OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

エアバックの原理について詳しく乗っているサイト

  • 暇なときにでも
  • 質問No.195481
  • 閲覧数2106
  • ありがとう数4
  • 気になる数1
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 60% (164/273)

素朴な疑問です。
エアバックってどうやってあんなに突然大きくなるのでしょう?
調べてみたのですが
1圧縮ガス説(ボンベに圧縮ガスを入れておいて追突と同時に栓が開く)
2化学反応説 アジ化ナトリウム?火をつける?
など色々書いてありました。

自分的には1が楽だと思うのですが・・・。場所取るかも。

保険の対象になるくらいですから統一されていると
思うのですがどちらが正しいのでしょう?
解答もありがたいのですができればサイトも紹介
してくださるとうれしいです。
教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル5

ベストアンサー率 11% (1/9)

エアバックは約0.02秒といった高速で膨張し、約0.1秒でガスが排出され収縮します。 (ホンダにはエアバッグの展開スピードを衝撃の大きさによって2段階に制御する構造のものがあるそうです) そのエアバッグの展開方法は2種類あります。 高圧ガスタンク方式と化学反応方式です。 高圧ガスタンクを用いる方式では窒素ガスなどの無害なガスを使用し、タンクについた破裂盤をピンを刺すなどして破ったり、火薬な ...続きを読む
エアバックは約0.02秒といった高速で膨張し、約0.1秒でガスが排出され収縮します。
(ホンダにはエアバッグの展開スピードを衝撃の大きさによって2段階に制御する構造のものがあるそうです)

そのエアバッグの展開方法は2種類あります。
高圧ガスタンク方式と化学反応方式です。

高圧ガスタンクを用いる方式では窒素ガスなどの無害なガスを使用し、タンクについた破裂盤をピンを刺すなどして破ったり、火薬などの爆発力で破ったりしてガスを噴出させます。

化学反応方式は電気信号で発火材に点火し、ガス発生材が熱に反応することでガスを発しエアバッグを膨らませます。
ガス発生材として用いられていたアジ化ナトリウムは毒性があります。
化学反応させれば(つまりエアバッグを作動させてしまう)ガスのほとんどの成分が窒素なので害が少なくなるのですが、廃車処分(スクラップ処理)などでアジ化ナトリウムが飛散するなど環境への問題がありますので現在は毒性の少ない新しい物質に変わってきています。
しかしこれはこれで問題があるようで、発生するガスが高温で排出ガスでやけどをしたり、ガス化してからの害が強い(一酸化炭素等が多い)といったことがあるようです。

詳しくは分かりませんが、化学反応方式の方がコンパクトに収まるのでこちらの方が多いようです。

詳しいサイトを・・・・と思ったのですが、見つかりませんでした。すいません。
お礼コメント
ko-masa

お礼率 60% (164/273)

自分の考えにあまり間違いはなさそうですね。エアバックの使用がないときの処理まで考えなくてはならないのは大変です。サイトまで探してくださってありがとうございます。
投稿日時 - 2002-01-10 09:38:14
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ