OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

農業生態学 

  • すぐに回答を!
  • 質問No.199632
  • 閲覧数272
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 94% (17/18)

植物群集の多種共存機構についての平衡説、非平衡説について教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 66% (12/18)

 植物に限ったことではありませんが、一般に生物群集を構成する各要素の数が生物間の相互作用(捕食とか、競争とか、共生とか)によってかちかちに決定されていて、変化の余地が(あまり)無いというのが平衡説です。このような場合、よそから新しい生物を導入しても定着する余地が小さいでしょう。
 非平衡説では、台風などの大規模な攪乱が常に大きな影響を及ぼしていて、生物群集は大抵は(平衡への)復活の途上にあり、種間関係によってかっちりと固まってはいないと考えます。その構成要素は偶然によって決まる部分が大であるということで、他からの生物の新たな侵入もたやすいでしょう。
 
 おわかりいただけたでしょうか。質問の背景をもう少し書いていただけるとより的確にお答えできると思うのですが。
お礼コメント
takutakutaku

お礼率 94% (17/18)

ありがとうございました。自分でもいろいろ探してみたんですが、なかなかみつからなかったため、たいへん役に立ちました。
投稿日時 - 2002-01-21 10:45:02
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ