OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

江戸時代

  • すぐに回答を!
  • 質問No.193286
  • 閲覧数68
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 33% (1/3)

江戸期の子育てを植物の育て方に例えるとどのようになりますか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

一言でいえば「あさがおに釣べとられて貰い水」 自然に任せて育てることだと思います。 現代人は、あさがおのつるが伸びて、釣べの方向に向かっているなと思ったらすぐつるを引っ張って向きを変えさせます。子供の意思は二の次になります。基準は子供ではなく親の思い(希望)であり世間なのです。江戸時代にも世間体を気にしたようですが、それは見栄ではなく、人様に迷惑をかけないという市民意識だったと思われます。 日の ...続きを読む
一言でいえば「あさがおに釣べとられて貰い水」
自然に任せて育てることだと思います。
現代人は、あさがおのつるが伸びて、釣べの方向に向かっているなと思ったらすぐつるを引っ張って向きを変えさせます。子供の意思は二の次になります。基準は子供ではなく親の思い(希望)であり世間なのです。江戸時代にも世間体を気にしたようですが、それは見栄ではなく、人様に迷惑をかけないという市民意識だったと思われます。

日の当てすぎ、水のやり過ぎ、肥料のやり過ぎ、これらは植物の声を聞かず思い込みでやるのが原因です。子育てと植物の育て方はよく似ていると思います。分かってはいても実行は難しいですが・・・

このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ