OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

再帰代名詞について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.191598
  • 閲覧数189
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

なぜmyself,yourself,ourselfは「所有格+self」なのに、ほかは「目的格+self」なんでしょうか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 61% (647/1050)

    myself, ourselves, yoursef は、「所有格+self」ではないのです。音韻変化で、現在の英語の所有格と同じ形になってしまったので、本来、my-self は、me self で、所有格 my は、mi だったのです。また、our-selves は、us selfum で、所有格 our は user だったのです。your-self は you self で、所有格 you ...続きを読む
 
  myself, ourselves, yoursef は、「所有格+self」ではないのです。音韻変化で、現在の英語の所有格と同じ形になってしまったので、本来、my-self は、me self で、所有格 my は、mi だったのです。また、our-selves は、us selfum で、所有格 our は user だったのです。your-self は you self で、所有格 your は eower という形でした。これらの一見「所有格」に見える my, our, your は、古い英語で、「与格」という格だったのです。与格は、いまの「目的補語」に当たり、現在の英語では、与格と対格(いまの目的格)は、目的格と同じ形になって、主格・所有格・目的格の三つしかありませんが、古い英語では、「与格」という格があって、「与格+self」というのが、再帰代名詞の形だったのです。
 
  与格というのは、ドイツ語にもあり、ドイツ語では三格と呼び、ラテン語、古典ギリシア語、ロシア語、サンスクリット語なども、この格を持っています。(与格は英語で、「dative デイティヴ」と言います、辞書を引けば大きい辞書なら出て来ます。……わたしはダーティフと読みますが)。
 


このQ&Aで解決しましたか?
-PR-
-PR-
この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ