-PR-
締切り
済み

田村亮子をヤワラちゃんと呼んだのは?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.19563
  • 閲覧数978
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 18% (29/154)

柔道の田村亮子選手を「ヤワラちゃん」と呼ぶように
なった理由は何ですか?
また、誰が言い始めたのでしょうか?教えて下さい。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 37% (9/24)

誰が言い始めたのかは判らないのですが、語源は『週間ビックコミックスピリッツ』で連載していた『YAWARA!』の主人公 柔(ヤワラ)ちゃんです。 TVアニメにもなってヒットしていて、階級も一緒だったので、新聞記者等で言われ始めたと思います。
誰が言い始めたのかは判らないのですが、語源は『週間ビックコミックスピリッツ』で連載していた『YAWARA!』の主人公 柔(ヤワラ)ちゃんです。
TVアニメにもなってヒットしていて、階級も一緒だったので、新聞記者等で言われ始めたと思います。
  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 50% (6/12)

田村亮子選手を「ヤワラちゃん」と呼ぶようになった理由ですが、「ヤワラちゃん(YAWARA)」という名前(あだ名)は、元々漫画家の浦沢直樹氏が週刊誌「ビッグコミックスピリッツ」にて連載していた「YAWARA!」(テレビアニメにまでなった超有名コミックス)という漫画に出ている主人公・猪熊柔に使われていました。 田村選手が柔道で、全国的にマスコミで注目され始めた当時、この漫画がリアルタイムで放送・連載されてい ...続きを読む
田村亮子選手を「ヤワラちゃん」と呼ぶようになった理由ですが、「ヤワラちゃん(YAWARA)」という名前(あだ名)は、元々漫画家の浦沢直樹氏が週刊誌「ビッグコミックスピリッツ」にて連載していた「YAWARA!」(テレビアニメにまでなった超有名コミックス)という漫画に出ている主人公・猪熊柔に使われていました。
田村選手が柔道で、全国的にマスコミで注目され始めた当時、この漫画がリアルタイムで放送・連載されていました。
その漫画の中で、主人公・猪熊柔が柔道をする際に、髪の毛をゴム(リボン)で結んでいました。同じく田村亮子選手もトレードマークの様に、赤いゴムかリボンで止めていたと思います。この二人の柔道をする際に使うトレードマークのゴム(リボン)が、二人の共通点となり、田村選手にこの名前(ニックネーム)がついたのではないでしょうか。もちろん、二人にはそれ以外にも共通点があります。例えば、二人ともとても柔道が強い女の子であり、幼い頃から柔道をしていた等など・・・。容姿に関してはなんともいえませんが・・・。

あの当時、”女三四郎”と呼ばれた、山口選手もあまり試合で名前を聞かなかったこともあり、マスコミで使われたはずです。

呼ぶようになった理由は、これが理由ではないでしょうか。

もちろん、名づけ親というか言い始めたのは、マスコミの皆様です(多分)。
  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 6% (2/30)

コミックに掲載された柔ちゃんが語源というのは他の回答と同じですが、言い出したのは古舘一郎さんだったように思うのですが。
コミックに掲載された柔ちゃんが語源というのは他の回答と同じですが、言い出したのは古舘一郎さんだったように思うのですが。
  • 回答No.4
レベル6

ベストアンサー率 37% (3/8)

フジテレビの「スーパータイム」(ニュース)の中で、 取り上げてたような...自信無いです。
フジテレビの「スーパータイム」(ニュース)の中で、
取り上げてたような...自信無いです。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ