OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

これは単なる腰痛でしょうか?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.192279
  • 閲覧数608
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 16% (91/544)

 関西在住の者です。昨年末から腰が痛み出したため、ある整形外科に行きました。そこではレントゲン写真を撮られ、そのレントゲン写真から椎間板ヘルニアと診断されました。しかし、説明が少なく不親切な医者だったため、後日、他の整形外科に行きました。その病院でもレントゲン写真を撮られましたが、その医者によるとレントゲン写真だけでは椎間板ヘルニアかどうかは判断できないと言われ、後日MRI撮影を行うことになりました。
 そこで、ご存じの方にお聞きしたいのですが、
(1)本当にレントゲン写真だけでは椎間板ヘルニアかどうかは分からないのでしょうか?
(2)MRI撮影を行うのは、単に椎間板ヘルニアかどうかの診断だけでなく、内臓疾患の診断も兼ねているのでしょうか?
(3)前立腺癌等の癌が進行すると癌が腰骨に転移して腰痛になるという話を聞いたことがあるのですが、腰骨の癌はレントゲン写真だけで確認できるのでしょうか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1

椎間板ヘルニアでMRI撮影経験者ですが。。。(^^;ゞポリポリ (1)本当にレントゲン写真だけでは椎間板ヘルニアかどうかは分からないのでしょうか? レントゲンでは素人目には判りませんでした。 (確か『軟骨はレントゲンには映らない』と先生が仰ってました。) MRIで撮影すると僕がみてもハッキリとヘルニアであることが判ります。 背骨の断面が半分ほど圧迫されているのを見るとゾッとします。。(´ヘ ...続きを読む
椎間板ヘルニアでMRI撮影経験者ですが。。。(^^;ゞポリポリ

(1)本当にレントゲン写真だけでは椎間板ヘルニアかどうかは分からないのでしょうか?
レントゲンでは素人目には判りませんでした。
(確か『軟骨はレントゲンには映らない』と先生が仰ってました。)
MRIで撮影すると僕がみてもハッキリとヘルニアであることが判ります。
背骨の断面が半分ほど圧迫されているのを見るとゾッとします。。(´ヘ`;)ハァ

(2)MRI撮影を行うのは、単に椎間板ヘルニアかどうかの診断だけでなく、内臓疾患の診断も兼ねているのでしょうか?
これは違うと思います。MRIは全身撮るわけではないので、腰の周辺しか診ないと思います。
内臓疾患の場合には診てもらう科も違いますしね。(ヘルニアは整形外科ですね。)

(3)前立腺癌等の癌が進行すると癌が腰骨に転移して腰痛になるという話を聞いたことがあるのですが、腰骨の癌はレントゲン写真だけで確認できるのでしょうか?
スイマセン。これは判りません。m(__)m
担当の医師と相談した方が良いと思います。

ご参考までにどうぞ・・お大事に。。m(__)m
  • 回答No.2

1)もし医学部の整形外科のテスト問題であれば、『レントゲン写真だけでは椎間板ヘルニアかどうかは分からない…○』だと思いますが、実際は軟骨の石灰化陰影など熟練した整形外科医がみて経験からわかる場合もありますのでなんともいえません。ただ少なくとも脊髄の圧迫の程度などまで詳しく検討しようとすれば現在の常識ではMRIは不可欠ですから、後から行かれた病院の先生の言われることもわかります。俗に『後医は名医』という言葉 ...続きを読む
1)もし医学部の整形外科のテスト問題であれば、『レントゲン写真だけでは椎間板ヘルニアかどうかは分からない…○』だと思いますが、実際は軟骨の石灰化陰影など熟練した整形外科医がみて経験からわかる場合もありますのでなんともいえません。ただ少なくとも脊髄の圧迫の程度などまで詳しく検討しようとすれば現在の常識ではMRIは不可欠ですから、後から行かれた病院の先生の言われることもわかります。俗に『後医は名医』という言葉がありますから、なんでも後の先生の言うことが正しいといって前医の否定をすることは感心できません。

2)よほど大きな腎臓の腫瘍などあれば偶然見つかることもないとは言いませんが、基本は撮影場所が異なりますので内臓疾患は関係ありません。仮に内臓に病気があったとしたら、そのためには同じMRIでも再度検査が必要になります。

3)これも1)に近いですね。前立腺癌に関しては専門家として回答しますが、レントゲン単純写真でも前立腺癌の転移を推測できる場合は多くあります。MRIでも同様です。医療者のアプローチの仕方は『この検査でこの結果』というような短絡的なものではなく、あくまでもどの検査も『必要な情報を手に入れるための手法の一つ』ですから、患者さんや状況ごとに必要にして十分な検査の数や種類というものはいつも一定ではないのです。
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 37% (62/165)

shu_sさんが回答されている通りです。  椎間板ヘルニアと一言で言っても、その種類や程度は様々です。X線写真だけである程度わかる場合もありますが、詳細なことを知るにはMRIなどの検査が必要です。治療を行うにしても、詳細なことが分かっていた方が、より適切な方法をとることが可能です。  最初の医師がMRIのことに触れなかったのは、MRIの予約が混んでいたせいかもしれません。開業医ならそんな高価な機械を置 ...続きを読む
shu_sさんが回答されている通りです。
 椎間板ヘルニアと一言で言っても、その種類や程度は様々です。X線写真だけである程度わかる場合もありますが、詳細なことを知るにはMRIなどの検査が必要です。治療を行うにしても、詳細なことが分かっていた方が、より適切な方法をとることが可能です。
 最初の医師がMRIのことに触れなかったのは、MRIの予約が混んでいたせいかもしれません。開業医ならそんな高価な機械を置いていないことが普通ですし。
 私があなたの立場なら、こちらからMRIを希望します。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ