OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

贋作作品について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.193851
  • 閲覧数144
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 100% (7/7)

世界で話題になった贋作について知りたいのですが、なかなか資料がみつからなくて困っています。贋作、真作を対比して考えたいので、出来れば両方の所蔵場所なども知りたいのですが。少しでもおもいあたるようなことがあれば教えてください
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

こんにちわ。
私も贋作についてすごく興味をもった時期を持ち、
手当たり次第に贋作に関する本を読み漁った時期がありました。
その時私が読んだ中でずばぬけて面白かった本は以下の通りです。

贋作への情熱―ルグロ事件の真相
レアル ルサール (著), その他 単行本 (1994/10/01) 中央公論社 ¥2,330
画商のルグロが大量の贋作を売りさばき、多くの人が騙された事件の暴露本です。
ルグロの使った贋作者ルサールの作品はあまりにも出来がよく、
画家本人さえも彼自身が描いたものだとお墨付きを与えたものさえあったのです。
日本の国立西洋美術館も贋作をつかまされたことで有名です。
ルサールは、模写というより、各画家の作風やタッチをもとにまったく新しい絵を
創り出すという手法を用い、その上、何人もの画家の贋作を描き分けることが
出来た、というのがなんとも面白いところです。
彼がどうやって事件に巻き込まれ、画商ルグロがどのようにして人々(それも
玄人の美術関係者たちを)を騙していったか、というあたりが
まるで物語のようで、ぐんぐん引き込まれてしまう本でした。

永仁の壷―偽作の顛末 講談社文庫
松井 覚進 (著) 文庫 (1995/02/01) 講談社 ¥640
これもそんじょそこらの物語より面白い本でした。
古瀬戸の出土品とされ重要文化財の指定までうけていた壺が
実は陶芸家の加藤唐九郎の手になるものだということが発覚した
戦後最大の美術スキャンダル事件の顛末を丁寧に描いた本です。
真贋とはなにか、ということも考えさせられると思います。

真贋ものがたり  岩波新書
三杉隆敏(著)(1996/06/20) 岩波 ¥650
贋作づくりのテクニックや売り込み方、古今東西の
真贋論争に触れていて、いろいろな方面から贋作について
考えることができる本です。

以上三冊とも取り寄せだったり、絶版だったりするようですが
図書館などで見つけることが出来ると思います。

真作と贋作の収蔵場所との事ですが、なかなか贋作の方は
表に出てくることが少ないようです。やはりある種のタブーな
ものなので。時には「贋作展」のような形で展覧会が開かれる
こともあったように思いますが…。真作の方は、上記のような
贋作に関する本に収蔵場所がでています。

ご参考まで。
お礼コメント
runaru

お礼率 100% (7/7)

どうもありがとうございました。参考にさせていただきます。贋作って、いろいろないみで面白いですよね。そして、贋作が存在することで真作の意味をかんがえさせられますよね。
投稿日時 - 2002-01-08 13:21:19
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 39% (276/696)

有名な贋作事件として、ファン・メーヘレンのフェルメールがあります。 下記はそれが取り上げられたTVのサイトです。 彼の描いたフェルメールが本物とされている疑惑もまだあるということで、 彼の作品がどこかで見られるのかは、ちょっと判りませんが、 この事件は取り上げられた文献も多いので、ヒントになれば。 ...続きを読む
有名な贋作事件として、ファン・メーヘレンのフェルメールがあります。
下記はそれが取り上げられたTVのサイトです。
彼の描いたフェルメールが本物とされている疑惑もまだあるということで、
彼の作品がどこかで見られるのかは、ちょっと判りませんが、
この事件は取り上げられた文献も多いので、ヒントになれば。
お礼コメント
runaru

お礼率 100% (7/7)

どうもありがとうございました。参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2002-01-07 12:09:11


  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 57% (11/19)

『警視庁物語シリーズ』24作品の脚本を執筆し、かつて「警視庁刑事部鑑識課法医学室」に勤務した経験を持つシナリオライターでありながら、美術への興味から、贋作事件について、また版画関係の資料的著書も執筆する長谷川公之氏に『贋作汚れた美の記録』という著書があります。もともとは雑誌「月刊美術」に連載したもので、参考になると思います。 ...続きを読む
『警視庁物語シリーズ』24作品の脚本を執筆し、かつて「警視庁刑事部鑑識課法医学室」に勤務した経験を持つシナリオライターでありながら、美術への興味から、贋作事件について、また版画関係の資料的著書も執筆する長谷川公之氏に『贋作汚れた美の記録』という著書があります。もともとは雑誌「月刊美術」に連載したもので、参考になると思います。
お礼コメント
runaru

お礼率 100% (7/7)

どうもありがとうございました。参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2002-01-10 12:47:49
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ