OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

帰省ラッシュはいつごろから

  • 暇なときにでも
  • 質問No.196151
  • 閲覧数495
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

世界中で、正月は家族親戚と過ごす!という義務のもと、大雪の欠航・ダイヤ混乱、渋滞・ピーク時価格にもめげず根性で帰省する私たち。ハリウッド映画のネタ(Xmasの帰省)にもよく見られます。
ふとした疑問ですが、
人類史上、盆と正月の帰省にかけるエネルギー(苦労)がこんなに大変になったのは、いつくらいからなのでしょうか。
例えば、国を横断縦断するような帰省ラッシュがニュースや物語のネタになったのはどのくらいの時代からなんでしょう。ちょっと昔は交通手段が乏しいのであきらめてただろうし、もっと昔は親戚は皆近くにいただろうし。
宗教によらずだいたい真冬が正月というのも面白いと思います。日が長くなり春に向かう境目、しかも一番厳しい季節を特別なものと感じ、親類と静かに過ごそう、という感性が共通しているわけですよね。単なる社会ルールでなく、本能に近い衝動かも。
とすると、常夏の国ではキリスト教などが広まる以前は、正月を親類とともに過ごすことにはあまりこだわってこなかったのかな。
雑学ですみませんが何か知っている方、教えて下さい。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 17% (38/216)

質問の内容ごもっとも。
日本では、1月15日が小正月でお嫁さんや奉公人の里帰りの風習がありました。
中国・韓国では今も続いているようですね。WEBで情報が得られます。かなり長い伝統を感じます。

真冬が正月は、全世界ではなく、イスラム暦は完全月齢ですので毎年ずれます。春や夏や秋にもなります。

元日の定め方は決まってなくて歴史的にはいろいろあったようです。冬至や春分が多いです。おっしゃるとおり、動物としての感性でしょうね。これもWEBで「暦」をさがせばでています。

日本は春分を基本にしていました。
公式には中国、今は西洋の暦をつかっていますが、節分が「年越し」、と称されることでもこの古い伝統はまだ生きています。

ちょっと気がついたことだけですが、ご参考まで。
お礼コメント
noname#2233

ありがとうございます!
イスラム暦の正月のことなど、いろいろ初耳のお話をありがとうございます。
まさに質問を書いているときに、NHKドラマの「おしん」が奉公の時もお嫁に行った時も一人で里帰りしていたのを思い出して、確か真冬だったような・・「あれはなんだったんだろう?」と、首をかしげていたのでした。きっと、ご説明の里帰りの風習ですね・・。
投稿日時 - 2002-01-11 22:45:52
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ