OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ステロイド性白内障?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.197275
  • 閲覧数1028
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 88% (48/54)

身内のものが半年ほど前に「高安動脈炎(大動脈炎症候群)」と診断され、昨年6月下旬からプレドニン5mg12錠からの入院治療を受け、9月下旬、4錠に減量された時点で退院、現在は3.5錠と3錠を隔日で服用しています。
入院中から目が眩しくておかしいという話でしたが、最近は見え辛いのが段々ひどくなってきて、いつも目が潤んでいるような状態です。眼圧は以前から高いようです。血圧も現在は降圧剤を服用していますが、朝が180/110、昼以降は150/90くらいです。
高安動脈炎でも、目に症状が出てくることはあるようなのですが、現在かかっている眼科医は「白内障」という診断をしています。年齢は今年50歳になります。まだ老人性の白内障には少し早い年齢だと思いますし、ステロイド剤も服用しておりますので、「ステロイド性白内障」ではないかと思っています。同時に病気からくる眼の障害?という疑念もあります。ステロイド性白内障について、また、高安動脈炎の眼の障害について教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 85% (82/96)

眼科医です。

ステロイド白内障の経過と治療方法は老人性白内障と変わりありませんので、一般の白内障の欄をご覧ください。
また50歳台での老人性白内障は約50%と言われ、決して稀ではありません。
ただしこの場合は、やはりステロイドによる白内障の進行は関係していると思われます。

また高安動脈炎の眼科症状は主に眼底の血管に見られます。
この病気は、大動脈弓、総頚動脈、鎖骨下動脈等に閉塞を起こします。
本症は10才代から30才代の女性に多いとされています。

このうち眼科に関係するのは、総頸動脈の閉塞であり、脳虚血症状と眼症状が現れます。
網膜動脈圧は抵下し、網膜血管は慢性低酸素状態となり、網膜中心静脈の拡張が見られます。
また網膜中心動静脈吻合が出現するのが特徴です。
綱膜内の血流量が少ないために動静脈吻合が起こり、病気が進行していくに従って、網膜血管は周辺よりしだいに消失し、ついには乳頭をとりまいて花環状吻合を形成すると教科書にはありますが、私はこんなに進行した例は見たことがありません。
最終的には、少ない血液量で網膜の機能を維持しなければならないために吻合は徐々に進行し、網膜硝子体出血、増殖性網膜症に進展するとあります。

つまり、高安病で眼底病変が出た場合は、ごく初期にはなんら自覚症状(視力低下)など出さず、内科的な治療がなさられず高度に悪化した場合には二度と視力回復が望めないほど重症だと言えるでしょう。

この意味からは、現在の目のかすみは、白内障によるもので、これはもっと進行して免許の更新等に差し障りが出たら、一般の老人性白内障のように手術で視力回復が可能と思われます。
手術は現在正味10分程度。
お若い人なら、日帰りがほとんどです。

ただし、一つ気になるのは、眼圧が高いとのこと、もし緑内障も合併してるなら視力予後は楽観できませんのでよく主治医に確認してください。

白内障については、下記URLをご参照ください。
お礼コメント
Zauberflote

お礼率 88% (48/54)

お忙しい中でのご回答、本当にありがとうございます。深く感謝申し上げます。とても詳しく教えていただき、知りたかったことを知ることができました。ありがとうございました。
もしこれをご覧になっていて、お時間がありましたら教えていただきたいのですが、眼科医の方はどなたでも、unyakoさんが教えてくださったような、眼科の範囲内での高安病変のことを、知識としてご存知なものなのでしょうか。患者数の少ない病気ですので、そこのところも少し不安なのです。
投稿日時 - 2002-01-15 09:36:32
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 85% (82/96)

お返事が遅くなって失礼しました。 高安病は、別名モヤモヤ病と呼ばれていて、医師国家試験のうちの脳外科の大きな山の一つですのでまず知らない医師はいないでしょう。 名前からして、モヤモヤだなんて、どうしても印象に残るんです。 よく誤解されるのですが、眼科医といえども医学部時代は全教科を勉強します。 そして医師国家試験も医師免許も科ごとではなくて一つしかありません。 医学部6年間を卒業し、医師国家 ...続きを読む
お返事が遅くなって失礼しました。
高安病は、別名モヤモヤ病と呼ばれていて、医師国家試験のうちの脳外科の大きな山の一つですのでまず知らない医師はいないでしょう。
名前からして、モヤモヤだなんて、どうしても印象に残るんです。

よく誤解されるのですが、眼科医といえども医学部時代は全教科を勉強します。
そして医師国家試験も医師免許も科ごとではなくて一つしかありません。
医学部6年間を卒業し、医師国家試験に合格後、はじめて自分の専門の科を決めます。
眼科医の場合はその後さらに5年の研修期間と専門医試験に合格して、はじめて眼科専門医の資格を得ます。

高安病の眼底所見は特異的ですから、眼科専門医試験でも山の一つです。
どんな試験でも山と言われる所から勉強しますよね。(笑)
でも、実際に臨床で、典型的な眼底所見が現れるまで放置された症例を拝見したことはないです。
教科書にはたいてい典型的な眼底図譜が付いているんですが、いったい何時何処で撮影されたんだか不思議に思うほどです。

ですからお身内の方の主治医もイヤというほどご存知だと思いますよ。
もっと典型的な例なら、ぜひ学会に発表したいと思っていらっしゃるほどです。
ステロイド白内障は、ありふれていて学会に発表しても誰も振り向いてもくれません。
そのくらい心配のないものの証明だとお考えくださいね。
お礼コメント
Zauberflote

お礼率 88% (48/54)

重ねてのご回答、ありがとうございます。
今日眼科に行って参りました。やはり、白内障とのことでした。unyakoさんのおかげで、緑内障についてのことも調べてもらうことができました。緑と白で色が違うだけ・・・ではないのですね。本当に、ありがとうございました。心から感謝しています。
投稿日時 - 2002-01-17 00:45:26
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 85% (82/96)

すいません、先ほどの解答について一部訂正します。 あまりに昔の知識なので、すこし混同してました。 高安病は、脈なし病のことでしたね。 同じ難病指定疾患ですが、モヤモヤ病と呼ばれるウイリス動脈輪閉塞症とは、別疾患でした。 高安病の典型的な眼底所見は、前記した通りで間違いありません。 実は高安病の発見者は、元金沢大学の眼科教授の高安右人先生であり、眼科と縁の深い疾患です。 緑内障の検査 ...続きを読む
すいません、先ほどの解答について一部訂正します。
あまりに昔の知識なので、すこし混同してました。
高安病は、脈なし病のことでしたね。

同じ難病指定疾患ですが、モヤモヤ病と呼ばれるウイリス動脈輪閉塞症とは、別疾患でした。
高安病の典型的な眼底所見は、前記した通りで間違いありません。

実は高安病の発見者は、元金沢大学の眼科教授の高安右人先生であり、眼科と縁の深い疾患です。

緑内障の検査も受けられてこれで一安心ですね。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ