OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

性病の伝染り方?

  • 困ってます
  • 質問No.192537
  • 閲覧数856
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 25% (7/28)

こんばんは、みなさん。
実は最近私の彼氏が私と出会う前から付き合っていた女が
いて、私と出会う直前の行為により妊娠してて相手方の親に「結婚」の準備をトントンと進められ、一ヶ月半ほど入籍はしていない状態で私の家との二重生活をしていたのが発覚しました! 彼は私とずっと暮らして行きたいからどうにもならない状態をどうにかしようとある計画を企てた上での二重生活でした・・・。計画どおりに今は別れ話の最中なんですがあとは産まれてくる子供の話が残っているくらいです。 さて、本題なんですが私は風俗で働いているので性病検査には定期的に行っています。10月の頭にクラミジアにかかっていることが判明して、初めての性病にショックを受けていました。もちろんその時点で彼氏にも性病検査に行ってもらったのですが、彼はクラミジアは出ずに淋病が出たのでした。 そのときはおかしいなとおもいつつもやり過ごし、今回の出来事で彼の口から聞いたのは「向こうの女は淋病とクラミジア二つ出た」とのことでした。私は間違いなく淋菌にはかかってなかったので彼の淋菌は向こうの女から伝染ったことになりますよね?実は私と出会った頃にはすでに、頻尿と残尿感が続いていたらしいです。私も彼と性交を持ってから おりものが多くなって妙な感じがしてました。(←このころは風俗してません) 彼は私と向こうの女以外とは絶対に性行為はないそうです。もし、百歩譲って私が仕事上で 病原菌を持ってきたとしたら、私(クラミジア)→彼(淋病)→女(淋病&クラミジア)という風に伝染るのは可能なんでしょうか? 
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 36% (63/171)

STDにかぎらずあらゆる病気は潜伏期間と発症期が有ります。 さらに個人の免疫、体調によって菌体の増殖差が有ります。 つまり・・・ 淋保菌者が発症しない時期にセックスすれば相手に淋菌をうつすことになりますよね。 でも相手にうつっても潜伏期間が有ります。 この間に、あなたは免疫などもあり発症せずに知らない間に淋病を撃退。 その撃退後の検査ではあなたから淋病は出ず、クラミジアだけ・・・。 ...続きを読む
STDにかぎらずあらゆる病気は潜伏期間と発症期が有ります。
さらに個人の免疫、体調によって菌体の増殖差が有ります。

つまり・・・
淋保菌者が発症しない時期にセックスすれば相手に淋菌をうつすことになりますよね。
でも相手にうつっても潜伏期間が有ります。
この間に、あなたは免疫などもあり発症せずに知らない間に淋病を撃退。
その撃退後の検査ではあなたから淋病は出ず、クラミジアだけ・・・。

という構図も有ります。

とにかくセックスすれば誰からでもどんな菌でもうつるモノです。
うつる(保菌する)のと症状が出るのは別物なので、菌の出所の押し付け合いより
治療と、根本的な問題解決に力を注いでみて下さい。
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 58% (448/771)

>私(クラミジア)→彼(淋病)→女(淋病&クラミジア)という風に伝染る >のは可能なんでしょうか? クラミジアは「ラミジア菌」により発症、淋病は「淋菌」です。別の菌であり、途中で変化する事はありません。
>私(クラミジア)→彼(淋病)→女(淋病&クラミジア)という風に伝染る
>のは可能なんでしょうか?

クラミジアは「ラミジア菌」により発症、淋病は「淋菌」です。別の菌であり、途中で変化する事はありません。
  • 回答No.3
レベル5

ベストアンサー率 22% (2/9)

クラミジア感染症は、以前には非淋菌性尿道炎と言われていました。淋病と同様に尿道から膿が出て排尿時に激痛を伴うのですが、淋菌の検出がなかったのでこういわれていたのです。そもそも原因となる病原体は、細菌よりも小さくて培養も容易でないクラミジアの中でも、トラコーマという眼の病気の病原体と同じクラミジア・トラコマティスなるものです。診断には尿や分泌物のDNAやRNAの検査で確定します。感染経路はは接触感染ですが、 ...続きを読む
クラミジア感染症は、以前には非淋菌性尿道炎と言われていました。淋病と同様に尿道から膿が出て排尿時に激痛を伴うのですが、淋菌の検出がなかったのでこういわれていたのです。そもそも原因となる病原体は、細菌よりも小さくて培養も容易でないクラミジアの中でも、トラコーマという眼の病気の病原体と同じクラミジア・トラコマティスなるものです。診断には尿や分泌物のDNAやRNAの検査で確定します。感染経路はは接触感染ですが、必ずしも移るものではなくコンドームの使用などでも感染率は変わってきます。そもそも性行為感染症は、ペニスと膣壁の摩擦によって生じた小さな傷などから感染するものが多く、非感染者の体調などで感染率が変わると思われます。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ