってはかなり気を悪くされる方もいますし、印象としては「中途半端」で「本気で研究やる気あるのか?」という気分になります。
基本的に4年生は一人で研究はできません。
大体、院生が上について指導します。
そんな状況で行く気もない就職活動をされると、指導する立場の人たちは迷惑しますよ。

それに、院試の勉強もあります。
自分の大学の院に進むのならさして困難ではないのですが、やはり勉強は必要です。
どっちつかずの状況だと、自分の首を絞めると思います。
せっかく「院に進む」ということが分かっているのなら、今はそちらに集中すべきだと思います。

> 研究職につきたいから、とにかく修士まで行こうという考え方は悪くはな
> いと思うのですが、なんかそれだけだと、「自分の意思・考え甘いんじゃ
> ないの」とか思うのです。

意気込みと気持ちは分かるのですが…今のcoach305さんの考えもかなり「甘い」です。(^_^;)
就職活動はそんなに甘くないです。
ちょっと触ってみて企業の雰囲気が分かるものではありません。
本気にならないと何も見えてきませんよ。
「本気で就職する気がある人間」と同じものが見えるとは思わないで下さい。
感じ取れるのは、「就職活動の試験はこんなものか」「面接はこんな感じか」程度です。
後は、自分の気迫のなさを実感することになるかもしれないですね。
いずれにせよ、自分が実際に就職活動するときには何の役にも立たないでしょう。
本気で就職する気があるからこそ、その厳しさも企業のカラーも見えてきます。
そもそも、本気で就職する気がなければ、受ける企業自体も少ないですよね。
食品業界や化粧品業界で就職活動をしましたが、数社見た程度で「働くこと」の意味も、「企業のイメージ」もつかめません。
「働くこと」について知りたければ、アルバイトのほうが余程マシです。
中途半端な行動で失う時間の方がもったいないですよ。

中途半端な就職活動では、研究の時間が割かれて自分が苦しくなった割には得るものが少ない…ということになりかねません。
「研究者を目指す研究」ならば片手間にできるものではありませんし、「何かを感じ取りたい」就職活動も片手間にできるものではありません。

色々と厳しいことを書きましたが、実は、私自身3年の終わりから4年のはじめにかけて実際に就職活動をしていました。
coach305さんのような理由で、です。
ですが、実際に修士2年で就職活動をする際に何の役にも立ちませんでした。
ちょっとかじるくらいじゃ何も分かりません。
「就職活動を体験」っていう軽い印象が残っただけで、その厳しさも真剣さも企業で働くということも、なにも感じ取れなかったですよ。
もちろん、実際に活動していたときはそれなりに感じたつもりだったのですが、本当に就職活動を始めたときに「何の役にもたたない」ことを実感しました。単なる自己満足だったんです。
自己満足で自分の時間をつぶし、周囲に迷惑をかけるのはあまり得策とは言えません。
「体験」程度の気分で就職活動する人って、周囲を不愉快にさせますよ。
進学するのであれば、自分にとってもあまり利益はないと思います。
私はそう考え、4年の最初に就職活動を止めました。

研究は大変だと思いますが、楽しいですよ♪
頑張ってください!
お礼コメント
coach0305

お礼率 47% (259/540)

本当にありがとうございます。
やっぱり中途半端な気持ちではだめですよね。
就職活動を行なうのは辞めようと思います。
でも将来のために色々なことにアンテナをはって自分自身の将来については常に考えておこうと思います。
投稿日時 - 2002-01-18 19:50:41
-PR-
-PR-

その他の回答 (全7件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 19% (42/215)

自分も3年です。工学部です。私の学科もやはり大多数が院行きですが、 院志望の人で就活するという人はかなり少ないです。私はできれば就職したいのですが、 一応院も受けてみようかなと思っています。 あなたは研究職につきたいという志望が強そうなので特別就活しなくてもいいのでは ないでしょうか? ...続きを読む
自分も3年です。工学部です。私の学科もやはり大多数が院行きですが、
院志望の人で就活するという人はかなり少ないです。私はできれば就職したいのですが、
一応院も受けてみようかなと思っています。
あなたは研究職につきたいという志望が強そうなので特別就活しなくてもいいのでは
ないでしょうか?
お礼コメント
coach0305

お礼率 47% (259/540)

どっちか一本。
この考え方でいこうと思います
投稿日時 - 2002-01-18 20:08:51

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 26% (87/333)

結論から言うと就職活動する必要はないと思います。 進学する意志がはっきりしているのであれば、今は勉強&研究をしっかりやるべきだと思いますよ。 就職活動して、もし内定もらったらどうするんですか? 「実は院に行くので就職しません」とかいうんですか? 内定を蹴ったら、あなたの大学・研究室の印象が悪くなって同級生や後輩に迷惑をかける可能性もあると思います。 希望業界や会社のことなんて、実際は就職してみな ...続きを読む
結論から言うと就職活動する必要はないと思います。
進学する意志がはっきりしているのであれば、今は勉強&研究をしっかりやるべきだと思いますよ。
就職活動して、もし内定もらったらどうするんですか?
「実は院に行くので就職しません」とかいうんですか?
内定を蹴ったら、あなたの大学・研究室の印象が悪くなって同級生や後輩に迷惑をかける可能性もあると思います。
希望業界や会社のことなんて、実際は就職してみないとわからないことが多いと思います。ですから、実際に就職されている先輩などに話を聞く方が良いですよ。
ちなみに、今は修士を出たからといって必ず研究職につけるとは限りません。
頑張ってくださいね。
お礼コメント
coach0305

お礼率 47% (259/540)

ありがとうございます。
修士でても研究職つけるかは、自分の努力・運しだいだと思いますが、まずはこれから修士1年冬の就職活動までの間は研究室での生活の充実を考えていこうと思いました。
投稿日時 - 2002-01-18 20:07:54
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 20% (58/281)

就職活動はする必要ないのでは・・と思います。 私は、自分の勉強(研究)を続けたいという意志で、大学院進学を考えました。 なので、就職活動は全くせず、 それよりも、確実に大学院に進めるような努力をしていました。(一応、受験勉強みたいなの・・) 修了してから、研究職につくことはなかったのですが、好きなことを続けられたし、人脈もできたし、充実した院生活だったので、後悔していません。 ただ、研究職に ...続きを読む
就職活動はする必要ないのでは・・と思います。
私は、自分の勉強(研究)を続けたいという意志で、大学院進学を考えました。
なので、就職活動は全くせず、
それよりも、確実に大学院に進めるような努力をしていました。(一応、受験勉強みたいなの・・)
修了してから、研究職につくことはなかったのですが、好きなことを続けられたし、人脈もできたし、充実した院生活だったので、後悔していません。

ただ、研究職につくことは、難しいのではないかと思われます。
大学院修了して、全然関係ない企業に就職する人も多いですし、結局プータロウの人もいます。まあ、努力と運と、、、いろんなしがらみにもよるでしょうけど。

私は、一応、専門的にやってきたことから外れずに、関連することを仕事にできています。が。
お礼コメント
coach0305

お礼率 47% (259/540)

そうですね。厳しいですよね。
それに、もし研究職につけたとしても、自分の研究テーマと関連したことができるかというと、これもほとんど無理ですよね。
だから、とりあえず今はやりたいと思っている研究テーマの研究室に頑張って入って、その研究に専念しようと思いました。
ありがとうございます。
投稿日時 - 2002-01-18 20:13:29
  • 回答No.4
レベル7

ベストアンサー率 0% (0/2)

自分もcoach0305さんと同じ3年です。 工学部で研究職に就きたいと思い、大学院にいくつもりですが、就職活動もするつもりです。 ただ、就職活動といっても就職の時の面接がどんなものなのか一度味わっておきたくて受けるだけです。 なので、会社説明会などにはいきません。 2・3社ほど、有名どころを受けてみようと思います。 No.#1さんが書いているように、自分も「もし内定をもらってしまったらどうする ...続きを読む
自分もcoach0305さんと同じ3年です。
工学部で研究職に就きたいと思い、大学院にいくつもりですが、就職活動もするつもりです。
ただ、就職活動といっても就職の時の面接がどんなものなのか一度味わっておきたくて受けるだけです。
なので、会社説明会などにはいきません。
2・3社ほど、有名どころを受けてみようと思います。
No.#1さんが書いているように、自分も「もし内定をもらってしまったらどうするの?」っと友人に言われますが、はっきりいって受かるはずがありません!
ろくに会社についても知らないような人が入れるほど、社会は甘くないと思います。
それに、人(大学の後輩)の心配をするほど、自分には余裕はありません。
なので、自分は就職活動を経験してみようと思っています。
あと、一つ確認した方がいいことがあります。
自分がいく研究室の先生の考え方です。
「大学院行くのだから、就職活動する必要はない!」という考えの先生方もいますので、確認した方がいいですよ。
自分の先生は「受けてもいいんじゃない♪」って考えなので!
どちらにせよ、これから大変ですけどがんばりましょ!
お礼コメント
coach0305

お礼率 47% (259/540)

そうですね、頑張りましょうお互い。
研究室の教授の考え方って重要ですよね。
参考にさせていただきます
投稿日時 - 2002-01-18 20:04:49
  • 回答No.7
レベル6

ベストアンサー率 40% (4/10)

こんにちは。 私は農芸化学系で大学院修士課程修了後、製薬会社研究職に就いているものです(転職1回経験あり)。 大学3年というと、将来の事をいろいろ考えるものですよね。 自分の場合もそうでしたから参考となるかは分りませんが、体験談と言うことで書かせていただきます。 結論を先に書きますと、就職活動する必要性は全く無いと考えます。 >でも就職活動することで、院行く意味とかより深く考えられたり、 ...続きを読む
こんにちは。
私は農芸化学系で大学院修士課程修了後、製薬会社研究職に就いているものです(転職1回経験あり)。
大学3年というと、将来の事をいろいろ考えるものですよね。
自分の場合もそうでしたから参考となるかは分りませんが、体験談と言うことで書かせていただきます。

結論を先に書きますと、就職活動する必要性は全く無いと考えます。

>でも就職活動することで、院行く意味とかより深く考えられたり、色々な会社のことを知ったりとかできると思うのです。
私もayaeさんやkoarakkoさんが書かれていますように、就職活動だけからでは企業・業界の雰囲気・内容が見えてくるということはまず無いでしょう。
私自身、当初は大学卒で就職する予定でしたので4年生の時に就職活動をしました(ただ、結果として納得できる会社に入社できず、それならと思い夏前の数ヶ月で院試勉強をして大学院に進学したのですが)が、面接になれた程度で他にはあまり得るものがありませんでした。
どうしても面接に慣れたいと考えるのであれば、受けるのも良いかもしれませんが、慣れ/不慣れが就職試験の判定に関わるなんてことはまずないと思いますよ。

またその会社・業界の雰囲気などは実際の入社以降でないと分りませんでした(就職した同期のほとんどが同じように言います)。
大学院修了後初めての就職でもそうでしたし、その後の転職の時もそうでした。ですから、これを理由に就職活動をしようと考えていらっしゃるのなら時間の無駄ですので(面接自体には慣れるかもしれませんが)、今の研究室の研究や院試勉強をしっかりとやるべきと考えます。思いっきり一つのことを自由に没頭できる環境って大学時代くらいしかないですよ!

少々きつい言い方かもしれませんが、ご参考となれば幸いです。
お礼コメント
coach0305

お礼率 47% (259/540)

ありがとうございます。
でも、まだ研究室は決まっていないのです。
でも行きたい研究室は決まっているので、まずはそこの研究室で何か没頭できることを見つけようと思います。
中途半端に就職活動するのは、するのはやめようと思います。
投稿日時 - 2002-01-18 19:56:41
  • 回答No.6
レベル8

ベストアンサー率 12% (7/57)

こんにちは。 農学研究科、修士課程2年目で今、修士論文を書いています。 今年度は自分の就職についていろいろ考えさせられた年でした。 coachさんに今一番必要なのは、自分の研究室修了後研究者になれる 可能性がどの程度あって、就職するならどんな企業に入れるのかを 調べることではないでしょうか? そして研究者か就職かを早く決断するべきです。 今の時代、一流企業の研究者は博士卒が必要です。 ...続きを読む
こんにちは。
農学研究科、修士課程2年目で今、修士論文を書いています。
今年度は自分の就職についていろいろ考えさせられた年でした。

coachさんに今一番必要なのは、自分の研究室修了後研究者になれる
可能性がどの程度あって、就職するならどんな企業に入れるのかを
調べることではないでしょうか?
そして研究者か就職かを早く決断するべきです。

今の時代、一流企業の研究者は博士卒が必要です。
博士課程を卒業するのは修士よりよっぽど難しいです。
そして世間には博士課程を卒業した人がゴロゴロいて、その人たちでさえ
就職は難しいようですからよっぽどの覚悟が必要だと思います。
最近は3年契約が多いようですし、3年毎に転職生活ですよ。

で、就職しようと決めた場合、修士に行く必要はほとんどないと思います。
上記の状況から修士卒だからといって研究者になれるわけではない現在、
若い学部卒を鍛える方を好む企業も多くあります。
学部→修士→博士と進むにつれ確実に就職先の選択肢は狭まっていきます。

結論として、もし修士まで進むことを決めたとしても、卒業後少しでも就職する
可能性があるのなら学部の4年生の時に就職活動を体験しておくべきです。
絶対受からないところでもいいでしょうし、受かったら行っちゃえって
思えるところでもいいと思います。
就職活動をする理由ですが、ズバリ面接に慣れるため!です。
何回か事前に就職面接を経験したのと全くの初めてではかなり状況が違います。
大体どんな企業でも質問の傾向というのはどこか似てくるものです。
無料で就職試験の練習が出来るのですからこれは受けとくべきでしょう。
お礼コメント
coach0305

お礼率 47% (259/540)

無料で練習ができるというのは確かにそうですよね。
しかし色々な意見を聞いて自分自身考えた結果、就職活動はしないと思います。
確かに厳しい時代ですよね。
まずは研究室での生活をいかに充実させるか考えていこうと思います。そして、自分の将来については常に考えておこうと思います。
投稿日時 - 2002-01-18 20:02:30
  • 回答No.8
レベル12

ベストアンサー率 29% (59/198)

 こんにちは、ghq7xyです。私は文系ですけれども、大学院の修士課程を修了する見込みの者です。私は税理士を目指しておりまして、税法3科目を免除する目的で大学院(同じ学内)に入学しました。  私の場合は大学院に進学することしか考えていなかったので、学部の4年生当時、いわゆる就職活動は一切しませんでした。それは正解だったと思っています。私にとっての「就職活動」は税理士試験の簿記論、財務諸表論の合格と大学院 ...続きを読む
 こんにちは、ghq7xyです。私は文系ですけれども、大学院の修士課程を修了する見込みの者です。私は税理士を目指しておりまして、税法3科目を免除する目的で大学院(同じ学内)に入学しました。
 私の場合は大学院に進学することしか考えていなかったので、学部の4年生当時、いわゆる就職活動は一切しませんでした。それは正解だったと思っています。私にとっての「就職活動」は税理士試験の簿記論、財務諸表論の合格と大学院に入って修了し、税法3科目を免除することでした。現在、私の課題は簿記論の合格というカベが残っています。
 私の修了後は会計事務所に就職が内定し、今はそこでアルバイトとして勤務しております。実務を見習って思っていることは、勉強時間の確保が難しい、ということです。大学院生当時(今もそうですけど)に戻りたい、という気分です。去年受かっていれば、という心境です。
 文系なので、理系の大学院とは事情が違うと思いますが参考になれば幸いです。
お礼コメント
coach0305

お礼率 47% (259/540)

将来のための努力に頭が下がります。
自分も研究室の生活で、なにか没頭できることを見つけようと思っています。
簿記論の合格、応援しています。
投稿日時 - 2002-01-18 19:53:45
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
学校での出来事、同じようなことあった!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ